【競馬予想2018年】宝塚記念は実力馬サトノダイヤモンドが巻き返す




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)@競馬ブロガーです。

2018年上半期最後のG1レース宝塚記念の予想をします。

ちなみに今年ブログで予想したレースは2戦あり、本命馬の成績は日本ダービーが1着、安田記念が3着とまずまずでしたが、相手選びが下手クソで馬券的中とはいきませんでした。

【競馬予想2018年】安田記念はスワーヴリチャードが格の違いで押し切る

2018.06.03

【競馬予想2018年】日本ダービーはワグネリアンの差し切りに期待する

2018.05.27

今回こそビシっと決めて上半期ラストを締めくくりたいと思います。

スポンサードリンク



宝塚記念の予想スタンス

まずはじめに宝塚記念は、有馬記念同様にファン投票で出走馬を決めるレースです。

過去10年のファン投票1位馬とその成績を見てみます。

開催年 ファン投票1位馬 単勝人気 着順
2017 キタサンブラック 1 9
2016 キタサンブラック 2 3
2015 ゴールドシップ 1 15
2014 ゴールドシップ 1 1
2013 オルフェーヴル 不出走 不出走
2012 オルフェーヴル 1 1
2011 ブエナビスタ 1 2
2010 ブエナビスタ 1 2
2009 ウオッカ 不出走 不出走
2008 ウオッカ 不出走 不出走

2017年のキタサンブラックと2015年のゴールドシップの飛び方がちょっと目立つだけで、概ね良い成績ですね。まあファン投票1位に支持されるくらいの馬ですから当然っちゃ当然ですねw
今年のファン投票1位のサトノダイヤモンドにとっては可もなく不可もないデータでしょう。

本題に戻りまして宝塚記念の予想スタンスとしては、G1レースを勝つのに十分な実績を持ち、実際の距離2200mよりも長い距離でも好走できるような馬を重視すべきです。
過去10年の馬券内に絡んだ馬で例外と言えるのは、2010年のナカヤマフェスタと2015年のラブリーデイぐらいでしょう。しかし前者はその後凱旋門賞を2着、後者はG1連勝といずれも当レースで覚醒をした馬で稀なケースであり、こういった馬を事前に当てることは不可能に近いです。

元々パワーを要求される阪神競馬場に加え、開催最終週で芝が荒れ、雨が降りやすい時期に行われるため速いタイムが出やすいパンパンの良馬場で行われることがほとんどありません。つまり日本の競馬のメジャーなレース条件(早いタイムが出る)で連勝してきたような勢いだけの馬が実は通用しにくいレースが宝塚記念なのです。

各ステップレースの寸評

鳴尾記念はストロングタイタンがレコード勝ちしたが、低レベルメンバーでコース取りの上手さで勝っただけ。よって当レースに出走した馬は上位評価はできない。

目黒記念は東京の長距離戦らしくスローの瞬発力比べで決まったレースで、位置取りと高速馬場適性が求められただけで、消耗戦になりやすい宝塚記念とは全く異なる能力が問われた一戦だった。よってその適正を活かせた上位馬は着順ほど評価はできない。

天皇賞は例年の通り先行馬なら高速適性、差し馬なら瞬発力に特化した馬でないと勝負にならないレースだった。どちらの適性もないのに3着に来たクリンチャーが出走してくれれば自信の本命にする予定だったがw

大阪杯はスワーヴリチャードのせいでw、特殊な展開になり非常に判断が難しいレース。ただ掲示板に乗った馬のうち大外強襲してきたミッキースワローを除いて3、4コーナーをインで器用に立ち回った馬が来ていたように思える。ステップレースの中ではメンバーレベルは随一。ここでの着順は度外視してもいいのでは?

展開予想

逃げ宣言のサイモンラムセスがハナ、2番手にノーブルマースですんなり納まりそう。人気どころではパフォーマプロミスが前目で、サトノダイヤモンドとヴィブロスが中団、キセキが後方だろう。3角入り口までは単調なややスローペースになるのではないか。スローの瞬発力勝負を嫌ってダンビュライトまたは前走よりかかり癖が出始めたキセキが早めに前を突くことも考えられる。いずれにせよ短い直線と混戦模様が各騎手に意識され例年の通り3~4角で激しい攻防戦が繰り広げれそう。スタミナに不安のある馬の前残り、歴史的名馬(オルフェーヴルやディープインパクト)以外の大外一気は通用しないと見る。

結論

本命はこの程度のメンバーならサトノダイヤモンドが巻き返す。2016年有馬記念でキタサンブラックをその作り出すペースに自ら入っていって捻じ伏せた実績を忘れてはいけない。今年の2戦は確かにその実績に泥を塗るような走りであったが、金鯱賞は苦手な休み明けとスロー瞬発力勝負(キャリアを重ねるごとにズブくなっている)、それに道中の位置取りと4角の大外回しのロスが響いた。大阪杯もラストは瞬発力比べになる展開と何より騎手が下手に乗り過ぎた。それを差し引いても直線伸びを欠いていたことに若干の不安があるが、スピードタイプのペルシアンナイトとアルアインが2、3着に来るあたり、ステイヤータイプのサトノダイヤモンドにとって適性外のレースであったとも捉えられる。例年の宝塚記念のように3~4角で出入りの激しい消耗戦になることを想定すれば楽勝までありえる。不動の本命。
ちなみに瞬発力勝負に弱く消耗戦に強いことは、神戸新聞杯の危ない勝ち方と菊花賞の楽な勝ち方を見比べてみると分かりやすいw

次に相手本線の3頭。

ダンビュライトは宝塚記念のために生まれてきたような適性の持ち主である。消耗戦に強いのは皐月賞や菊花賞でハイペースの中、先行してさらに早仕掛けをして掲示板に残っているので明らか。サトノダイヤモンドで説明したように大阪杯は苦手な瞬発力勝負では6着も目をつぶれる。足りないスピードと瞬発力は馬場と展開と前で競馬できる脚質で補えて有り余る。サトノダイヤモンドが圧勝しても不発に終わってもこの馬が2、3着に残っていることしか想像できない。3連系しか馬券を買えないのなら当馬を本命にしたいくらいw

ステファノスはつかみどころのない馬だがこれまでG1は2着3回、3着2回とこのメンバーでは実績上位だ。ディープインパクト産駒にしては決め手が乏しくサトノダイヤモンド同様キャリアを重ねるごとにキレがなくなっている。そんな馬が位置取りと瞬発力だけが求められた新潟大賞典での11着も位置取りが11番手だったので仕方がない。実績に対して人気がないので、ズブさが増した弱点はピークが過ぎたのではなく宝塚記念への適性度が高まったとポジティブに捉えるべき。今年G1で絶好調の岩田騎手の得意のイン突きに期待したい。

相対的に評価を上げたいのがスマートレイアーである。人気のヴィブロスとエリザベス女王杯でタイム差なしの勝負をしているのにこちらは全く人気がない。牡馬相手に鳴尾記念2着、京都大賞典1着(しかもシュヴァルグランに先着)があり実績は十分。後者の勝ち方から瞬発力タイプに見られがちだが、一時期は逃げて活躍したこともあり持久力もある。前走の天皇賞も絶望的な大外枠から直線だけでよく7着に来た方だ。宝塚記念に完全マッチした適性があるか疑問も(少なくとも前述のヴィブロスよりはある)、自在な脚質から気楽な一発が怖い。

次に抑えの4頭を軽く。

実績で言えば2番目と思われる香港馬ワーザー。適性外距離1600mを経由しての参戦は明らかにここを狙ったローテーションで怖いが、ピークを過ぎた感とやはり慣れない輸送で力を発揮できるか疑問。

ミッキーロケットは神戸新聞杯でサトノダイヤモンドを苦しめた瞬発力タイプだったが最近はズブさも出てきた。天皇賞と同じようにコースロスを徹底的に除いた乗り方をすれば再度の好走もありえる。

アルバートは万が一究極の消耗戦になった場合に備えて抑えておきたい。ここ2戦は適性距離を使われて結果が出てないが、阪神大賞典は仕掛け遅すぎ(瞬発力ないのにそりゃないだろ福永w)、天皇賞は終始大外を周りスピードも足りなかった。今回は距離が適性より短いものの差し馬もバテるような展開になった場合突っ込んで来るのはこんな馬だ。

最後にゼーヴィント。目黒記念では騎手のミスにより直線バックギアに入れたかのように下がってから良く差を詰めてきた。この馬も瞬発力があるタイプでないことから宝塚記念への高い適性が期待ができる。実績は微妙もG1に滅法強い池添が乗るなら抑えておきたい。

予想まとめ
◎3サトノダイヤモンド
○8ダンビュライト
○1ステファノス
○14スマートレイアー
▲6アルバート
△13ワーザー
△4ミッキーロケット
△15ゼーヴィント

軽視した人気馬について

キセキは菊花賞を勝ったが本当に強いの?
昨年の菊花賞は異例の馬場と展開で、道中の位置取りが前だった馬、仕掛けが早かった馬から脱落していったレースだった。同レースに出走していたダンビュライトは不利な前目の位置取りかつ早めの仕掛けで5着に残った。キセキはその逆の戦法で1着。どちらが価値があるかは言うまでもない。
何となく菊花賞馬は強いというイメージと宝塚記念は8枠がよく来るというデータの後押しで、思考停止野郎から買われて2番人気なら、デムーロに恐れず思い切って消したいw

パフォーマプロミスはなぜ人気になっているのかさっぱり分からない。宝塚記念への適性はなくはなさそうだが実績が足りな過ぎる。G2日経新春杯を勝っているが軽ハンデ(54k)で展開にも恵まれデムーロ騎手が上手乗ったレースである。買える根拠に乏しい。藤原厩舎×戸崎騎手の好コンビやステイゴールド産駒(データ的によく来ている)ってだけで思考停止した連中が買っているのか?
G1においてこのような実績<人気の馬は常に切るべき。そういう馬を買ってそのレースで的中できても、長期スパンでは必ず馬券収支はマイナスになることは長年の経験から断言できる。

ヴィブロスはスマートレイアーの説明で触れたが相対的に評価を下げただけでなく、完全瞬発力タイプのため宝塚記念への適性がないと見て切る。また国内牡馬混合戦において実績が乏しすぎるし距離がやや長い。
売れているのはやはり思考停止のデータ厨(ディープインパクト産駒の牝馬がよく来る)が買っているのだろうw

That’s all.


コメントを残す