【シリウスS】過去10年のデータ・傾向を分析





シリウスSはダートのハンデ重賞です。
近年は人気薄の差し追い込みによる波乱の傾向が強くなっています。
2018年は2番人気の3歳馬オメガパフュームが大外から差し切り重賞初制覇を飾りました。

レース名 シリウスS
G3
日程 2019年9月28日(土)
開催 4回阪神8日
コース ダート・右
距離 2000m
条件 3歳上
斤量 ハンデ
レコード(馬名) 2.01.5(オメガパフューム)

レースに関する基本情報はJRA公式サイトをご参考にしてください。

スポンサードリンク



シリウスSの過去10年データ

基本データ

               
頭数 馬名 騎手 タイム
馬場     着差
2009 8 16 ワンダーアキュート 牡3 54 3 和田竜 2.04.5
16 6 11 ダークメッセージ 牡6 56 8 佐藤哲 3
稍重 1 1 ゴールデンチケット 牡3 55 4 武豊 クビ
2010 7 9 キングスエンブレム 牡5 56 1 福永祐 2.04.4
12 7 10 ラヴェリータ 牝4 56.5 4 和田竜 3/4
2 2 チョイワルグランパ 牡4 52 9 浜中俊 クビ
2011 4 4 ヤマニンキングリー 牡6 56 5 武豊 2.04.3
12 5 5 キングスエンブレム 牡6 57 4 ピンナ 2 1/2
8 11 フサイチセブン 牡5 57.5 2 川田将 1 1/2
2012 1 2 ナイスミーチュー 牡5 54 2 小牧太 2.03.3
16 7 13 ヤマニンキングリー 牡7 57 3 武幸四 3/4
5 10 グレープブランデー 牡4 58 1 浜中俊 3 1/2
2013 1 2 ケイアイレオーネ 牡3 53 5 幸英明 2.03.4
16 7 13 ナイスミーチュー 牡6 58 3 小牧太 クビ
6 11 グランドシチー 牡6 59 6 津村明 3/4
2014 3 4 クリノスターオー 牡4 57.5 1 幸英明 2.03.8
14 6 10 ナムラビクター 牡5 58 3 小牧太 3/4
5 7 トウシンイーグル セ6 55 7 和田竜 1 1/2
2015 2 2 アウォーディー 牡5 55 3 武豊 2.04.6
12 6 8 ダノンリバティ 牡3 55 1 戸崎圭 3
稍重 3 3 ナムラビクター 牡6 58 2 Mデムーロ アタマ
2016 1 1 マスクゾロ 牡5 56 1 秋山真 2.01.7
11 7 8 ピオネロ 牡5 56 2 福永祐 クビ
稍重 7 9 アポロケンタッキー 牡4 58 4 和田竜 アタマ
2017 2 4 メイショウスミトモ 牡6 55 11 古川吉 2.03.9
16 3 5 ドラゴンバローズ 牡5 54 5 和田竜 クビ
7 13 ピオネロ 牡6 56 3 福永祐 3/4
2018 2 3 オメガパフューム 牡3 53 3 和田竜 2.01.5
16 8 16 ウェスタールンド セ6 55 7 北村友 クビ
不良 7 14 サンライズソア 牡4 58 3 ルメール 1 3/4

位置取りと決め手

                       
頭数 馬名 タイム    
馬場   着差 2 3 4
2009 8 16 ワンダーアキュート 2.04.5 4 4 5 3      
16 6 11 ダークメッセージ 3 8 9 10 11      
稍重 1 1 ゴールデンチケット クビ 1 2 2 2      
2010 7 9 キングスエンブレム 2.04.4 6 6 5 3      
12 7 10 ラヴェリータ 3/4 1 2 2 2      
2 2 チョイワルグランパ クビ 6 6 5 7      
2011 4 4 ヤマニンキングリー 2.04.3 2 2 2 2      
12 5 5 キングスエンブレム 2 1/2 8 8 6 4      
8 11 フサイチセブン 1 1/2 3 3 3 3      
2012 1 2 ナイスミーチュー 2.03.3 7 7 8 6      
16 7 13 ヤマニンキングリー 3/4 5 5 5 3      
5 10 グレープブランデー 3 1/2 8 9 8 8      
2013 1 2 ケイアイレオーネ 2.03.4 14 14 14 10      
16 7 13 ナイスミーチュー クビ 9 9 7 4      
6 11 グランドシチー 3/4 6 5 3 4      
2014 3 4 クリノスターオー 2.03.8 2 2 2 2      
14 6 10 ナムラビクター 3/4 4 5 2 2      
5 7 トウシンイーグル 1 1/2 6 6 7 8      
2015 2 2 アウォーディー 2.04.6 6 6 8 5      
12 6 8 ダノンリバティ 3 4 4 4 2      
稍重 3 3 ナムラビクター アタマ 12 12 11 11      
2016 1 1 マスクゾロ 2.01.7 1 1 1 1      
11 7 8 ピオネロ クビ 3 2 2 2      
稍重 7 9 アポロケンタッキー アタマ 3 4 4 2      
2017 2 4 メイショウスミトモ 2.03.9 7 7 9 7      
16 3 5 ドラゴンバローズ クビ 2 2 2 2      
7 13 ピオネロ 3/4 3 3 3 3      
2018 2 3 オメガパフューム 2.01.5 11 10 10 6      
16 8 16 ウェスタールンド クビ 16 16 16 15      
不良 7 14 サンライズソア 1 3/4 2 2 2 1      

前走、前々走の成績

         
頭数 馬名 前走成績 前々走成績
馬場      
2009 ワンダーアキュート オークランドRCT(16) 1 レパードS 5
16 ダークメッセージ 平安S 7 門松S 1
稍重 ゴールデンチケット セントライト記念 14 ジャパンダートD(大井) 3
2010 キングスエンブレム オークランドRCT(16) 1 阪神スプリングP(16) 11
12 ラヴェリータ スパーキングレディーC(川崎) 1 ブリリアントS(OP) 1
チョイワルグランパ 松戸特別(10) 1 支笏湖特別(10) 9
2011 ヤマニンキングリー 朝日チャレンジC 4 新潟記念 10
12 キングスエンブレム 東海S 8 ダイオライト記念(船橋) 5
フサイチセブン 阿蘇S(OP) 1 プロキオンS 10
2012 ナイスミーチュー 宮崎S(16) 1 上賀茂S(16) 4
16 ヤマニンキングリー エルムS 7 フェブラリーS 9
グレープブランデー 阿蘇S(OP) 1 ジュライS(OP) 6
2013 ケイアイレオーネ レパードS 3 ジャパンダートD(大井) 3
16 ナイスミーチュー 平安S 2 アンタレスS 5
グランドシチー エルムS 5 ブリーダーズGC(門別) 4
2014 クリノスターオー エルムS 2 平安S 1
14 ナムラビクター 平安S 5 アンタレスS 1
トウシンイーグル 阿蘇S(OP) 9 KBC杯(16) 1
2015 アウォーディー オークランドRCT(16) 1 ジューンS(16) 3
12 ダノンリバティ BSN賞(OP) 1 レパードS 2
稍重 ナムラビクター 平安S 4 アンタレスS 3
2016 マスクゾロ ジュライS(OP) 1 桃山S(16) 1
11 ピオネロ BSN賞(OP) 1 白川郷S(16) 1
稍重 アポロケンタッキー ブリリアントS(OP) 1 仁川S(OP) 1
2017 メイショウスミトモ ラジオ日本賞(OP) 7 エルムS 11
16 ドラゴンバローズ オークランドRCT(16) 1 薩摩S(16) 3
ピオネロ エルムS 7 マーキュリーC(盛岡) 2
2018 オメガパフューム ジャパンダートD(大井) 2 加古川特別(10) 1
16 ウェスタールンド 薩摩S(16) 1 津軽海峡特別(10) 1
不良 サンライズソア 平安S 1 ブリリアントS(OP) 14

血統と厩舎

ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 ロベルト系 トニービン系
       
頭数 馬名 厩舎 血統 血統
馬場     母父
2009 ワンダーアキュート 佐藤正 カリズマティック Pleasant Tap
16 ダークメッセージ 佐々晶 ダンスインザダーク ノーザンテースト
稍重 ゴールデンチケット 森秀行 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2010 キングスエンブレム 石坂正 ウォーエンブレム サンデーサイレンス
12 ラヴェリータ 松元茂 Unbridled s Song Gone West
チョイワルグランパ 沖芳夫 マンハッタンカフェ Private Account
2011 ヤマニンキングリー 河内洋 アグネスデジタル サンデーサイレンス
12 キングスエンブレム 石坂正 ウォーエンブレム サンデーサイレンス
フサイチセブン 松田国 Fusaichi Pegasus Vice Regent
2012 ナイスミーチュー 橋口弘 キングカメハメハ Fire Maker
16 ヤマニンキングリー 河内洋 アグネスデジタル サンデーサイレンス
グレープブランデー 安田隆 マンハッタンカフェ ジヤツジアンジエルーチ
2013 ケイアイレオーネ 西浦勝 Henny Hughes Marquetry
16 ナイスミーチュー 橋口弘 キングカメハメハ Fire Maker
グランドシチー 相沢郁 キングカメハメハ ブライアンズタイム
2014 クリノスターオー 高橋義 アドマイヤボス ジェイドロバリー
14 ナムラビクター 福島信 ゼンノロブロイ エンドスウィープ
トウシンイーグル 山内研 ハーツクライ Seattle Slew
2015 アウォーディー 松永幹 ジャングルポケット サンデーサイレンス
12 ダノンリバティ 音無秀 キングカメハメハ エリシオ
稍重 ナムラビクター 福島信 ゼンノロブロイ エンドスウィープ
2016 マスクゾロ 岡田稲 Roman Ruler Giant s Causeway
11 ピオネロ 松永幹 ネオユニヴァース Candy Stripes
稍重 アポロケンタッキー 山内研 Langfuhr Gone West
2017 メイショウスミトモ 南井克 ゴールドアリュール アジュディケーティング
16 ドラゴンバローズ 渡辺薫 キングカメハメハ Polish Precedent
ピオネロ 松永幹 ネオユニヴァース Candy Stripes
2018 オメガパフューム 安田翔 スウェプトーヴァーボード ゴールドアリュール
16 ウェスタールンド 佐々晶 ネオユニヴァース Marquetry
不良 サンライズソア 河内洋 シンボリクリスエス スペシャルウィーク

シリウスSの過去10年の傾向まとめ

過去10年の1番人気馬の成績や枠番別の成績をまとめました。
最後に少しだけ主観を入れて傾向やポイントを列挙します。

1番人気の成績

馬名


前走
2009 ワンダースピード 58.5 牡7 5 東海S 1
2010 キングスエンブレム 56 牡5 1 オークランドRCT(16) 1
2011 タガノロックオン 54 牡3 4 オークランドRCT(16) 1
2012 グレープブランデー 58 牡4 3 阿蘇S(OP) 1
2013 サトノプリンシパル 53 牡3 15 レパードS 2
2014 クリノスターオー 57.5 牡4 1 エルムS 2
2015 ダノンリバティ 55 牡3 2 BSN賞(OP) 1
2016 マスクゾロ 56 牡5 1 ジュライS(OP) 1
2017 マスクゾロ 57.5 牡6 7 BSN賞(OP) 2
2018 グレイトパール 57.5 牡5 11 平安S 5

1番人気の成績まとめ
  • 1番人気の着順は【3-1-1-5】
  • 勝率:30%
  • 連対率:40%
  • 複勝率:50%

枠番別の成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1 3 0 1 11 20.0% 20.0% 26.7%
2 3 0 1 11 20.0% 20.0% 26.7%
3 1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%
4 1 0 0 15 6.3% 6.3% 6.3%
5 0 1 2 16 0.0% 5.3% 15.8%
6 0 3 1 16 0.0% 15.0% 20.0%
7 1 4 3 12 5.0% 25.0% 40.0%
8 1 1 1 17 5.0% 10.0% 15.0%
枠番別の成績まとめ
  • 内枠(1~4枠)の勝率12.9%、連対率14.5%、複勝率19.4%
  • 外枠(5~8枠)の勝率2.5%、連対率13.9%、複勝率22.8%
  • 勝ち馬は内枠から。

傾向やポイントまとめ

総合的に傾向やポイントを列挙してみます。

傾向やポイント
  • 1番人気で重量55~56キロなら【2-1-0-0】。
  • 1番に気で4~5歳馬なら【3-0-1-1】。
  • 連対馬17頭が5番人気以内。
  • 6番人気以下で連対した3頭はダート1700m以上で最速上がりで勝利経験があった。
  • 重量52キロ以下の連対はなし。
  • 重量53~54キロは6番人気以下だと連対なし。
  • 重量58キロ以上は【0-1-3-8】。
  • トップハンデ馬は【0-1-4-9】。
  • 前走1600万条件戦の勝利馬が3番人気以内なら【4-0-0-1】。
  • 前走オープン特別戦組が2番人気以内なら【1-2-2-3】。
  • 前走エルムS組が3番人気以内なら【1-1-1-2】。
  • 逃げ馬は【1-0-0-9】。
  • キングカメハメハ産駒が5番人気以内なら【1-3-1-3】。

過去の競馬収支

競馬歴も四半世紀を超えましたが、ここ数年は年間収支がプラスになることが多くなってきました。
過去10年のデータを分析して傾向をつかみ、人気(オッズ)と(自分の考える)馬の実力を照らし合わせて、常に美味しいところを狙っていってることが結果に繋がってきているのかと思います。

的中率こそ10%程度ですが、素人が長いスパンで競馬で勝つには連敗にめげないメンタルを持って穴狙いするしかないと確信しています。

そのような馬券の買い方を徹底して記録も取り始めた2014年以降は、2017年以外は年間収支でプラスになっています。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す