【競馬予想2018年】札幌記念はG1級の実力馬ミッキースワローの末脚に期待する




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)@競馬ブロガーです。

G1レースではありませんが競馬の予想をしてみます。

出走メンバーにG1級が多く、この夏1番盛り上がるレースで予想も楽しいので記事にします。

ちなみに今年ブログで予想したレースは全てハズレています(泣)

【競馬予想2018年】宝塚記念は実力馬サトノダイヤモンドが巻き返す

2018.06.24

【競馬予想2018年】安田記念はスワーヴリチャードが格の違いで押し切る

2018.06.03

【競馬予想2018年】日本ダービーはワグネリアンの差し切りに期待する

2018.05.27

3レース予想して本命にした馬の成績は、ダービー1着、安田記念3着、宝塚記念6着とまずまずだったのに払い戻しに繋げられなかったのは相手選びが下手だったからです。

今年中にブログの予想記事で1度は当ててイキり倒したいと思いますw

スポンサードリンク



札幌記念とは

サマー2000シリーズの第4戦で夏開催唯一のG2レースです。

毎年G1実績のある馬の参戦が多く、レベルの高いレースが期待できます。

ステップレースの寸評

例年、函館記念をステップに参戦してくる馬が多いので、今回はそのレースだけ分析してみます。

と言っても今年はサクラアンプルールとスズカデヴィアスの2頭しかいないんですけどね(^ ^;)

函館記念当日の芝はやや内が伸びる馬場だったのでインコースを通った馬に有利でした。
サクラアンプルールは、道中中団のインコースを通り、各馬が仕掛けごちゃついた3、4コーナーも器用に回ったが直線だけ外を通った分、終始上手く立ち回ったエアアンセムに届かなかっただけの2着でした。
一方ススカデヴィアスは、終始後方の外々を周り勝敗が決した直線残り50m付近で伸びてくるという脚を余した負け方でした。

この2頭は展開と通るコースで逆転があって不思議ない程度の実力差しかないでしょう。

展開予想

内枠からマルターズアポジー、マイスタイル、クロコスミア、ネオリアリズム、スティッフィリオ、アイトーンと逃げ・先行馬が揃ったので、ひねらず定石通りのハイペースになるとみる。
逃げ・先行馬が揃った時に限って互いにけん制し合ってペースが落ち着くこともあるが、直線が短いコースで4コーナーまで大人しいペースで流れることは想像できない。

3、4コーナーは出入りが激しくなり、実力下位の逃げ・先行馬が脱落するので余ほど縦長の展開にでもならない限り馬群の中にいる馬には器用さが求められ、安全に外を回る馬は1枚上の持久力がないとゴールまで脚が持たないだろう。

結論

本命はG1未勝利ながら前売り1番人で妙味がないが、ミッキースワローの末脚に期待する。
当馬は淀みない流れの持久力勝負型で、前走の大阪杯は真逆の長スローの瞬発力勝負になってしまい適性外のレースだった。インに閉じ込められ動きたいときに動けずよく5着まで追い上げたくらいである。昨年のセントライト記念で皐月賞馬アルアインを子ども扱いした実力はやはりG1級だろう。
秋のG1シーズンに向けての休み明けが不安も、大阪杯からのメンバーレベル低下と展開有利(外枠に入ったこともプラス材料)になることから、単勝オッズ4倍でも意外と美味しくもあり手堅いのではないか。

次に相手本線の3頭。

ススカデヴィアスは追い込み脚質に転換してから成績が安定しており、前走の函館記念と展開が変わりそうでサクラアンプルールを逆転できそうなこととオッズ妙味もあり相手筆頭とする。
今年の札幌記念は6月以降のGレースからの出走組(実力があり順調に使われている馬)が少なく、当馬はその数少ない馬である。

ネオリアリズムは先行脚質ではあるが、以前は差し・追い込みの競馬をしており達者なモレイラ騎手も展開によって位置取りは臨機応変に対応するだろうし、さらに実績最上位ということもあり嫌う材料はどこにもない。休み明けも得意な方である。

格下感は否めないがアストラエンブレムにも期待する。
もともと過剰人気になってはその期待に応えられずG3レース2着程度の実力である。
しかし今回は、順調に使われてきた強みと多数の先行勢の直後につけられそうな枠順と、何より過剰に人気がなく妙味がありすぎる。3、4コーナーでバテて下がってくる前にいた馬をさばければサプライズもあり得る。

続いて抑えの3頭。

サングレーザーこそ過剰人気だが、アストラエンブレムとほぼ同じ位置で競馬しそうなのでオッズ妙味がなくとも嫌々抑えておく。福永騎手お得意のインで詰まることを恐れて外を回して人気より1つ2つ下の着順になる可能性が高いと見る。

終わった感も否めないマカヒキだが、ここまでメンバーが低下して、悪くない展開も見込めるので、これも嫌々抑えておく。こちらは騎手が達者なので復活と思わせるような勝利も考えられる。

最後に超大穴のアイトーンを宝くじ感覚で抑える。
外枠から気分良く単騎逃げを打てた時は本当にしぶとい。皐月賞では馬場を考慮すると超ハイペースを演出した馬である。ポンとスタート切って誰も追いかけず縦長の展開にでもなれば、短い直線の恩恵を受けて2、3着に残ってしまうのではないか。

予想まとめ
◎14ミッキースワロー
○13スズカデヴィアス
○8ネオリアリズム
○3アストラエンブレム
△2サングレーザー
△5マカヒキ
△16アイトーン

軽視した人気馬について

モズカッチャンがG1で好走したときは、全てインコースを走り展開にも恵まれていた。しかも牝馬限定戦である。
古馬混合戦の京都記念4着もやはりデムーロ騎手が巧みにインをついてのもの。
脚質的に展開は向きそうだが、インを走れない上に常に人気になってしまう鞍上なので全く妙味がない。

青葉賞を圧勝したゴーフォザサミットだが、東京2400mを圧勝することそのものが札幌競馬場の小回りコースへの適性がないことを示している。適性外を覆すには世代No.3以上の実力が欲しい。

That’s all.

ツイッターやってます。


コメントを残す