【競馬予想2018年】安田記念はスワーヴリチャードが格の違いで押し切る




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)@競馬ブロガーです。

先週の日本ダービーに続き今週も競馬予想をしてしまいます。

【競馬予想2018年】日本ダービーはワグネリアンの差し切りに期待する

2018.05.27

だって、自分の好きな事や他人より詳しい事について専門家気取りで記事書いている時って、自己肯定感の小さい自分にとって数少ないイキってられる時間ですからね。

きっと悦に入ってセロトニンが出まくっていることでしょうw

ちなみに、ツイッターのとあるフォロワーさんから「今週も予想記事楽しみにしています!」というダイレクトメッセージを頂いたことも、当初予定していなかった2週連続で競馬予想記事を書くことを後押ししてくれました。

もう勢いで今年のJRAのG1レースは2歳限定戦を除いて予想記事を書いてしまおうと思います。

ということで本日は安田記念(東京競馬芝1600m)が行われます。

スポンサードリンク



安田記念の予想スタンス

東京競馬場の芝1600mは昔から2000mくらいで通用する馬でないと勝てないと言われています。最近の安田記念の勝馬を見ると決してそうとは限らない馬もいますが、同じ1600mのG1マイルチャンピオンシップ(京都競馬)と比較すれば実際の走行距離より長い距離の適性が求められます。それは京都競馬場が最後の直線が平坦コース(坂がない)になっているので、スピードタイプの馬が先行してそのままゴールまで駆け抜けやすいことに対して、東京競馬場は直線が長くさらに緩やかながらも上り坂があるコースとなっているので、スピードタイプの馬とりわけ1600mがピッタリとか限界の馬にとってゴールまでそのスピードを保つことは容易ではないのです。

同じ東京競馬場1600mのG1レースは他に2つあり、NHKマイルカップは3歳馬限定戦、ヴィクトリアマイルは牝馬限定戦となっており、決して選りすぐりでない出走メンバーの質からか展開によっては短距離型のスピード決着になることも多々ありますが、安田記念は古馬混合戦でベストマイラーと中距離型トップホースも参戦してくるのでやはり前述したように1600mより少し長い距離での実績がないと長い直線スタミナ切れをおこすでしょう。

早いタイムが出るように芝を固められた昨今の東京競馬場ではもちろんそれなりのスピードと瞬発力が必要なことは言うまでもありません。中距離実績だけでは中団か後方のまま差してくることもバテることもなくただ周ってくるだけでレースが終わってしまいます。

つまり、スピード、瞬発力、2000m程度をこなせるスタミナ、長い直線を乗り切るスピードの持続力(単なるスタミナとはちょっと違いますが表現が難しい)といったサラブレッドの総合能力が問われ、一介のスピード馬や総合的にみて格下馬の激走はそうそうないという予想スタンスでいきます。

各ステップレースの寸評

まずは昨年からG1に昇格された大阪杯が他のステップレースのレベルを圧倒しているでしょう。そこで1、2着だったスワーヴリチャードペルシアンナイトは当然有力です。

ヴィクトリアマイルはスローの瞬発力勝負の低調なレース。瞬発力のないスピード馬アエロリットと位置取りが後ろ過ぎたリスグラシューにとって展開が向きませんでしたが、近年の安田記念で通用した牝馬となると歴史的名牝のウオッカくらいなので、この2頭の巻き返しに期待するのは厳しいでしょう。

マイラーズCはレコードタイムが出たように完全にスピード決着。常に1600mG1で安定していたエアスピネルを3着に下したサングレーザーモズアスコットは4歳になり明らかに本格化。中距離に全く実績がないところが気になるところ。

京王杯SCは勝ちタイムこそ速いものの、1番人気にダンスディレクターが支持される(15着)くらいの低レベルの一戦。そこで最も苦しい競馬をしたグレーターロンドンだけは安田記念で狙えると思っていましたが当馬は出走回避しており、他にめぼしい馬も見当たりません。

その他、外国のレースについては、よく分からないので割愛しますw

展開予想

出足のスピードが速いアエロリットの好枠もあり、逃げ宣言をしている大外枠のウインガニオンは出足が遅いので先手を取るには相当押していく必要があり、ひょっとすると前者が逃げる形になるのではないか。どちらが逃げるにしても騎手の性格の加味して平均かややスローになるだろう。

その2頭の後ろには出遅れなければ出足の速いモズアスコットと先行して香港G1で実績を残してきたウエスタンエクスプレスが続く。一緒かすぐ後ろには好枠を活かしてダッシングブレイズレーヌミノルキャンベルジュニアあたりか。

中団から後方は、出遅れないことを前提に、スローから平均ペースの団子状態になることを考えると、コーナーワークで内枠の馬から順番が決まっていくのではないか。出遅れ癖がある1枠2頭は出遅れたら致命的な位置取りに、外枠のサングレーザーは普通のスタートを切っても団子状態馬群の外々を回され後方の位置に追いやられるのではないか。

4コーナーから直線入り口、関東の競馬場だと思い切りがいい戸崎騎手アエロリットが前走の反省を活かしてスローの瞬発力勝負を避けるために後方勢の仕掛けを待つことなく先に動きそう。スピードと瞬発力勝負は避けたい中距離実績のあるスワーヴリチャードリアルスティールもそれと同時か早めに動いているはず。そうなると瞬発力型と格下のスピード型には厳しい展開になり、最後の直線は東京競馬場らしく追ってバテないタイプの馬が有利になるのではないか。

結論

出遅れのリスクを承知でこのメンバーでは格上(というか現役最強)のスワーヴリチャードの押し切りにかけてみる。

初の1600mの出走に関しては、もしハイペースの縦長の展開になりそうなら道中ついていけず4コーナー周ったところで物理的に追いつけない位置取りになるので軽視するが、展開予想で述べたように今回は当馬でもついていけるようなペースになりそうなので、持ち前の早め仕掛けの直線持久力勝負に持ち込み他のスピード自慢の馬をねじ伏せると見てる。出遅れ不安については、左回りコースだとなぜか出遅れずいつも中団の位置につけられているので楽観視する。出遅れ癖や初の1600mの不安がオッズに織り込まれ、総合能力からすると1番人気でも十分妙味のあるオッズになっている。ひねらず素直に本命にすることが正しい予想だろう。

本命馬が力の違いを見せつける勝ち方をするのであれば、単調なスピード型や瞬発力だけに長けた馬は軽視したい。そこで相手本線にはまず中距離G1馬のリアルスティール。この馬は中距離だけでなく1600mでも通用するスピードと瞬発力も持っていることは毎日王冠での上がり32.8を出していることや、オルフェーヴル引退後の1600~2000mの最強馬(と勝手に思っている)モーリスに0.2差2着の天皇賞のレースから明らかである。一昨年の安田記念は大敗したが海外レース1着後でその年3戦目で臨んだレースであり疲れが残っていたので度外視。今年は2戦目でフレッシュさもあり、往年の手綱さばきが戻った感がある岩田騎手が乗ることもプラス。外を回されたとしても中距離実績でカバーできる。本命にしてもいいくらいの自信の相手筆頭。

次に中距離実績がないものの追ってバテないレッドファルクス。実績だけ見ると1200mG1を2勝しているように1600mよりも短距離指向だが、その走りはおよそ短距離馬ではない。騎手のゴーサインに反応するのが遅い(瞬発力が足りない)のに1200mG1を勝てるのはそれ以外の能力が高いからに他ならない。血統や気性もしくは厩舎方針でたまたま短距離中心に使われてきただけでそもそも1600m以上に適性があるとみる。ちょうど近年の最強短距離馬ロードカナロアの瞬発力足りない版と言った方が分かりやすいか。(ロードカナロアも短距離路線から安田記念に出走して勝利)前走の高松宮記念の8着は珍しくデムーロ騎手の位置取りコース取りミスと不利もあった。年齢的な衰えもあるのでは?というオッズになっており妙味があり過ぎる。

モーリス引退後の国内1600m路線は明らかにレベルが下がっており香港のレベルの方が圧倒的に高かった場合、外国馬ウエスタンエクスプレスも侮れない。海外レースはほとんど見ていないので多くは語れないが実績を考えたら明らかに舐められたオッズになっている。上記2頭に比べたら自信はないが妙味を優先するなら買うべきだろう。

抑えとしては、特に嫌う材料はない実績馬ペルシアンナイト。あえて言うなら3度のG1連対は全て騎手の神がかり的な騎乗と展開に助けられた要素が大きいことであろう。紙面上の記録では最も弱点がないように見えるが、実際のレースを見るとそうでもない非常に危なっかしいものだ。新聞のみの情報で予想するライトファンや下手くそ予想屋に買われオッズ妙味がなさすぎて積極的に買いたくない。しかし切ることもできない。

次にリスグラシューもそんな馬だ。こちらは紙面上でなく最近のレース、ヴィクトリアマイルの2着が素人目にも強い競馬をしたと思わせる内容だったので買われている。そもそも同世代の牝馬限定戦で勝ちきれない馬を古馬混合G1で人気で買いたくないものだ。繰り返すが安田記念で牝馬で通用したのは過去10年でウオッカのみである。中距離にも実績があるので嫌々抑えておく。

データ的にも展開的にも望み薄だがレーヌミノルダッシングブレイズは脚質と枠順だけで抑えておきたい。前者はさらに腐ってもG1馬(同じ距離の桜花賞)で昨年のマイルチャンピオンシップでもあわやの4着に好走した。忘れた頃に大穴をあける和田騎手にも期待する。後者はさらに厳しいが流石に最低人気は可哀想だw。とにかくインベタに拘ったときの北村騎手は上手いので無理矢理そこに期待してみる。

予想まとめ
◎1スワーヴリチャード
○7ウエスタンエクスプレス
○9レッドファルクス
○11リアルスティール
▲3ダッシングブレイズ
△5ペルシアンナイト
△6レーヌミノル
△14リスグラシュー

軽視した人気馬について

アエロリットはそもそも能力不足である。安田記念と同距離同コースのG1NHKマイルカップを勝ったが、同世代限定レースであり、スピードと器用さを活かし切った内容でそれが通用するメンバーであった。その後中距離で2度好走しているがいずれも少頭数で競ることなく気分良く先行した結果縦長の隊列になり後方勢が物理的に届かない展開となったことに助けられただけだ。今回は多頭数で予想される不利な展開とオッズを考えると買う価値が全くない。

サングレーザーは8戦連続馬券内に好走と前走で実績上位馬エアスピネルを破っており実力は通用しそうだが、ここ数戦はほとんどインコースを通り直線だけ上手に外に出して瞬発力でちょい差ししてきた勝ち方がどうも気に食わない。今回は外枠を引いたことと初の東京競馬場の長い直線である。今までの好走を助けてくれた戦法が取りにくい条件が揃ったのである。先週の日本ダービーのように福永騎手の神がかり的な騎乗に期待するにはオッズが低すぎる。もしかしたら小細工なしでも通用する強い馬に成長している恐れはあるが、実績の割に期待が先行し過ぎている馬はやはり買いたくない。こういう馬は常に勇気を持って消していくことが長期的に馬券で勝つコツである。

That’s all.

ツイッターやってます。


コメントを残す