2019年の受取配当と投資振り返り





2019年は前年末のそこそこインパクトのある株価下落から回復しきる前に始まり後半は米市場の高値更新もあったわけですから、誰がやっても投資成績はプラスだったことでしょう。
かくいう極東マンボもとある銘柄で大損失を出しながらプラスで終れそうです。

スポンサードリンク



2019年の受取配当金

国内外の株からの受取配当金は合計で1,224,189円でした。

米国株からの配当金のみを月別で一覧にしてみました。(国内株は記録していないので省略)

ちなみに単位はUSドルで、全て税引後の額です。

銘柄 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
ABBV $48.46 $75.42 $75.45 $199.33
BTI $562.71 $748.41 $697.92 $740.40 $2,749.44
CTL $16.53 $16.53
GSK $45.24 $44.58 $89.82
JNJ $23.25 $23.25
KMB $25.19 $31.80 $56.99
KMI $115.78 $46.73 $46.75 $209.26
KO $31.67 $31.66 $50.57 $67.01 $180.91
M $55.42 $70.07 $87.04 $212.53
MMM $44.52 $69.40 $90.29
MO $329.75 $469.16 $469.54 $566.22 $1,834.67
PM $54.57 $54.57
RDSB $18.81 $300.25 $300.09 $301.96 $921.11
SLB $10.40 $55.58 $80.34 $146.32
UPS $68.43 $70.46
WYND $83.86 $93.00
SYF $12.08 $12.08
T $220.29 $220.29
STZ $3.21 $16.18 $19.39
ZMLP $28.79 $28.79
その他 $53.00 $0.00 $16.61 $0.00 $0.00 $11.27 $57.42 $0.00 $0.00 $7.90 $0.00 $42.18 $188.38
合計 $437.32 $914.07 $80.74 $591.84 $859.78 $356.04 $761.31 $820.09 $545.03 $836.65 $815.85 $664.90 $7,163.66

グラフにするとこんな感じ。タバコ株(BTI、MO)の配当がない3の倍数月がなんだか寂しい。

銘柄別のグラフで確認するとタバコ株からの配当金の異常さが分かります(笑)

2019年の投資成績や振り返り

12月27日現在の配当込み利益は、国内株PFは+116万円(+10.1%)、米国株PFは+3.3万ドル(+12.2%)でした。ちなみに配当利益は税引後で計算しています。
※最新のPFはこちら

2019年で一番印象に残った取引は2月に行ったクラフトハインツ(KHC)の損切(7,777ドル)です。

ただこの取引そのものは失敗ではなく成功です。決算発表後の最初の取引日の寄りの成行きで35ドルで売れたからです(12月現在のKHCの株価は31ドルくらい)。
本当の失敗はバフェット爺やが大量保有しているという安易な理由で2018年に買い付けてしまったことです。

また2019年は投資をやっていく中で、投資に使っても良いと決めたお金はなるべく使い切る、米国株偏重は止める(代わりに国内株を増やす)と言った具合に少しずつ考えが変わってきました。
前者は現金をある程度残す考えだと真剣に調査せず軽はずみに購入してしまうから、後者は約3年くらい米国個別株をやってみて国内株と比較して自分には難易度が高いと感じたからです。特にやばい銘柄を掴んでしまったときの逃げ足は確実に国内株の方が速いです(笑)

まあ取りあえず個別株を始めた2015年(その当時は国内のみ)当時と2019年現在の考えで資産運用させた場合、長期的に確実に後者が勝つという確信は持てるので、現在の職場環境や早期リタイアについても考慮に入れた形で2020年以降の投資方針を固めようと思ってます。

2020年以降の投資方針を以下記事にまとめました。

2020年以降の投資方針や目標PF

2019.12.27
▼ツイッターやってます▼





2 件のコメント

  • フルインベストで20銘柄以上に分散してたら指数と同等のパフォーマンスになりそうなものですが、負けてしまってちょっと残念でしたね。
    節約生活をされているようなので、その堅実さが投資にも表れていてギャンブルはせず配当ねらいで守備力はとてもありそうですし、そもそも指数に勝つことなどねらってないのかもしれませんね。分散・配当という堅実確実な負け難い投資法で今後も着実にコツコツと資産を積み上げていかれる感じがします。

    • コメントありがとうございます。
      1~2月のタバコ株とクラフトハインツの暴落が指数に大きく劣る原因でした。
      米株個別株で指数に勝つことの難しさを痛感したので、今後は大きく負けなけないことと増配目当てでVIGを増やしていく方針にしました。

  • コメントを残す