【40代独身1人暮らしの家計簿】2019年4月は給料変わらないけど精神的負荷が減ってコスパ上がった





2019年4月の家計簿です。
前月はこちら。

【40代独身1人暮らしの家計簿】2019年3月は手取り給料が多くて助かるー

2019.03.29

勤務先の組織変更により4月から別のグループに異動したのですが、異動前の不安はなんだったのか、精神的に楽な毎日を過ごせています。
労働時間と給料はほとんど変わりませんが、精神消耗度が小さくなった分だけ幸福度という点では大きく上がった気がします。

精神消耗度の単位(疲弊)当たりの単価が上がったことになります。

旧グループにいた頃は
給料26万円÷100疲弊=1疲弊当たり2,600

それが新グループになってからは
給料26万円÷5疲弊=1疲弊当たり52,000

精神消耗度と稼げるお金の関係で言ったらめちゃくちゃコスパが上がってますね。

ちなみに1疲弊とは1日寿命が縮むくらい精神的ダメージを受けることと民明書房の出版物に書いてあります。

以前は1日寿命を縮めて2,600円しか稼げないという、ひとり精神的ワーキングプア状態だったのですね!

スポンサードリンク



2019年4月の予算

2019年は毎月赤字予算ですが、全ての項目で予算を超えないよう節約して赤字を補填したいと考えてます。
それでも足りなかったら裏金から工面します。

ブログで公開する資産と非公開の資産(裏金)について

2018.10.23

あとは中途半端に1、2時間の残業を毎日するくらいなら、定時で上がる日と1日で数日分の残業をする日に分けた方が深夜割増手当が入るだけ収入が増えるので、そういった形で働き方の工夫もしたいです。

予算
給与
予算支出
¥260,000

家賃 ¥54,540
水道・電気 ¥6,000
通信費 ¥9,000
DMM月額レンタル ¥1,680
保険 ¥13,500
スポーツジム月会費 ¥10,300
ガソリン ¥9,000
住信SBIネット銀行振替(ドル転用) ¥70,000
アパート・サーバー更新費積立 ¥5,000
車検・車関係費積立 ¥20,000
旅行費積立 ¥10,000
マネックス証券入金 ¥30,000
購読雑誌 ¥1,000


食費 ¥9,000
雑費 ¥1,000
お小遣い ¥10,000
外食・交際費 ¥4,500
衣類 ¥0
医療費 ¥0
次月繰越 ¥-4,520

各項目の解説

  • 給与・・・・・・・給与の手取り額
  • 水道・電気・・・・オール電化でないのにガスは契約していない
  • 通信費・・・・・・携帯電話、WiMAX、プロバイダ、ヤフープレミアム
  • DMM月額・・・・DMM.comでDVDを1ヶ月8枚レンタルできるサービス料(映画やアニメやアレ)
  • 食費・・・・・・・社員食堂での食事代は給与天引なので含まない
  • お小遣い・・・・・基本は浪費。たまにふるさと納税もここに計上
  • 衣類・医療費・・・0円にする意識を持たせるため、あえて予算の項目に挙げている
  • 次月繰越・・・・・余り。毎月プラスになるように他の項目で調整する

2019年4月の決算

決算
給与
決算支出
¥283,499

家賃 ¥54,540
水道・電気 ¥5,926
通信費 ¥8,539
DMM月額レンタル ¥1,680
保険 ¥13,500
スポーツジム月会費 ¥10,300
ガソリン ¥7,540
住信SBIネット銀行振替(ドル転用) ¥70,000
アパート・サーバー更新費積立 ¥5,000
車検・車関係費積立 ¥20,000
旅行費積立 ¥10,000
マネックス証券入金 ¥30,000
購読雑誌 ¥1,000


食費 ¥8,190
雑費 ¥840
お小遣い ¥5,362
外食・交際費 ¥5,348
衣類 ¥0
医療費 ¥0
次月繰越 ¥24,305

※予算をオーバーしている項目は金額を赤色にしています。

貯蓄率

貯蓄額 124,305円
支出額 157,765円

貯蓄額は「住信SBIネット銀行振替(ドル転用)」と「マネックス証券入金」、「次月繰越」の合計です。
支出額は給与から貯蓄額を引いた数字です。

4月も目標の貯蓄率40%以上を達成できたので、2019年は今のところ負けなしです。

貯蓄率44%は3月と全く同じでした。
年俸制(深夜残業やった分だけ上乗せされる)で友人もいないと突発的にお金が発生するイベントもないのでこんなもんでしょうね。
恐らく自分は家計簿をつけなくても大丈夫(意味がない)な部類に属するのですが、そういう人ほど家計簿をつけたがるというのは、他の分野をみても世の常なのでしょう。

主な費用について一言

4月は予算オーバーした費用が1つ(外食・交際費)だけでした。

外食・交際費

吉野家の定期券(期間中何度でも80円引きになるカード)を調子乗って使ってしまいました。
次月はGWの連休真っただ中なのでさらに使用頻度が高くなることでしょう。

お小遣い

スマホゲーム(風来のシレン)の課金やら映画を観てきました。

最近、映画鑑賞という人様に堂々と言える趣味ができたようです。
自分が適用される割引デーを狙って有給休暇を取り、映画館に行ってその時上映してる中から(観たいのがなくても)観るというスタイルを取っています。優先順位は邦画>洋画>アニメです。
つまらなくても割引デーだからそれほどダメージはないし、普段だったら絶対自分が観ないジャンルの作品を観ることもできて排他的な自分の性格を改めることに寄与できそうだし、なかなかの戦略だと思っています。

ちなみに観てきた映画タイトルは「君は月夜に光り輝く」でした。死をテーマにしてますが大部分は若者の甘酸っぱい恋愛物語となっており決して40代のおじさんが一人に観にいくものではありませんw
観ることとなった動機は、普段聞いているクソゲスなラジオの1コーナーで標的にされている永野芽郁さんが主演とのことで、気になったからです。

映画評なんて書けませんが来月も映画の感想を書くと思います。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す