【2017年の成績公開】来年からもっと計画的に嗜む




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)@アンチクライストスーパースターというアルバム好きおじさんです。

クリスマス・イヴはみなさんいかがお過ごしだったのでしょうか。

ご家族、パートナーとお食事、というのが一般的でしょうか。

ぼっちにとってはクリスマスのような充実した人間の充実度をさらに加速させるようなイベントには無縁であるし、目障り、耳障りですらありますw

ちにみに極東マンボはクリスマス・イブをどう過ごしたかというと、レベル50以上のぼっちが使えるといわれるスキル「ふて寝」を使うことで、このHPを削られるイベントを華麗にスルーしました。

ふて寝をしたのにはもう一つ理由があって、同日に行われた競馬「有馬記念」に見事に外れたからです(泣)

第62回有馬記念をマジで予想してみる

2017.12.24

まあ外れた腹いせというより、前日深夜まで予想し、また当日も早朝に起き予想しているので、競馬が終わる夕方は眠気と疲労に耐えられなくなるのです。

昨日に続き競馬の投稿になってしまいますが、有馬記念が終わったということで2017年の成績も出せるので、一応お金に関することでもありますのでご容赦ください。

スポンサードリンク



2017年の月別成績

購入額 払戻額 収支 回収率
1月 34,200 0 -34,200 0%
2月 30,900 13,600 -17,300 44%
3月 43,900 151,230 107,330 344%
4月 50,600 3,860 -46,740 8%
5月 43,100 18,400 -24,700 43%
6月 30,200 0 -30,200 0%
7月 26,700 0 -26,700 0%
8月 26,400 71,410 45,010 270%
9月 26,500 0 -26,500 0%
10月 56,400 0 -56,400 0%
11月 41,000 4,520 -36,480 11%
12月 58,200 19,900 -38,300 34%
合計 468,100 282,920 -185,180 60%

いやー酷いもんです(^^;)

毎月1万5千円以上をドブに捨てているようなもんです。

近年稀に見る悪い成績です。

これでも2014~2016年に限れば年間収支でプラスだったんですよ。

3年連続プラス収支にどこか慢心があったことが成績不振の一因でしょう。

競馬資金はあくまで競馬で儲けたお金から

競馬に使うお金は毎月の給料やボーナスからは捻出していません。

給料やボーナスから生活に必要なお金を差し引いた余裕資金のほとんどは投資に回すので、そんな余裕はありません。

ではどこからかというと、過去に競馬で儲けたお金です。

前述の通り、2014年からの3年間はプラス収支だったので、そこから資金を捻出しています。

またその儲けたお金(競馬資金)は、当然ながら資産にカウントしていません。

娯楽という皮をかぶった浪費です。減ることを前提にしなければいけないので毎週末の資産状況記事へは反映していません。

【資産状況】2017年12月22日

2017.12.23

資金があるうちから資金がなくった時のことを考えておく

仮に2018年今年と同じように馬券を買い、全敗だったとしても資金はショートしないです。

しかしかなりのダメージを受けることは間違いないので、買い方の見直しをする必要があります。

資金がなくなったからと言って、簡単に競馬を辞められないことは認識しています。きっとまた給料から資金を捻出してしまうことでしょう。

しかし給料から捻出するにしても、現実的な金額(月最大1万円まで等)に抑えることなら、今から訓練することで可能かもしれません。

2018年からはその訓練として、競馬に使うお金を減らしていきたいと思います。

具体的にすること

絶対に守るべきことは、毎月使うお金を2017年の同月より少なくすることです。

これは記録していたからできることです。やはり記録は改善に使えますね。

使うお金を少なくするためには具体的に以下のことを行います

  1. 3歳以下かつG3以下のレースを購入対象レースから外す
  2. 予想を開始して30分以内に本命が決まらない場合は馬券を無理に買わない
  3. 本命から流す相手は最大7頭までとする

①は簡単にできそうです。この条件を満たすレースの出走メンバーはほぼ極東マンボの知らない馬たちばかりです。いわば予想するというよりくじ引きに近い感覚だったので、以前から辞めたいと思っていました。(惰性で参加していた)

②は努力目標になり、実現することが難しいです。過去馬券が当たったレースというのは、本命がすんなり決まった場合がほとんどです。即ち本命に迷うようなレースは極力手を出すべきでないです。手を出すにしても大幅に買う点数を減らすことができれば無駄馬券を少なくすることができるでしょう。

③は心を鬼にして機械的に実行するしかないですね。これも過去馬券的中したレースを振り返ると、本命から沢山流したから的中したという記憶がありません。レース展開を読み本命を決めているので、本命馬が一緒に連れてきそうな相手というものは大体絞れるものです。無駄馬券はやはり慎むべきです。ちなみに有馬記念は本命馬から12頭に流しましたw

まとめ

2018年は2017年より少ない資金で競馬を楽しむ!

That’s all.

ツイッターやってます。


コメントを残す