【京都金杯】過去10年のデータ・傾向を分析





京都金杯は関西の年明け最初の重賞競走です。
毎年曜日に関係なく1月5日に開催され、正月の運試しレースとして競馬ファンにはおなじみのレースです。
G3のハンデ戦ですが年によってはG1で掲示板に乗れるくらいの馬が参戦するレベルの高いレースになることもあります。

2020年は、カテドラル、ソーグリッタリング、ダイアトニックらが出走予定です。

ちなみに同日に関東でも中山金杯が開催されます。

【中山金杯】過去10年のデータ・傾向を分析

2019.01.03
レース名 京都金杯
G3
日程 2020年1月5日(日)
開催 1回京都1日
コース 芝・右・外
距離 1600m
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
レコード(馬名) 1.32.5(エキストラエンド)
京都芝1600m
出典:blog.livedoor.jp

レースに関する基本情報はJRA公式サイトをご参考にしてください。

スポンサードリンク



京都金杯の過去10年データ

基本データ

頭数 馬名 騎手 タイム
馬場 着差
2010 4 7 ライブコンサート セ6 57 5 岩田康 1.34.1
15 3 5 スマートギア 牡5 57 1 武豊 1/2
4 8 レインダンス 牝6 53 3 藤岡康 アタマ
2011 1 2 シルポート 牡6 57 7 小牧太 1.33.4
16 3 5 ガルボ 牡4 56 3 池添謙 クビ
2 4 ライブコンサート セ7 57.5 2 岩田康 1 1/4
2012 2 4 マイネルラクリマ 牡4 55 3 松岡正 1.32.9
16 4 7 ダノンシャーク 牡4 54 2 安藤勝 1 1/4
8 16 アスカトップレディ 牝5 53 10 酒井学 クビ
2013 1 1 ダノンシャーク 牡5 57 1 ルメール 1.33.5
16 2 3 トライアンフマーチ 牡7 58 6 岩田康 2 1/2
4 8 ヤマニンウィスカー 牡7 53 7 武豊 ハナ
2014 1 2 エキストラエンド 牡5 55 6 ルメール 1.32.5
16 3 6 オースミナイン 牡4 54 1 福永祐 1 1/2
5 10 ガルボ 牡7 58 5 岩田康 3/4
2015 2 4 ウインフルブルーム 牡4 55 5 池添謙 1.32.8
18 1 1 エキストラエンド 牡6 57 4 福永祐 クビ
1 2 マインルメリエンダ 牡4 54 7 丹内祐 1/2
2016 4 7 ウインプリメーラ 牝6 53 3 川田将 1.33.0
17 7 14 テイエムタイホー 牡7 57 13 浜中俊 1/2
3 6 ミッキーラブソング 牡5 54 7 小牧太 1 1/2
2017 3 6 エアスピネル 牡4 57 1 武豊 1.32.8
18 1 1 ブラックスピネル 牡4 55 6 福永祐 ハナ
3 5 フィエロ 牡8 58 5 フォーリー 1/2
2018 6 9 ブラックムーン 牡6 57 4 武豊 1.34.3
13 8 13 クルーガー 牡6 57.5 3 浜中俊 3/4
5 7 レッドアンシェル 牡4 56 1 幸英明 クビ
2019 6 12 パクスアメリカーナ 牡4 55 1 川田将 1.34.9
17 8 15 マイスタイル 牡5 56 5 田中勝 3/4
4 7 ミエノサクシード 牝6 54 11 川島信 クビ

位置取りと決め手

頭数 馬名 タイム
馬場 着差 2 3 4
2010 4 7 ライブコンサート 1.34.1 10 9
15 3 5 スマートギア 1/2 15 12
4 8 レインダンス アタマ 7 6
2011 1 2 シルポート 1.33.4 1 1
16 3 5 ガルボ クビ 2 2
2 4 ライブコンサート 1 1/4 4 3
2012 2 4 マイネルラクリマ 1.32.9 5 6
16 4 7 ダノンシャーク 1 1/4 14 15
8 16 アスカトップレディ クビ 9 9
2013 1 1 ダノンシャーク 1.33.5 6 6
16 2 3 トライアンフマーチ 2 1/2 3 3
4 8 ヤマニンウィスカー ハナ 1 1
2014 1 2 エキストラエンド 1.32.5 13 12
16 3 6 オースミナイン 1 1/2 13 12
5 10 ガルボ 3/4 7 7
2015 2 4 ウインフルブルーム 1.32.8 1 1
18 1 1 エキストラエンド クビ 8 6
1 2 マインルメリエンダ 1/2 3 3
2016 4 7 ウインプリメーラ 1.33.0 3 3
17 7 14 テイエムタイホー 1/2 5 5
3 6 ミッキーラブソング 1 1/2 2 2
2017 3 6 エアスピネル 1.32.8 6 4
18 1 1 ブラックスピネル ハナ 6 8
3 5 フィエロ 1/2 12 11
2018 6 9 ブラックムーン 1.34.3 12 9
13 8 13 クルーガー 3/4 7 7
5 7 レッドアンシェル クビ 5 4
2019 6 12 パクスアメリカーナ 1.34.9 6 5
17 8 15 マイスタイル 3/4 3 3
4 7 ミエノサクシード クビ 10 9

前走、前々走の成績

頭数 馬名 前走成績 前々走成績
馬場
2010 ライブコンサート 鳴尾記念 12 マイルCS 9
15 スマートギア 鳴尾記念 2 AR共和国杯 12
レインダンス 愛知杯 8 エリザベス女王杯 17
2011 シルポート ファイナルS 1 鳴尾記念 4
16 ガルボ 阪神C 4 マイルCS 15
ライブコンサート マイルCS 5 富士S 2
2012 マイネルラクリマ キャピタルS 3 富士S 3
16 ダノンシャーク 逆瀬川S 1 清水S 3
アスカトップレディ 愛知杯 10 ユートピアS 1
2013 ダノンシャーク マイルCS 6 スワンS 4
16 トライアンフマーチ 朝日CC 11 中京記念 3
ヤマニンウィスカー キャピタルS 1 しらかばS 12
2014 エキストラエンド 毎日王冠 9 ジューンS 1
16 オースミナイン ゴールデンホイップT 1 長岡京S 5
ガルボ 阪神C 2 マイルCS 14
2015 ウインフルブルーム チャレンジC 8 カシオペアS 1
18 エキストラエンド マイルCS 5 富士S 5
マインルメリエンダ キャピタルS 5 秋風S 1
2016 ウインプリメーラ リゲルS(OP) 5 カシオペアS 8
17 テイエムタイホー 阪神C 16 タンザナイトS 1
ミッキーラブソング タンザナイトS 2 オパールS 5
2017 エアスピネル 菊花賞 3 神戸新聞杯 5
18 ブラックスピネル チャレンジC 5 富士S 7
フィエロ 阪神C 3 マイルCS 6
2018 ブラックムーン リゲルS(OP) 5 マイルCS 6
13 クルーガー マイルCS 7 富士S 3
レッドアンシェル リゲルS(OP) 1 富士S 4
2019 パクスアメリカーナ リゲルS(OP) 1 NHKマイルC 6
17 マイスタイル 中日新聞杯 8 福島記念 2
ミエノサクシード ターコイズS 9 ポートアイランドS(OP) 1

血統と厩舎

ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 ロベルト系 トニービン系
頭数 馬名 厩舎 血統 血統
馬場 母父
2010 ライブコンサート 白井寿 Singspiel キングマンボ
15 スマートギア 佐山優 マーベラスサンデー パドスール
レインダンス 宮徹 ダンスインザダーク Bob Back
2011 シルポート 西園正 ホワイトマズル サンデーサイレンス
16 ガルボ 清水英 マンハッタンカフェ ジェネラス
ライブコンサート 白井寿 Singspiel キングマンボ
2012 マイネルラクリマ 上原博 チーフベアハート サンデーサイレンス
16 ダノンシャーク 大久龍 ディープインパクト Caerleon
アスカトップレディ 須貝尚 アドマイヤボス Shaadi
2013 ダノンシャーク 大久龍 ディープインパクト Caerleon
16 トライアンフマーチ 角居勝 スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ
ヤマニンウィスカー 千田輝 マンハッタンカフェ Sadler’s Wells
2014 エキストラエンド 角居勝 ディープインパクト Garde Royale
16 オースミナイン 松永昌 ディープインパクト ノーザンテースト
ガルボ 清水英 マンハッタンカフェ ジェネラス
2015 ウインフルブルーム 宮本博 スペシャルウィーク サクラユタカオー
18 エキストラエンド 角居勝 ディープインパクト Garde Royale
マインルメリエンダ 和田正 チーフベアハート スペシャルウィーク
2016 ウインプリメーラ 大久龍 ステイゴールド フォーティナイナー
17 テイエムタイホー 鈴木考 ニューイングランド Lord At War
ミッキーラブソング 橋口弘 キングカメハメハ フジキセキ
2017 エアスピネル 笹田和 キングカメハメハ サンデーサイレンス
18 ブラックスピネル 音無秀 タニノギムレット アグネスデジタル
フィエロ 藤原英 ディープインパクト Danehill
2018 ブラックムーン 西浦勝 アドマイヤムーン ジェネラス
13 クルーガー 高野友 キングカメハメハ Diktat
レッドアンシェル 庄野靖 マンハッタンカフェ Storm Cat
2019 パクスアメリカーナ 中内田 クロフネ サンデーサイレンス
17 マイスタイル 昆貢 ハーツクライ フォーティナイナー
ミエノサクシード 高橋亮 ステイゴールド A.P. Indy

京都金杯の過去10年の傾向まとめ

過去10年の1番人気馬の成績や枠番別の成績をまとめました。
最後に少しだけ主観を入れて傾向やポイントを列挙します。

1番人気の成績

馬名


前走
2010 スマートギア 57 牡5 2 鳴尾記念 2
2011 リーチザクラウン 58 牡5 4 阪神C 4
2012 サダムパテック 57 牡4 5 鳴尾記念 3
2013 ダノンシャーク 57 牡5 1 マイルCS 6
2014 オースミナイン 54 牡4 2 ゴールデンホイップT 1
2015 グランデッツァ 57.5 牡6 5 マイルCS 3
2016 トーセンスターダム 57.5 牡5 10 マイルCS 7
2017 エアスピネル 56.5 牡4 1 菊花賞 3
2018 レッドアンシェル 56 牡4 3 リゲルS(OP) 1
2019 パクスアメリカーナ 55 牡4 1 リゲルS(OP) 1
1番人気の成績まとめ
  • 1番人気の着順は【2・2・1・5】
  • 勝率:20%
  • 連対率:40%
  • 複勝率:50%

枠番別の成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 3 2 1 11 17.6% 29.4% 35.3%
2 2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
3 1 3 2 12 5.6% 22.2% 33.3%
4 2 1 3 14 10.0% 15.0% 30.0%
5 0 0 2 18 0.0% 0.0% 10.0%
6 2 0 0 19 9.5% 9.5% 9.5%
7 0 1 0 21 0.0% 4.5% 4.5%
8 0 2 1 21 0.0% 8.3% 12.5%
枠番別の成績まとめ
  • 内枠(1~4枠)の勝率10.8%、連対率20.3%、複勝率29.7%
  • 外枠(5~8枠)の勝率2.3%、連対率5.7%、複勝率9.2%
  • 内枠が圧倒的に強い。

人気別成績

人気 1着 2着 3着 着外
1番人気 3 2 1 4
2番人気 0 1 1 8
3番人気 2 2 1 5
4番人気 1 1 0 8
5番人気 2 1 2 5
6~10番人気 2 2 4 42
11番人気以下 0 1 1 60

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着
1着 2 2 2
2着 0 1 2
3着 2 0 1
4着 0 1 0
5着 2 2 2
6~10着 3 2 3
11着以下 1 2 0

年齢別成績

年齢 1着 2着 3着
3歳 0 0 0
4歳 4 4 2
5歳 2 2 2
6歳 4 2 2
7歳 0 2 3
8歳以上 0 0 1

3着以内が多い前走レース

前走レース名 3着以内数
マイルCS 4
阪神C 4
リゲルS(OP) 4
キャピタルS(OP) 3
鳴尾記念 2
愛知杯 2
チャレンジC 2
その他 9

3着以内が多い騎手

騎手 3着以内数
岩田康 4
武豊 4
福永祐 3
小牧太 2
池添謙 2
ルメール 2
川田将 2
浜中俊 2
その他 9

3着以内が多い血統(父、母父)

父または母父名 3着以内数
ディープインパクト 6
マンハッタンカフェ 4
サンデーサイレンス 4
スペシャルウィーク 3
キングカメハメハ 3
ジェネラス 3
Singspiel 2
チーフベアハート 2
ステイゴールド 2
キングマンボ 2
Caerleon 2
Garde Royale 2
フォーティナイナー 2
その他 23

傾向やポイントまとめ

※以下は2009~2018の10年のものです。

傾向やポイント
  • 1番人気の取捨のポイントは重量。57.5k以上は馬券に絡めていない(該当馬は4頭)。
  • 6番人気以下で連対した馬のほとんどは芝1600m以上の重賞で5着以内を確保した実績があった。
  • 前年のマイルCSで3着に入れなかった馬が健闘している。
  • 穴馬は逃げ先行馬が多い。
  • 関東馬の出走頭数が少ないものの過去10年で2連対のみ。3着以内に広げても4頭のみ。
  • 過去5年トップハンデ馬は未勝利(2着3着が2回ずつ)
  • 内枠が圧倒的に有利。人気と重量の組み合わせで、3枠以内で1番人気かつ重量57k以下なら軸として鉄板?

過去の競馬収支

競馬歴も四半世紀を超えましたが、ここ数年は年間収支がプラスになることが多くなってきました。
過去10年のデータを分析して傾向をつかみ、人気(オッズ)と(自分の考える)馬の実力を照らし合わせて、常に美味しいところを狙っていってることが結果に繋がってきているのかと思います。

的中率こそ10%程度ですが、素人が長いスパンで競馬で勝つには連敗にめげないメンタルを持って穴狙いするしかないと確信しています。

そのような馬券の買い方を徹底して記録も取り始めた2014年以降は、2017年以外は年間収支でプラスになっています。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す