【阪急杯】過去10年のデータ・傾向を分析





阪急杯はスプリントG1高松宮記念の前哨戦です。
当レースを使った馬が本番で好成績(過去10年で7頭が連対)で注目の一戦です。
2018年は7番人気ダイアナヘイローが単騎逃げから押し切って重賞2勝目を飾りました。

レース名 阪急杯
G3
日程 2019年2月24日(日)
開催 1回阪神2日
コース 芝・右・内回り
距離 1400m
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
レコード(馬名) 1.19.9(ミッキーアイル

レースに関する基本情報はJRA公式サイトをご参考にしてください。

同日に中山競馬場ではG2中山記念が行われます。
2019年はG1馬5頭が出走して楽しみな一戦です。

【中山記念】過去10年のデータ・傾向を分析

2019.02.20
スポンサードリンク



阪急杯の過去10年データ

基本データ

サンカルロが過去4回も馬券に絡んでいるようにリピーターが多いですが、2016年のミッキーアイルを最後にリピーターは途絶えています。
2018年出走予定ではダイアナヘイローが唯一リピーターになるチャンスがあります。

               
頭数 馬名 騎手 タイム
馬場     着差
2009 2 4 ビービーガルダン 牡5 56 7 安藤勝 1.21.1
16 7 13 ローレルゲレイロ 牡5 57 3 藤田伸 1 1/4
2 3 ドラゴンファング 牡4 56 2 武豊 3 1/2
2010 1 2 エーシンフォワード 牡5 56 2 岩田康 1.21.4
16 2 4 ワンカラット 牝4 55 5 藤岡佑 1 1/2
3 6 サンカルロ 牡4 58 7 吉田豊 ハナ
2011 8 15 サンカルロ 牡5 57 4 吉田豊 1.20.1
16 1 2 ガルボ 牡4 56 1 岩田康 1 1/4
2 4 フラガラッハ 牡4 56 5 四位洋 3/4
2012 6 11 マジンプロスパー 牡5 56 4 浜中俊 1.22.0
16 1 2 スプリングサンダー 牝5 54 3 四位洋 1 1/2
8 16 サンカルロ 牡6 57 1 吉田豊 1/2
2013 2 3 ロードカナロア 牡5 58 1 岩田康 1.21.0
16 1 2 マジンプロスパー 牡6 56 2 福永祐 3/4
3 6 オリービン 牡4 56 11 川田将 クビ
2014 1 1 コパノリチャード 牡4 57 2 浜中俊 1.20.7
16 3 6 サンカルロ 牡8 56 8 吉田豊 4
4 7 レッドオーヴァル 牝4 54 5 川田将 1/2
2015 7 13 ダイワマッジョーレ 牡6 56 2 M.デムーロ 1.23.8
17 3 5 ミッキーアイル 牡4 58 4 浜中俊 クビ
不良 3 6 ローブティサージュ 牝5 54 9 池添謙 ハナ
2016 7 13 ミッキーアイル 牡5 57 1 松山弘 1.19.9
18 6 11 オメガヴェンデッタ セ5 56 4 武豊 3/4
2 3 ブラヴィッシモ 牡4 56 5 川田将 クビ
2017 2 2 トーキングドラム 牡7 56 7 幸英明 1.21.4
12 4 4 ヒルノデイバロー 牡6 56 4 古川吉 アタマ
8 12 ナガラオリオン 牡8 56 12 国分優 2
2018 7 13 ダイアナヘイロー 牝5 54 7 武豊 1.20.1
18 8 17 モズアスコット 牡4 56 1 ルメール クビ
3 6 レッドファルクス 牡7 58 2 川田将 ハナ

位置取りと決め手

2018年は7番人気のダイアナヘイローが逃げ切りましたが、3番人気以内の逃げ馬に限定すれば連対率100%です(該当馬3頭)。

                       
頭数 馬名 タイム    
馬場   着差 2 3 4
2009 2 4 ビービーガルダン 1.21.1     2 2      
16 7 13 ローレルゲレイロ 1 1/4     1 1      
2 3 ドラゴンファング 3 1/2     3 3      
2010 1 2 エーシンフォワード 1.21.4     5 5      
16 2 4 ワンカラット 1 1/2     6 5      
3 6 サンカルロ ハナ     9 9      
2011 8 15 サンカルロ 1.20.1     8 7      
16 1 2 ガルボ 1 1/4     6 4      
2 4 フラガラッハ 3/4     14 11      
2012 6 11 マジンプロスパー 1.22.0     3 2      
16 1 2 スプリングサンダー 1 1/2     10 10      
8 16 サンカルロ 1/2     10 11      
2013 2 3 ロードカナロア 1.21.0     5 5      
16 1 2 マジンプロスパー 3/4     7 7      
3 6 オリービン クビ     3 3      
2014 1 1 コパノリチャード 1.20.7     1 1      
16 3 6 サンカルロ 4     12 12      
4 7 レッドオーヴァル 1/2     6 5      
2015 7 13 ダイワマッジョーレ 1.23.8     10 11      
17 3 5 ミッキーアイル クビ     2 4      
不良 3 6 ローブティサージュ ハナ     4 9      
2016 7 13 ミッキーアイル 1.19.9     1 1      
18 6 11 オメガヴェンデッタ 3/4     6 5      
2 3 ブラヴィッシモ クビ     3 3      
2017 2 2 トーキングドラム 1.21.4     7 8      
12 4 4 ヒルノデイバロー アタマ     7 7      
8 12 ナガラオリオン 2     11 11      
2018 7 13 ダイアナヘイロー 1.20.1     1 1      
18 8 17 モズアスコット クビ     11 11      
3 6 レッドファルクス ハナ     15 15      

前走、前々走の成績

G1レースの前哨戦だけあって、前走条件戦組は連対なし、OP特別組は1連対のみです。

         
頭数 馬名 前走成績 前々走成績
馬場      
2009 ビービーガルダン 京阪杯 6 スプリンターズS 3
16 ローレルゲレイロ 東京新聞杯 13 香港スプリント(香港) 8
ドラゴンファング 雲雀S(16) 1 タイランドC(10) 1
2010 エーシンフォワード 東京新聞杯 3 ニューイヤーS 2
16 ワンカラット 京都牝馬S 4 阪神C 16
サンカルロ 阪神C 2 マイルCS 12
2011 サンカルロ 阪神C 6 霜月S 11
16 ガルボ 京都金杯 2 阪神C 4
フラガラッハ 東京新聞杯 11 紅葉S(16) 1
2012 マジンプロスパー シルクロードS 8 醍醐S(16) 1
16 スプリングサンダー 京都牝馬S 13 六甲アイランドS(16) 1
サンカルロ 阪神C 1 スワンS 4
2013 ロードカナロア 香港スプリント(香港) 1 スプリンターズS 1
16 マジンプロスパー シルクロードS 4 阪神C 13
オリービン 阪神C 15 京阪杯 7
2014 コパノリチャード 阪神C 10 マイルCS 4
16 サンカルロ 阪神C 4 スワンS 8
レッドオーヴァル マイルCS 8 スワンS 4
2015 ダイワマッジョーレ 阪神C 3 チャレンジC 5
17 ミッキーアイル 阪神C 7 マイルCS 13
不良 ローブティサージュ 京阪杯 14 スプリンターズS 11
2016 ミッキーアイル 香港スプリント(香港) 7 スプリンターズS 4
18 オメガヴェンデッタ 京都金杯 12 スワンS 3
ブラヴィッシモ タンザナイトS 5 奥多摩S(16) 1
2017 トーキングドラム 洛陽S 4 新春S(16) 1
12 ヒルノデイバロー シルクロードS 4 淀短距離S 6
ナガラオリオン 大和S 5 すばるS 6
2018 ダイアナヘイロー シルクロードS 16 スプリンターズS 15
18 モズアスコット 阪神C 4 渡月橋S(16) 1
レッドファルクス マイルCS 8 スプリンターズS 1

血統と厩舎

阪神芝1400mを庭にしていたサンカルロ(父シンボリクリスエスでロベルト系)を除くと、ノーザンダンサー系、サンデーサイレンス系、ミスプロ系で満遍なく占められています。

ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 ロベルト系 トニービン系
       
頭数 馬名 厩舎 血統 血統
馬場     母父
2009 ビービーガルダン 領家政 チーフベアハート Westminster
16 ローレルゲレイロ 昆貢 キングヘイロー テンビー
ドラゴンファング 矢作芳 タイキシャトル ダンスオブライフ
2010 エーシンフォワード 西園正 Forest Wildcat Cure the Blues
16 ワンカラット 藤岡健 Falbrav Pistolet Bleu
サンカルロ 大久洋 シンボリクリスエス Crafty Prospector
2011 サンカルロ 大久洋 シンボリクリスエス Crafty Prospector
16 ガルボ 清水英 マンハッタンカフェ ジェネラス
フラガラッハ 松永幹 デュランダル トニービン
2012 マジンプロスパー 中尾秀 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー
16 スプリングサンダー 昆貢 クロフネ キングマンボ
サンカルロ 大久洋 シンボリクリスエス Crafty Prospector
2013 ロードカナロア 安田隆 キングカメハメハ Storm Cat
16 マジンプロスパー 中尾秀 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー
オリービン 橋口弘 ダイワメジャー Zilzal
2014 コパノリチャード 宮徹 ダイワメジャー トニービン
16 サンカルロ 大久洋 シンボリクリスエス Crafty Prospector
レッドオーヴァル 安田隆 ディープインパクト Smart Strike
2015 ダイワマッジョーレ 矢作芳 ダイワメジャー Law Society
17 ミッキーアイル 音無秀 ディープインパクト Rock of Gibraltar
不良 ローブティサージュ 須貝尚 ウォーエンブレム シングスピール
2016 ミッキーアイル 音無秀 ディープインパクト Rock of Gibraltar
18 オメガヴェンデッタ 安田隆 ゼンノロブロイ ホワイトマズル
ブラヴィッシモ 須貝尚 Fastnet Rock Sadler’s Wells
2017 トーキングドラム 斎藤誠 キングカメハメハ サンデーサイレンス
12 ヒルノデイバロー 昆貢 マンハッタンカフェ Go for Gin
ナガラオリオン 大根田 アドマイヤマックス トワイニング
2018 ダイアナヘイロー 大根田 キングヘイロー グラスワンダー
18 モズアスコット 矢作芳 Frankel Hennessy
レッドファルクス 尾関知 スウェプトーヴァーボード サンデーサイレンス

阪急杯の過去10年の傾向まとめ

過去10年の1番人気馬の成績や枠番別の成績をまとめました。
最後に少しだけ主観を入れて傾向やポイントを列挙します。

1番人気の成績

馬名


前走
2009 ファリダット 56 牡4 7 京都金杯 3
2010 ビービーガルダン 57 牡6 7 JBCスプリント(名古屋) 6
2011 ガルボ 56 牡4 2 京都金杯 2
2012 サンカルロ 57 牡6 3 阪神C 1
2013 ロードカナロア 58 牡5 1 香港スプリント(香港) 1
2014 ダノンシャーク 56 牡6 9 マイルCS 3
2015 コパノリチャード 58 牡5 6 淀短距離S 2
2016 ミッキーアイル 57 牡5 1 香港スプリント(香港) 7
2017 シュウジ 57 牡4 8 阪神C 1
2018 モズアスコット 56 牡4 2 阪神C 4

1番人気の成績まとめ
  • 1番人気の着順は【2-2-1-5】
  • 勝率:20%
  • 連対率:40%
  • 複勝率:50%
  • G1馬に限れば【2-0-0-1】で、さらに前走1着馬に絞れば【2-0-0-0】。

枠番別の成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 2 3 0 14 10.5% 26.3% 26.3%
2 3 1 3 12 15.8% 21.1% 36.8%
3 0 2 4 13 0.0% 10.5% 31.6%
4 0 1 1 17 0.0% 5.3% 10.5%
5 0 0 0 20 0.0% 0.0% 0.0%
6 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
7 3 1 0 18 13.6% 18.2% 18.2%
8 1 1 2 19 4.3% 8.7% 17.4%
枠番別の成績まとめ
  • 内枠有利な傾向。特に1、2枠が抜群に成績が良い。
  • 中枠特に5枠の成績が悪い。

傾向やポイントまとめ

総合的に傾向やポイントを列挙してみます。

傾向やポイント
  • 1番人気はG1勝利実績がないと信頼できない。さらに前走1着であればなお良い。
  • 4番人気以内が必ず連対している。
  • 10番人気以下は2頭が3着に入ったのみ。
  • 逃げ馬は全体で【3-1-0-6】だが3番人気以内に絞ると【2-1-0-0】と連対率100%。
  • 5歳馬の成績が【7-3-1-29】と他世代を圧倒しており、さらに4番人気以内に絞ると【5-3-0-5】と信頼度の高まる。
  • 前走の着順は不問。むしろ前走連対馬の成績が振るわない。(前走連対馬の阪急杯連対は2頭のみ)
  • 連対馬20頭中16頭に芝1400mで勝利経験があった。非該当馬4頭中3頭が芝1200mで5勝以上上げていた。

同日に中山競馬場ではG2中山記念が行われます。
2019年はG1馬5頭が出走して楽しみな一戦です。

【中山記念】過去10年のデータ・傾向を分析

2019.02.20

過去の競馬収支

競馬歴も四半世紀を超えましたが、ここ数年は年間収支がプラスになることが多くなってきました。
過去10年のデータを分析して傾向をつかみ、人気(オッズ)と(自分の考える)馬の実力を照らし合わせて、常に美味しいところを狙っていってることが結果に繋がってきているのかと思います。

的中率こそ10%程度ですが、素人が長いスパンで競馬で勝つには連敗にめげないメンタルを持って穴狙いするしかないと確信しています。

そのような馬券の買い方を徹底して記録も取り始めた2014年以降は、2017年以外は年間収支でプラスになっています。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す