【火遊びの結果報告】確定拠出年金で空売りしてみた




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)です。

先週、確定拠出年金のスイッチングシステムを利用したなんちゃって空売りを仕掛けてみました。

「仕掛けてみました」ってヘッジファンドっぽく言ってみたかっただけです。

空売りをした投資信託は日経平均をベンチマークとする商品でした。

【火遊び】確定拠出年金で空売りができるのでやってみたよ【良い子はマネしないこと】

2017.10.16

その結果報告です。

 

あちち! 火傷したw

画像だけじゃ分かりにくいと思うので説明します。

まず10月16日に投資信託を10,000口売却して22,799円になりました。

次に10月20日に同じ投資信託を22,799円で9,908口購入しました。

つまり投資信託の持っている口数が92口減ってしまったのです。

10月20時点の投資信託の基準価額が10,000口あたり23,012円なので、

23,012 × 92 ÷10,000 = 約212円

212円をどぶに捨てたことと同じです(泣)

いえ、どぶに捨てても、どぶに手をつっこめば取り戻せるので、それより酷いです。

なぜ、こんなしわしわおじいちゃんで有名なジョージ・ソロス気取りの売りをしてしまったのでしょうか?

まあ、それは「我思う、ゆえに我あり」というデカルト的な発想で、

「下げると思う、ゆえに売りあり」と閃いてしまったのですよ。

ロマサガ2のようにピコーンって電球が頭の上で光ったのです。

だってぇ、10月16日は日経平均が10連騰した日ですよぉ。それ以上上がるにしても、一旦調整が入ると思うじゃあないですかぁ。

10月23日現在15連騰を決めた模様です。

もう火遊びはこれっきりにせず、もし日経平均がこのまま20連騰するようなら、もう少し大きな火遊びをしてみます。

でも、これは投資というツールをほんのちょっと賭博に使っているだけなので、きっと真っ当な人生を歩んでるみなさんはマネすることのないようにしてくださいね。

That’s all.


コメントを残す