残業命令、それは弱者に鞭を打つ行為




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)です。

先日、勤務先で極東マンボの所属するグループメンバー全員に3月一杯は毎日最低22時まで残業するようにと命令が下りました。
しかも土日のどちらか1日は休日出勤するというオマケつきであります。

残業命令の経緯はこうであります。
4月1日から弊社システムを導入することになった顧客へのシステム操作説明で、顧客が要望していた○○機能がごっそり抜けていることが今更発覚しました。システムの95%は完成している段階でこれは痛いです。
導入が決まった半年以上前に顧客は弊社営業社員に○○機能はつけてくれと要望したそうです。
顧客が言っていることが本当であれば、完全に営業社員の開発社員(システム設計担当)への連絡ミスになります。

顧客ファースト(クソダサいw)を掲げる弊社としては、何が何でも約束通りの機能(本当に顧客が当初から要望したのかは言及しない)と期日を守ってシステムを提供するようトップダウンで決定されました。
何かいい案を考えるときばかりボトムアップを求めるクセに・・・

こういうとき、いつも割を食らうのは弱者である開発部門なのです。
ちなみに弊社では、トップが総務部(クソ威張ってる連中の集まり)、次が営業部(口八丁手八丁の輩多し)、最下層に開発部というカースト制度になっております。
極東マンボはスクールカーストで最下層だったのに会社員カーストでも最下層なのです(泣)

そんなこんなで、そのシステムの担当グループメンバーに対して「残尿してなんとかしろ!」とお鉢が回ってきたのです。
営業部からの回し者である開発部のトップからは「今こそチームワークを見せるべき」ですってw
そのマネジメント力、敬服致します<(_ _)>

さて、天気もいいし、楽しい仕事日和ではないですか。

みなさんは、まだ遊びで消耗しているの?

That’s all.

ツイッターやってます。


2 件のコメント

  • コメントを残す