【CBC賞】過去10年のデータ・傾向を分析





CBC賞は夏の短距離ハンデ重賞です。
ハンデ戦とはいえ近年はの大波乱の決着が多いです。
2018年は4番人気のアレスバローズが中団から差し切りレースレコードで重賞初制覇を飾りました。

レース名 CBC賞
G3
日程 2019年6月30日(日)
開催 3回中京2日
コース 芝・左
距離 1200m
条件 3歳以上
斤量 ハンデ
レコード(馬名) 1.07.0(アレスバローズ)

レースに関する基本情報はJRA公式サイトをご参考にしてください。

スポンサードリンク



CBC賞の過去10年データ

基本データ

               
頭数 馬名 騎手 タイム
馬場     着差
2009 6 12 プレミアムボックス 牡6 55 12 鮫島良 1.08.0
17 8 17 エイシンタイガー 牡3 52 5 池添謙 クビ
4 8 スピニングノアール 牡8 55 3 福永祐 1/2
2010 3 6 ヘッドライナー セ6 56 4 幸英明 1.08.9
18 7 15 ダッシャーゴーゴー 牡3 52 7 古川吉 3/4
稍重 4 8 ワンカラット 牝4 54 3 藤岡佑 クビ
2011 6 11 ダッシャーゴーゴー 牡4 58.5 1 川田将 1.08.1
16 2 3 ヘッドライナー セ7 57.5 4 幸英明 3/4
1 1 タマモナイスプレイ 牡6 56 13 渡辺薫 クビ
2012 8 16 マジンプロスパー 牡5 57.5 2 浜中俊 1.08.7
17 8 15 スプリングサンダー 牝5 54 7 四位洋 3/4
6 12 ダッシャーゴーゴー 牡5 59 1 横山典 3/4
2013 8 14 マジンプロスパー 牡6 58 1 福永祐 1.08.0
14 7 12 ハクサンムーン 牡4 57.5 2 酒井学 クビ
3 4 サドンストーム 牡4 56 3 川田将 2 1/2
2014 6 11 トーホウアマポーラ 牝5 53 4 福永祐 1.08.6
16 4 8 エピセアローム 牝5 55 3 浜中俊 1/2
8 16 ニンジャ 牡5 54 10 酒井学 1 1/4
2015 3 6 ウリウリ 牝5 55.5 2 岩田康 1.09.1
17 4 7 ダンスディレクター 牡5 55 1 浜中俊 1/2
7 13 サドンストーム 牡6 57 3 国分優 クビ
2016 7 11 レッドファルクス 牡5 56 3 Mデムーロ 1.07.2
13 5 7 ラヴァーズポイント 牝6 50 7 松若風 クビ
4 5 ベルカント 牝5 55.5 2 藤岡康 クビ
2017 4 7 シャイニングレイ 牡5 56 2 北村友 1.08.0
18 7 14 セカンドテーブル 牡5 56 13 水口優 ハナ
2 4 アクティブミノル 牡5 56 8 酒井学 1 3/4
2018 4 8 アレスバローズ 牡6 54 4 川田将 1.07.0
18 5 10 ナガラフラワー 牝6 52 9 高倉稜 1 1/4
5 9 セカンドテーブル 牡6 56 8 水口優 1/2

位置取りと決め手

                       
頭数 馬名 タイム  
馬場   着差 2 3 4
2009 6 12 プレミアムボックス 1.08.0     14 14      
17 8 17 エイシンタイガー クビ     3 3      
4 8 スピニングノアール 1/2     11 11      
2010 3 6 ヘッドライナー 1.08.9     1 1      
18 7 15 ダッシャーゴーゴー 3/4     10 9      
稍重 4 8 ワンカラット クビ     9 7      
2011 6 11 ダッシャーゴーゴー 1.08.1     11 7      
16 2 3 ヘッドライナー 3/4     1 1      
1 1 タマモナイスプレイ クビ     2 2      
2012 8 16 マジンプロスパー 1.08.7     2 2      
17 8 15 スプリングサンダー 3/4     15 15      
6 12 ダッシャーゴーゴー 3/4     8 9      
2013 8 14 マジンプロスパー 1.08.0     3 3      
14 7 12 ハクサンムーン クビ     1 1      
3 4 サドンストーム 2 1/2     10 11      
2014 6 11 トーホウアマポーラ 1.08.6     7 7      
16 4 8 エピセアローム 1/2     2 2      
8 16 ニンジャ 1 1/4     7 7      
2015 3 6 ウリウリ 1.09.1     14 12      
17 4 7 ダンスディレクター 1/2     10 9      
7 13 サドンストーム クビ     13 12      
2016 7 11 レッドファルクス 1.07.2     9 9      
13 5 7 ラヴァーズポイント クビ     2 2      
4 5 ベルカント クビ     1 1      
2017 4 7 シャイニングレイ 1.08.0     16 15      
18 7 14 セカンドテーブル ハナ     2 2      
2 4 アクティブミノル 1 3/4     1 1      
2018 4 8 アレスバローズ 1.07.0     10 8      
18 5 10 ナガラフラワー 1 1/4     11 10      
5 9 セカンドテーブル 1/2     2 2      

前走、前々走の成績

         
頭数 馬名 前走成績   前々走成績  
馬場      
2009 プレミアムボックス 谷川岳S(OP) 5 春雷S(OP) 5
17 エイシンタイガー 葵S(OP) 1 橘S(OP) 2
スピニングノアール テレビ愛知OP(OP) 3 谷川岳S(OP) 8
2010 ヘッドライナー テレビ愛知OP(OP) 2 高松宮記念 7
18 ダッシャーゴーゴー マーガレットS(OP) 8 ファルコンS 4
稍重 ワンカラット ヴィクトリアマイル 7 阪神牝馬S 9
2011 ダッシャーゴーゴー 高松宮記念 11 オーシャンS 1
16 ヘッドライナー テレビ愛知OP(OP) 1 高松宮記念 12
タマモナイスプレイ ポートアイランドS(OP) 3 セントウルS 5
2012 マジンプロスパー 高松宮記念 5 阪急杯 1
17 スプリングサンダー ヴィクトリアマイル 13 阪神牝馬S 5
ダッシャーゴーゴー 高松宮記念 4 オーシャンS 9
2013 マジンプロスパー マイラーズC 6 高松宮記念 6
14 ハクサンムーン 高松宮記念 3 オーシャンS 9
サドンストーム 水無月S(16) 1 オーシャンS 15
2014 トーホウアマポーラ 阪神牝馬S 10 うずしおS(16) 1
16 エピセアローム 阪神牝馬S 4 阪急杯 5
ニンジャ 安土城S(OP) 3 鞍馬S(OP) 5
2015 ウリウリ 安土城S(OP) 1 阪神牝馬S 3
17 ダンスディレクター 京王杯SC 12 斑鳩S(16) 1
サドンストーム 高松宮記念 4 阪急杯 4
2016 レッドファルクス 欅S(OP) 1 コーラルS(OP) 4
13 ラヴァーズポイント 水無月S(16) 6 朱雀S(16) 3
ベルカント アルクオーツスプリント(UAE) 12 京阪杯 4
2017 シャイニングレイ 安土城S(OP) 1 福島民報杯 14
18 セカンドテーブル 安土城S(OP) 10 鞍馬S(OP) 11
アクティブミノル 鞍馬S(OP) 9 春雷S(OP) 13
2018 アレスバローズ 鞍馬S(OP) 5 春雷S(OP) 4
18 ナガラフラワー 彦根S(16) 1 淀屋橋S(16) 3
セカンドテーブル 鞍馬S(OP) 4 春雷S(OP) 2

血統と厩舎

ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 ロベルト系 トニービン系
       
頭数 馬名 厩舎 血統 血統
馬場     母父
2009 プレミアムボックス 上原博 アドマイヤベガ ターゴワイス
17 エイシンタイガー 西園正 コロナドズクエスト サンデーサイレンス
スピニングノアール 長浜博 スピニングワールド Forty Niner
2010 ヘッドライナー 西園正 サクラバクシンオー Nureyev
18 ダッシャーゴーゴー 安田隆 サクラバクシンオー Miswaki
稍重 ワンカラット 藤岡健 ファルブラヴ Pistolet Bleu
2011 ダッシャーゴーゴー 安田隆 サクラバクシンオー Miswaki
16 ヘッドライナー 西園正 サクラバクシンオー Nureyev
タマモナイスプレイ 南井克 フジキセキ ノーザンテースト
2012 マジンプロスパー 中尾秀 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー
17 スプリングサンダー 昆貢 クロフネ キングマンボ
ダッシャーゴーゴー 安田隆 サクラバクシンオー Miswaki
2013 マジンプロスパー 中尾秀 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー
14 ハクサンムーン 西園正 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
サドンストーム 西浦勝 ストーミングホーム Green Desert
2014 トーホウアマポーラ 高橋亮 フジキセキ Unbridled s Song
16 エピセアローム 石坂正 ダイワメジャー Cozzene
ニンジャ 宮徹 グラスワンダー アドマイヤベガ
2015 ウリウリ 藤原英 ディープインパクト フレンチデピュティ
17 ダンスディレクター 笹田和 アルデバラン2 サンデーサイレンス
サドンストーム 西浦勝 ストーミングホーム Green Desert
2016 レッドファルクス 尾関知 スウェプトーヴァーボード サンデーサイレンス
13 ラヴァーズポイント 高橋康 マイネルラヴ タマモクロス
ベルカント 角田晃 サクラバクシンオー ボストンハーバー
2017 シャイニングレイ 高野友 ディープインパクト クロフネ
18 セカンドテーブル 崎山博 トワイニング サンデーサイレンス
アクティブミノル 北出成 スタチューオブリバティ アグネスタキオン
2018 アレスバローズ 角田晃 ディープインパクト トニービン
18 ナガラフラワー 高橋亮 ダンスインザダーク ロックオブジブラルタル
セカンドテーブル 崎山博 トワイニング サンデーサイレンス

CBC賞の過去10年の傾向まとめ

過去10年の1番人気馬の成績や枠番別の成績をまとめました。
最後に少しだけ主観を入れて傾向やポイントを列挙します。

1番人気の成績

馬名


前走
2009 アーバンストリート 56 牡5 5 テレビ愛知OP(OP) 7
2010 シンボリグラン 56 牡8 6 オーストラリアT(OP) 2
2011 ダッシャーゴーゴー 58.5 牡4 1 高松宮記念 11
2012 ダッシャーゴーゴー 59 牡5 3 高松宮記念 4
2013 マジンプロスパー 58 牡6 1 マイラーズC 6
2014 ベルカント 52 牝3 5 桜花賞 10
2015 ダンスディレクター 55 牡5 2 京王杯SC 12
2016 エイシンブルズアイ 57 牡5 9 高松宮記念 5
2017 メラグラーナ 55 牝5 10 高松宮記念 10
2018 ダイメイフジ 56 牡4 11 安土城S(OP) 1

1番人気の成績まとめ
  • 1番人気の着順は【2-1-1-6】
  • 勝率:20%
  • 連対率:30%
  • 複勝率:40%

枠番別の成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 0 0 1 17 0.0% 0.0% 5.6%
2 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%
3 2 0 1 16 10.5% 10.5% 15.8%
4 2 2 3 13 10.0% 20.0% 35.0%
5 0 2 1 17 0.0% 10.0% 15.0%
6 3 0 1 16 15.0% 15.0% 20.0%
7 1 3 1 18 4.3% 17.4% 21.7%
8 2 2 1 21 7.7% 15.4% 19.2%
枠番別の成績まとめ
  • 内枠(1~4枠)の勝率5.3%、連対率9.3%、複勝率17.3%
  • 外枠(5~8枠)の勝率6.7%、連対率14.6%、複勝率19.1%
  • やや外枠が強く、1~2枠が特に弱い。

傾向やポイントまとめ

総合的に傾向やポイントを列挙してみます。

傾向やポイント
  • 前走が牡馬混合G2以上戦だった1番人気は【2-1-1-2】。
  • 重量58キロ以上の1番人気は【2-0-1-0】。
  • 10番人気以下で3着以内に入った4頭のうち3頭は12番より外枠だった。
  • 新コース変更後7年の連対馬14頭のうち10頭が芝1400mで勝利経験があった。
  • 前走が重賞組から連対した8頭の前走着順は3着以下。
  • 前走G3組は【0-0-0-9】。
  • 逃げ馬は【1-2-2-5】。
  • 4番人気以内のディープインパクト産駒は【3-0-0-1】。
  • 重量52キロ以下は【0-4-0-26】で連対馬4頭は全て5番人気以下。

過去の競馬収支

競馬歴も四半世紀を超えましたが、ここ数年は年間収支がプラスになることが多くなってきました。
過去10年のデータを分析して傾向をつかみ、人気(オッズ)と(自分の考える)馬の実力を照らし合わせて、常に美味しいところを狙っていってることが結果に繋がってきているのかと思います。

的中率こそ10%程度ですが、素人が長いスパンで競馬で勝つには連敗にめげないメンタルを持って穴狙いするしかないと確信しています。

そのような馬券の買い方を徹底して記録も取り始めた2014年以降は、2017年以外は年間収支でプラスになっています。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す