【阪神大賞典】過去10年のデータ・傾向を分析





阪神大賞典は春の古馬長距離大一番の天皇賞(春)のトライアルレースです。
例年スタミナを兼ね備えた実績馬が活躍して堅い傾向です。
2018年は有馬記念8着以来のレインボーラインが後方からマクリ勝ちを決め菊花賞2着馬の意地を見せました。

レース名 阪神大賞典
G2
日程 2019年3月17日(日)
開催 1回阪神8日
コース 芝・右・内回り
距離 3000m
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
レコード(馬名) 3.02.5(ナリタトップロード)

レースに関する基本情報はJRA公式サイトをご参考にしてください。

同日に中山競馬場では皐月賞の前哨戦であるG2スプリングSが行われます。

【スプリングステークス】過去10年のデータ・傾向を分析

2019.03.13
スポンサードリンク



阪神大賞典の過去10年データ

基本データ

               
頭数 馬名 騎手 タイム
馬場     着差
2009 6 7 アサクサキングス 牡5 58 2 四位洋 3.13.2
12 6 8 ヒカルカザブエ 牡4 56 6 秋山真 ハナ
8 11 ナムラクレセント 牡4 56 4 小牧太 1 3/4
2010 8 13 トウカイトリック 牡8 57 5 藤田伸 3.07.3
14 4 6 ジャミール 牡4 56 4 安藤勝 クビ
7 11 メイショウベルーガ 牝5 56 1 池添謙 ハナ
2011 3 3 ナムラクレセント 牡6 57 3 和田竜 3.04.4
13 2 2 コスモメドウ 牡4 56 1 松岡正 3 1/2
6 10 モンテクリスエス 牡6 57 6 川田将 3/4
2012 1 1 ギュスターヴクライ 牡4 55 3 福永祐 3.11.8
12 8 12 オルフェーヴル 牡4 57 1 池添謙 1/2
稍重 5 6 ナムラクレセント 牡7 57 5 和田竜 2 1/2
2013 7 7 ゴールドシップ 牡4 57 1 内田博 3.05.0
9 6 6 デスペラード 牡5 56 3 武豊 2
3 3 フォゲッタブル 牡7 56 5 シュタルケ 1
2014 1 1 ゴールドシップ 牡5 58 1 岩田康 3.06.6
9 8 8 アドマイヤラクティ 牡6 56 5 四位洋 3 1/2
2 2 バンデ 牡4 55 3 松田大 クビ
2015 7 8 ゴールドシップ 牡6 58 1 岩田康 3.05.9
10 2 2 デニムアンドルビー 牝5 54 7 浜中俊 1 1/4
1 1 ラストインパクト 牡5 57 2 菱田裕 3
2016 8 11 シュヴァルグラン 牡4 55 1 福永祐 3.05.8
11 6 6 タンタアレグリア 牡4 55 4 蛯名正 2 1/2
2 2 アドマイヤデウス 牡5 57 3 岩田康 3
2017 8 9 サトノダイヤモンド 牡4 57 1 ルメール 3.02.6
10 3 3 シュヴァルグラン 牡5 57 2 福永祐 1 1/2
4 4 トーセンバジル 牡5 56 5 四位洋 2 1/2
2018 6 7 レインボーライン 牡5 56 3 岩田康 3.03.6
11 6 6 サトノクロニクル 牡4 55 4 川田将 1 1/4
7 8 クリンチャー 牡4 56 1 武豊 1 1/2

位置取りと決め手

                       
頭数 馬名 タイム    
馬場   着差 2 3 4
2009 6 7 アサクサキングス 3.13.2 6 7 6 2      
12 6 8 ヒカルカザブエ ハナ 5 3 2 2      
8 11 ナムラクレセント 1 3/4 10 8 8 7      
2010 8 13 トウカイトリック 3.07.3 9 8 8 8      
14 4 6 ジャミール クビ 10 10 10 10      
7 11 メイショウベルーガ ハナ 7 7 7 5      
2011 3 3 ナムラクレセント 3.04.4 2 2 2 2      
13 2 2 コスモメドウ 3 1/2 3 3 3 3      
6 10 モンテクリスエス 3/4 12 12 13 10      
2012 1 1 ギュスターヴクライ 3.11.8 6 6 5 4      
12 8 12 オルフェーヴル 1/2 1 2 9 6      
稍重 5 6 ナムラクレセント 2 1/2 2 1 1 1      
2013 7 7 ゴールドシップ 3.05.0 7 7 4 3  
9 6 6 デスペラード 2 9 9 7 6      
3 3 フォゲッタブル 1 2 2 2 2      
2014 1 1 ゴールドシップ 3.06.6 2 2 2 2      
9 8 8 アドマイヤラクティ 3 1/2 5 5 5 3      
2 2 バンデ クビ 1 1 1 1      
2015 7 8 ゴールドシップ 3.05.9 6 5 3 2      
10 2 2 デニムアンドルビー 1 1/4 7 7 5 5      
1 1 ラストインパクト 3 9 9 8 7      
2016 8 11 シュヴァルグラン 3.05.8 7 7 7 4      
11 6 6 タンタアレグリア 2 1/2 6 6 5 4      
2 2 アドマイヤデウス 3 3 3 3 4      
2017 8 9 サトノダイヤモンド 3.02.6 7 8 8 4  
10 3 3 シュヴァルグラン 1 1/2 7 7 5 2  
4 4 トーセンバジル 2 1/2 9 9 9 7      
2018 6 7 レインボーライン 3.03.6 8 9 8 4  
11 6 6 サトノクロニクル 1 1/4 7 6 7 4      
7 8 クリンチャー 1 1/2 4 4 3 3      

前走、前々走の成績

         
頭数 馬名 前走成績 前々走成績
馬場      
2009 アサクサキングス 京都記念 1 有馬記念 14
12 ヒカルカザブエ 日経新春杯 7 元町S(16) 1
ナムラクレセント 御堂筋S(16) 2 菊花賞 3
2010 トウカイトリック ダイヤモンドS 5 万勝S(OP) 1
14 ジャミール 迎春S(16) 1 オリオンS(16) 3
メイショウベルーガ 日経新春杯 1 愛知杯 3
2011 ナムラクレセント 日経新春杯 4 中日新聞杯 6
13 コスモメドウ ダイヤモンドS 1 万勝S(OP) 1
モンテクリスエス ダイヤモンドS 5 万勝S(OP) 2
2012 ギュスターヴクライ ダイヤモンドS 2 早春S(16) 1
12 オルフェーヴル 有馬記念 1 菊花賞 1
稍重 ナムラクレセント 日経新春杯 10 ステイヤーズS 5
2013 ゴールドシップ 有馬記念 1 菊花賞 1
9 デスペラード 万葉S(OP) 1 ステイヤーズS 3
フォゲッタブル ダイヤモンドS 7 万勝S(OP) 6
2014 ゴールドシップ 有馬記念 3 ジャパンカップ 15
9 アドマイヤラクティ 有馬記念 11 ジャパンカップ 4
バンデ 御堂筋S(16) 1 菊花賞 3
2015 ゴールドシップ AJC杯 7 有馬記念 3
10 デニムアンドルビー 有馬記念 9 ジャパンカップ 11
ラストインパクト 有馬記念 7 金鯱賞 1
2016 シュヴァルグラン 日経新春杯 2 オリオンS(16) 1
11 タンタアレグリア ダイヤモンドS 4 菊花賞 4
アドマイヤデウス 京都記念 3 有馬記念 7
2017 サトノダイヤモンド 有馬記念 1 菊花賞 1
10 シュヴァルグラン 有馬記念 6 ジャパンカップ 3
トーセンバジル ジャパンカップ 11 オクトーバーS(16) 1
2018 レインボーライン 有馬記念 8 ジャパンカップ 6
11 サトノクロニクル 有馬記念 9 チャレンジC 1
クリンチャー 京都記念 1 菊花賞 2

血統と厩舎

ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 ロベルト系 トニービン系
       
頭数 馬名 厩舎 血統 血統
馬場     母父
2009 アサクサキングス 大久龍 ホワイトマズル サンデーサイレンス
12 ヒカルカザブエ 岡田稲 ジャングルポケット サンデーサイレンス
ナムラクレセント 福島信 ヤマニンセラフィム サクラシヨウリ
2010 トウカイトリック 野中賢 エルコンドルパサー Silver Hawk
14 ジャミール 松元茂 ステイゴールド Sadler’s Wells
メイショウベルーガ 池添兼 フレンチデピュティ Sadler’s Wells
2011 ナムラクレセント 福島信 ヤマニンセラフィム サクラシヨウリ
13 コスモメドウ 畠山重 King’s Best Sadler’s Wells
モンテクリスエス 松田国 シンボリクリスエス Last Tycoon
2012 ギュスターヴクライ 荒川義 ハーツクライ Fabulous Dancer
12 オルフェーヴル 池江寿 ステイゴールド メジロマックイーン
稍重 ナムラクレセント 福島信 ヤマニンセラフィム サクラシヨウリ
2013 ゴールドシップ 須貝尚 ステイゴールド メジロマックイーン
9 デスペラード 安達昭 ネオユニヴァース トニービン
フォゲッタブル 池江寿 ダンスインザダーク トニービン
2014 ゴールドシップ 須貝尚 ステイゴールド メジロマックイーン
9 アドマイヤラクティ 梅田智 ハーツクライ エリシオ
バンデ 矢作芳 Authorized キングマンボ
2015 ゴールドシップ 須貝尚 ステイゴールド メジロマックイーン
10 デニムアンドルビー 角井勝 ディープインパクト キングカメハメハ
ラストインパクト 松田博 ディープインパクト ティンバーカントリー
2016 シュヴァルグラン 友道康 ハーツクライ Machiavellian
11 タンタアレグリア 国枝栄 ゼンノロブロイ Stuka
アドマイヤデウス 橋田満 アドマイヤドン サンデーサイレンス
2017 サトノダイヤモンド 池江寿 ディープインパクト Orpen
10 シュヴァルグラン 友道康 ハーツクライ Machiavellian
トーセンバジル 藤原英 ハービンジャー フジキセキ
2018 レインボーライン 浅見秀 ステイゴールド フレンチデピュティ
11 サトノクロニクル 池江寿 ハーツクライ Intikhab
クリンチャー 宮本博 ディープスカイ ブライアンズタイム

阪神大賞典の過去10年の傾向まとめ

過去10年の1番人気馬の成績や枠番別の成績をまとめました。
最後に少しだけ主観を入れて傾向やポイントを列挙します。

1番人気の成績

馬名


前走
2009 オウケンブルースリ 58 牡4 7 ジャパンカップ 5
2010 メイショウベルーガ 56 牝5 3 日経新春杯 1
2011 コスモメドウ 56 牡4 2 ダイヤモンドS 1
2012 オルフェーヴル 57 牡4 2 有馬記念 1
2013 ゴールドシップ 57 牡4 1 有馬記念 1
2014 ゴールドシップ 58 牡5 1 有馬記念 3
2015 ゴールドシップ 58 牡6 1 AJC杯 7
2016 シュヴァルグラン 55 牡4 1 日経新春杯 2
2017 サトノダイヤモンド 57 牡4 1 有馬記念 1
2018 クリンチャー 56 牡4 3 京都記念 1

1番人気の成績まとめ
  • 1番人気の着順は【5-2-2-1】
  • 勝率:50%
  • 連対率:70%
  • 複勝率:90%
  • 単勝1倍台なら【4-1-1-0】

枠番別の成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
2 0 2 2 6 0.0% 20.0% 40.0%
3 1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%
4 0 1 1 10 0.0% 8.3% 16.7%
5 0 0 1 13 0.0% 0.0% 7.1%
6 2 4 1 9 12.5% 37.5% 43.8%
7 2 0 2 14 11.1% 11.1% 22.2%
8 3 2 1 14 15.0% 25.0% 30.0%
枠番別の成績まとめ
  • 内枠(1~4枠)の勝率7.0%、連対率16.3%、複勝率27.9%
  • 外枠(5~8枠)の勝率10.3%、連対率19.1%、複勝率26.5%
  • 内外はほぼ互角も、6枠より外に好成績がやや偏っている。

傾向やポイントまとめ

総合的に傾向やポイントを列挙してみます。

傾向やポイント
  • 単勝1倍台の1番人気のG1馬は【4-1-0-0】と連対率100%。
  • 1番人気で唯一着外に負けたオウケンブルースリは3ヶ月以上の休み明けだった。また当日重馬場でもあった。
  • 8番人気以下は【0-0-0-41】と全て着外。
  • 逃げ馬は【0-0-2-8】。3コーナーの下りからマクリが効きやすいので逃げ切りは難しい?
  • 前年の有馬記念最先着馬は【5-1-1-3】。1番人気に支持されれば【4-1-0-0】と信頼度が高まる。
  • 3着以内の30頭中関東馬はたったの2頭。関西馬が圧倒。

同日に中山競馬場では皐月賞の前哨戦であるG2スプリングSが行われます。

【スプリングステークス】過去10年のデータ・傾向を分析

2019.03.13

過去の競馬収支

競馬歴も四半世紀を超えましたが、ここ数年は年間収支がプラスになることが多くなってきました。
過去10年のデータを分析して傾向をつかみ、人気(オッズ)と(自分の考える)馬の実力を照らし合わせて、常に美味しいところを狙っていってることが結果に繋がってきているのかと思います。

的中率こそ10%程度ですが、素人が長いスパンで競馬で勝つには連敗にめげないメンタルを持って穴狙いするしかないと確信しています。

そのような馬券の買い方を徹底して記録も取り始めた2014年以降は、2017年以外は年間収支でプラスになっています。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す