【桜花賞】過去10年のデータ・傾向を分析





桜花賞は3歳牝馬三冠レースの第一戦目です。
以前は魔の桜花賞ペースと言われるハイペースに人気馬が巻き込まれ波乱の傾向にありましたが、2006年の阪神競馬場の改修以降は瞬発力に秀でた実力馬が力を発揮しやすく堅めの決着が多くなっています。
2018年は1番人気アーモンドアイが4コーナー16番手から豪快に大外一気の楽勝、しかもコースレコードのおまけつきと化け物ぶりを見せつけました。

レース名 桜花賞
G1
日程 2019年4月7日(日)
開催 2回阪神6日
コース 芝・右・外回り
距離 1600m
条件 サラ系3歳牝
斤量 定量
レコード(馬名) 1.33.1(アーモンドアイ)

レースに関する基本情報はJRA公式サイトをご参考にしてください。

スポンサードリンク



桜花賞の過去10年データ

基本データ

               
頭数 馬名 騎手 タイム
馬場     着差
2009 5 9 ブエナビスタ 牝3 55 1 安藤勝 1.34.0
18 8 18 レッドディザイア 牝3 55 2 四位洋 1/2
7 15 ジェルミナル 牝3 55 5 福永祐 1 1/2
2010 5 9 アパパネ 牝3 55 1 蛯名正 1.33.3
18 4 8 オウケンサクラ 牝3 55 3 安藤勝 1/2
6 11 エーシンリターンズ 牝3 55 11 福永祐 クビ
2011 4 8 マルセリーナ 牝3 55 2 安藤勝 1.33.9
18 8 16 ホエールキャプチャ 牝3 55 1 池添謙 3/4
8 17 トレンドハンター 牝3 55 4 岩田康 3/4
2012 5 10 ジェンティルドンナ 牝3 55 2 岩田康 1.34.6
18 7 15 ヴィルシーナ 牝3 55 4 内田博 1/2
6 11 アイムユアーズ 牝3 55 3 ピンナ 1/2
2013 4 7 アユサン 牝3 55 7 C.デムーロ 1.35.0
18 7 14 レッドオーヴァル 牝3 55 2 M.デムーロ クビ
5 9 プリンセスジャック 牝3 55 14 福永祐 2 1/2
2014 8 18 ハープスター 牝3 55 1 川田将 1.33.3
18 6 12 レッドリヴェール 牝3 55 2 戸崎圭 クビ
5 10 ヌーヴォレコルト 牝3 55 5 岩田康 3/4
2015 3 6 レッツゴードンキ 牝3 55 5 岩田康 1.36.0
18 4 7 クルミナル 牝3 55 7 池添謙 4
1 1 コンテッサトゥーレ 牝3 55 8 ルメール 3/4
2016 7 13 ジュエラー 牝3 55 3 M.デムーロ 1.33.4
18 6 12 シンハライト 牝3 55 2 池添謙 ハナ
5 10 アットザシーサイド 牝3 55 6 福永祐 1 3/4
2017 5 10 レーヌミノル 牝3 55 8 池添謙 1.34.5
17 3 6 リスグラシュー 牝3 55 3 武豊 1/2
稍重 7 14 ソウルスターリング 牝3 55 1 ルメール クビ
2018 7 13 アーモンドアイ 牝3 55 2 ルメール 1.33.1
17 1 1 ラッキーライラック 牝3 55 1 石橋脩 1 3/4
5 9 リリーノーブル 牝3 55 3 川田将 1/2

位置取りと決め手

                       
頭数 馬名 タイム    
馬場   着差 2 3 4
2009 5 9 ブエナビスタ 1.34.0     16 16      
18 8 18 レッドディザイア 1/2     12 12      
7 15 ジェルミナル 1 1/2     14 14      
2010 5 9 アパパネ 1.33.3     5 4      
18 4 8 オウケンサクラ 1/2     1 1      
6 11 エーシンリターンズ クビ     3 2      
2011 4 8 マルセリーナ 1.33.9     14 16      
18 8 16 ホエールキャプチャ 3/4     15 17      
8 17 トレンドハンター 3/4     17 18      
2012 5 10 ジェンティルドンナ 1.34.6     10 10      
18 7 15 ヴィルシーナ 1/2     4 4      
6 11 アイムユアーズ 1/2     7 6      
2013 4 7 アユサン 1.35.0     9 10      
18 7 14 レッドオーヴァル クビ     15 14      
5 9 プリンセスジャック 2 1/2     13 14      
2014 8 18 ハープスター 1.33.3     18 18      
18 6 12 レッドリヴェール クビ     13 15      
5 10 ヌーヴォレコルト 3/4     12 12      
2015 3 6 レッツゴードンキ 1.36.0     1 1      
18 4 7 クルミナル 4     12 13      
1 1 コンテッサトゥーレ 3/4     5 11      
2016 7 13 ジュエラー 1.33.4     16 17      
18 6 12 シンハライト ハナ     8 8      
5 10 アットザシーサイド 1 3/4     10 11      
2017 5 10 レーヌミノル 1.34.5     4 4      
17 3 6 リスグラシュー 1/2     9 8      
稍重 7 14 ソウルスターリング クビ     6 5      
2018 7 13 アーモンドアイ 1.33.1     15 16      
17 1 1 ラッキーライラック 1 3/4     3 3      
5 9 リリーノーブル 1/2     6 6      

前走、前々走の成績

         
頭数 馬名 前走成績 前々走成績
馬場      
2009 ブエナビスタ チューリップ賞 1 阪神JF 1
18 レッドディザイア エルフィンS 1 3歳新馬 1
ジェルミナル チューリップ賞 5 フェアリーS 1
2010 アパパネ チューリップ賞 2 阪神JF 1
18 オウケンサクラ フラワーC 1 チューリップ賞 4
エーシンリターンズ チューリップ賞 3 エルフィンS 1
2011 マルセリーナ エルフィンS 1 シンザン記念 3
18 ホエールキャプチャ クイーンC 1 阪神JF 2
トレンドハンター フラワーC 1 3歳500万下(5) 1
2012 ジェンティルドンナ チューリップ賞 4 シンザン記念 1
18 ヴィルシーナ クイーンC 1 エリカ賞(5) 1
アイムユアーズ フィリーズレビュー 1 阪神JF 2
2013 アユサン チューリップ賞 3 阪神JF 7
18 レッドオーヴァル チューリップ賞 7 紅梅S 1
プリンセスジャック チューリップ賞 8 阪神JF 6
2014 ハープスター チューリップ賞 1 阪神JF 2
18 レッドリヴェール 阪神JF 1 札幌2歳S 1
ヌーヴォレコルト チューリップ賞 2 こうやまき賞(5) 1
2015 レッツゴードンキ チューリップ賞 3 阪神JF 2
18 クルミナル チューリップ賞 11 エルフィンS 1
コンテッサトゥーレ チューリップ賞 6 紅梅S 1
2016 ジュエラー チューリップ賞 2 シンザン記念 2
18 シンハライト チューリップ賞 1 紅梅S 1
アットザシーサイド フィリーズレビュー 2 阪神JF 5
2017 レーヌミノル フィリーズレビュー 2 クイーンC 4
17 リスグラシュー チューリップ賞 3 阪神JF 2
稍重 ソウルスターリング チューリップ賞 1 阪神JF 1
2018 アーモンドアイ シンザン記念 1 2歳未勝利 1
17 ラッキーライラック チューリップ賞 1 阪神JF 1
リリーノーブル チューリップ賞 3 阪神JF 2

血統と厩舎

ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 ロベルト系 トニービン系
       
頭数 馬名 厩舎 血統 血統
馬場     母父
2009 ブエナビスタ 松田博 スペシャルウィーク Caerleon
18 レッドディザイア 松永幹 マンハッタンカフェ Caerleon
ジェルミナル 藤原英 アグネスタキオン Double Bed
2010 アパパネ 国枝栄 キングカメハメハ Salt Lake
18 オウケンサクラ 音無秀 バゴ リアルシヤダイ
エーシンリターンズ 坂口則 キングカメハメハ キャロルハウス
2011 マルセリーナ 松田博 ディープインパクト Marju
18 ホエールキャプチャ 田中清 クロフネ サンデーサイレンス
トレンドハンター 松田博 マンハッタンカフェ ブライアンズタイム
2012 ジェンティルドンナ 石坂正 ディープインパクト Bertolini
18 ヴィルシーナ 友道康 ディープインパクト Machiavellian
アイムユアーズ 松田博 ファルブラヴ エルコンドルパサー
2013 アユサン 手塚貴 ディープインパクト Storm Cat
18 レッドオーヴァル 安田隆 ディープインパクト Smart Strike
プリンセスジャック 加用正 ダイワメジャー Afleet
2014 ハープスター 松田博 ディープインパクト ファルブラヴ
18 レッドリヴェール 須貝尚 ステイゴールド Dixieland Band
ヌーヴォレコルト 斎藤誠 ハーツクライ スピニングワールド
2015 レッツゴードンキ 梅田智 キングカメハメハ マーベラスサンデー
18 クルミナル 須貝尚 ディープインパクト Candy Stripes
コンテッサトゥーレ 安田隆 ディープインパクト トニービン
2016 ジュエラー 藤岡健 ヴィクトワールピサ Pistolet Bleu
18 シンハライト 石坂正 ディープインパクト Singspiel
アットザシーサイド 浅見秀 キングカメハメハ アグネスタキオン
2017 レーヌミノル 本田優 ダイワメジャー タイキシャトル
17 リスグラシュー 矢作芳 ハーツクライ American Post
稍重 ソウルスターリング 藤澤和 Frankel Monsun
2018 アーモンドアイ 国枝栄 ロードカナロア サンデーサイレンス
17 ラッキーライラック 松永幹 オルフェーヴル Flower Alley
リリーノーブル 藤岡健 ルーラーシップ クロフネ

桜花賞の過去10年の傾向まとめ

過去10年の1番人気馬の成績や枠番別の成績をまとめました。
最後に少しだけ主観を入れて傾向やポイントを列挙します。

1番人気の成績

馬名


前走
2009 ブエナビスタ 55 牝3 1 チューリップ賞 1
2010 アパパネ 55 牝3 1 チューリップ賞 2
2011 ホエールキャプチャ 55 牝3 2 クイーンC 1
2012 ジョワドヴィーヴル 55 牝3 6 チューリップ賞 3
2013 クロフネサプライズ 55 牝3 4 チューリップ賞 1
2014 ハープスター 55 牝3 1 チューリップ賞 1
2015 ルージュバック 55 牝3 9 きさらぎ賞 1
2016 メジャーエンブレム 55 牝3 4 クイーンC 1
2017 ソウルスターリング 55 牝3 3 チューリップ賞 1
2018 ラッキーライラック 55 牝3 2 チューリップ賞 1

1番人気の成績まとめ
  • 1番人気の着順は【3-2-1-4】
  • 勝率:30%
  • 連対率:50%
  • 複勝率:60%
  • 前走良馬場で上がり3ハロン2位以下は【0-0-1-3】と不振

枠番別の成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 0 1 1 18 0.0% 5.0% 10.0%
2 0 0 0 20 0.0% 0.0% 0.0%
3 1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
4 2 2 0 16 10.0% 20.0% 20.0%
5 4 0 4 12 20.0% 20.0% 40.0%
6 0 2 2 16 0.0% 10.0% 20.0%
7 2 2 2 22 7.1% 14.3% 21.4%
8 1 2 1 26 3.3% 10.0% 13.3%
枠番別の成績まとめ
  • 内枠(1~4枠)の勝率3.8%、連対率8.8%、複勝率10.0%
  • 外枠(5~8枠)の勝率7.1%、連対率13.3%、複勝率22.4%
  • 内枠不振の傾向。特に1、2枠が未勝利と大不振。

傾向やポイントまとめ

総合的に傾向やポイントを列挙してみます。

傾向やポイント
  • 1番人気で前走良馬場で上がり3ハロン1位なら【2-1-0-1】と信頼が高い。
  • チューリップ賞勝馬が1番人気なら【2-1-0-1】と信頼度が高い。
  • 6番人気以下で連対した3頭のうち2頭は前走トライアルの重賞で3着以内と人気の盲点になっていた。
  • 前走チューリップ賞で2番人気以内かつ桜花賞で3番人気以内の馬は【5-3-1-1】と信頼度がかなり高い。
  • 連対馬17頭が前走3着以内。
  • 連対馬19頭が馬番6番以降だった。
  • 勝馬の父はサンデー系かキングカメハメハ系しかいない。

2019年の桜花賞の注目馬

阪神JFの1、2着馬の年明け初戦がそれぞれ強い勝ち方をして順当に落ち着きそうな今年の桜花賞。
しかし大崩れはないがイマイチ抜けて強いという印象は個人的には全くない。
1番人気に支持されそうなダノンファンタジーは阪神JFとチューリップ賞ともに見た目の勝ち方は豪快だったが、ラップタイムもそれほど秀でたものでもない。もちろん決して低レベルというわけではないが。

もしかしたら3歳牝馬クラシック王道路線組が実は前述した2頭以外は低調なメンバーだったのでは?という仮説を立て、本命候補は別路線組からピックアップしてみたい。

休み明けで不安もあるがグランアレグリアに期待する。

そもそもこの馬は新馬戦でダノンファンタジーと直接対決をして格の違いを見せつけるような勝ち方をしている。
2、3番手につけられる先行力がありながら差し馬と同様の瞬発力を持っている当馬にとって、差し追い込み勢が多い今回の出走メンバーにおいて展開利も見込める。
このレースで不利な傾向の内枠を引いたとしてもこの馬を本命にする予定だ。

2019年の桜花賞を予想する

意外にもダノンファンタジーとグランアレグリアが人気を分け合う形になってしまい、うま味が薄くなったが枠順と展開を考慮した結果当初の予定通り8グランアレグリアを本命とする。
逃げ馬不在のスローペース必至の展開、先行して直線で後続を突き放せると見る。

相手は王道路線のダノンファンタジーとクロノジェネシスを抑えるが、前者は余ほどスタートが良くなければ押していかないと好位を取れそうになく、後者はスタートが遅く(出遅れ実績あり)包まれるリスクがあるため評価を下げざるを得ない。
相手本線に選びたいのは、総合力で劣っていてもスローペースを利用できる個性のある馬3頭。

2エールヴォアは、この枠順かつややスタミナよりの実績から多少スタートが悪くても押してハナを切ると思って、単騎逃げが見込める。瞬発力が全くないが位置取りの恩恵だけで好走できるはず。

9アクアミラビルスは完全に瞬発力特化型でスロー濃厚の今回で特性が活きる。
王道路線組との直接対決がなく実績が劣るように見えるが、エルフィンSで0.3差で負かしたノーブルスコアがチューリップ賞でダノンファンタジーと0.2差の勝負をしていることから単純時計比較とはいえ実力的に通用するはず。

最後にこの馬
こちらも瞬発力型だが休み明けの前走はかかって先行してしまい脚を溜めることができなかっただけ。乗り替わりだったことも影響があっただろう。全く人気はないが牡馬と互角以上に戦ってきた実績を軽く扱ってはいけない。

競馬予想(土日の重賞のみ)をnoteに書いてます。当たらないのでもちろん無料ですw

過去の競馬収支

競馬歴も四半世紀を超えましたが、ここ数年は年間収支がプラスになることが多くなってきました。
過去10年のデータを分析して傾向をつかみ、人気(オッズ)と(自分の考える)馬の実力を照らし合わせて、常に美味しいところを狙っていってることが結果に繋がってきているのかと思います。

的中率こそ10%程度ですが、素人が長いスパンで競馬で勝つには連敗にめげないメンタルを持って穴狙いするしかないと確信しています。

そのような馬券の買い方を徹底して記録も取り始めた2014年以降は、2017年以外は年間収支でプラスになっています。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す