【馬券収支】2020年競馬成績





基本的に2歳戦を除いた重賞レースの予想をnoteで公開しています。(2020年は全111レース)
実際、その予想通りに買った馬券(主に3連単、3連複がメインで、その他オッズの高い馬連、馬単をピックアップして購入)の成績をまとめてみました。

スポンサードリンク



2020年の馬券収支と予想成績

儲け視点の成績(馬券収支)と、予想視点の成績(予想成績)に分けてみました。

馬券収支

  • 累計購入額:408,700円
  • 累計払戻額:596,160円
  • 収支:+187,460円
  • 回収率:146%

プロ並みどころかそれ以上やんけ!www
(全競馬ファンの平均回収率は約75%、1億5千万円を稼いだと言われる卍氏でも回収率は110%以下らしいので)

予想成績

純粋な馬券的中率と予想の肝でもある本命馬の成績に分けました。

馬券的中率

  • 馬券購入レース数:111回
  • 馬券的中レース数:20回
  • 的中率:18.0%
    (2019年は9.3%)

的中率が前年比2倍になった理由は、出走表見てパッと穴馬が見つからなかった場合、素直に人気どころを買うように心がけた成果でしょうか。
(最近の馬券ファンは上手で、それが人気に反映されているので)

本命馬成績

  • 勝率 :23.4%(22.9%)
  • 連対率:37.8%(31.3%)
  • 複勝率:48.7%(39.8%)
  • 単勝回収率:116.9%(97.7%)
  • 複勝回収率:99.3%(75.0%)

(カッコ内は前年の成績)

単複の回収率もさることながら個人的には複勝率が凄いと思ってます。
なにせ本命馬が約2回に1回は3着以内に入ってるので、3連複馬券が当たりやすいということです。

2020年の月別馬券成績

2020年に馬券を購入した全111レースの記録です。
各一覧表の「着」列は本命馬の着順です。

1月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
中山金杯 10 2,900 0 -2,900 0%
京都金杯 17 2,900 0 -2,900 0%
シンザン記念 7 1,700 0 -1,700 0%
フェアリーS 13 1,500 0 -1,500 0%
愛知杯 5 2,700 0 -2,700 0%
日経新春杯 11 3,100 0 -3,100 0%
京成杯 2 1,700 0 -1,700 0%
AJCC 2 3,100 2,540 -560 82%
東海S 1 3,100 0 -3,100 0%
合計 22,700 2,540 -20,160 11%

2月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
根岸S 11 3,100 0 -3,100 0%
シルクロードS 4 2,900 0 -2,900 0%
東京新聞杯 6 3,100 0 -3,100 0%
きさらぎ賞 2 1,700 10,290 8,590 605%
共同通信杯 2 1,700 2,460 760 145%
京都記念 5 3,300 0 -3,300 0%
ダイヤモンドS 2 3,300 0 -3,300 0%
京都牝馬S 1 3,300 0 -3,300 0%
フェブラリーS 3 6,000 0 -6,000 0%
小倉大賞典 9 2,700 0 -2,700 0%
合計 31,100 12,750 -18,350 41%

3月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
中山記念 1 2,900 3,220 320 111%
阪急杯 5 3,300 0 -3,300 0%
オーシャンS 1 2,900 2,360 -540 81%
チューリップ賞 6 1,900 0 -1,900 0%
弥生賞 3 2,500 420 -2,080 17%
ファルコンS 11 1,900 0 -1,900 0%
中山牝馬 1 3,300 0 -3,300 0%
金鯱賞 1 2,900 0 -2,900 0%
フィリーズレビュー 4 1,700 0 -1,700 0%
フラワーC 6 2,100 0 -2,100 0%
スプリングS 2 2,300 0 -2,300 0%
阪神大賞典 7 2,900 0 -2,900 0%
日経賞 7 3,300 0 -3,300 0%
高松宮杯 10 5,000 0 -5,000 0%
合計 38,900 6,000 -32,900 15%

4月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
ダービー卿 1 3,500 130,350 126,850 3724%
大阪杯 7 6,200 0 -6,200 0%
NZT 13 1,900 0 -1,900 0%
阪神牝馬S 5 3,100 0 -3,100 0%
桜花賞 1 5,500 0 -5,500 0%
アーリントンC 3 1,900 0 -1,900 0%
アンタレスS 14 2,700 0 -2,700 0%
皐月賞 2 4,500 0 -4,500 0%
福島牝馬 12 3,300 0 -3,300 0%
フローラS 2 2,100 0 -2,100 0%
マイラーズC 1 2,700 15,900 13,200 589%
合計 37,400 146,250 108,850 391%

5月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
青葉賞 8 1,900 0 -1,900 0%
天皇賞 6 9,500 0 -9,500 0%
新潟大賞典 9 3,300 0 -3,300 0%
京都新聞杯 4 1,700 0 -1,700 0%
NHKマイルC 14 4,900 0 -4,900 0%
京王杯SC 3 3,300 0 -3,300 0%
ヴィクトリアM 1 4,600 0 -4,600 0%
平安S 3 3,500 0 -3,500 0%
オークス 1 5,200 0 -5,200 0%
ダービー 2 8,000 7,440 -560 93%
目黒記念 2 3,500 0 -3,500 0%
合計 49,400 7,440 -41,960 15%

6月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
鳴尾記念 10 3,300 0 -3,300 0%
安田記念 13 7,000 0 -7,000 0%
エプソムC 6 3,100 0 -3,100 0%
マーメイドS 3 3,300 18,460 15,160 559%
函館SS 4 3,200 0 -3,200 0%
ユニコーンS 2 1,700 0 -1,700 0%
宝塚記念 17 9,900 0 -9,900 0%
合計 31,500 18,460 -13,040 59%

7月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
CBC賞 3 3,100 0 -3,100 0%
ラジオNIKKEI賞 6 1,700 0 -1,700 0%
プロキオンS 8 3,100 0 -3,100 0%
七夕賞 9 3,100 0 -3,100 0%
函館記念 11 3,300 0 -3,300 0%
中京記念 4 3,100 0 -3,100 0%
アイビスサマーD 5 3,500 0 -3,500 0%
クイーンS 10 3,700 0 -3,700 0%
合計 24,600 0 -24,600 0%

8月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
レパードS 12 2,500 0 -2,500 0%
エルムS 7 3,100 0 -3,100 0%
小倉記念 11 3,300 0 -3,300 0%
関屋記念 1 3,300 115,280 111,980 3493%
札幌記念 1 3,100 12,250 9,150 395%
北九州記念 13 3,700 0 -3,700 0%
キーンランドC 10 3,500 0 -3,500 0%
合計 22,500 127,530 105,030 567%

9月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
新潟記念 2 3,700 0 -3,700 0%
京成杯AH 16 3,700 0 -3,700 0%
セントウルS 3 3,100 0 -3,100 0%
ローズS 1 2,500 0 -2,500 0%
セントライト記念 1 2,700 14,600 11,900 541%
オールカマー 1 3,300 24,310 21,010 737%
神戸新聞杯 1 2,100 0 -2,100 0%
シリウスS 16 3,300 0 -3,300 0%
スプリンターズS 13 5,900 0 -5,900 0%
合計 30,300 38,910 8,610 128%

10月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
毎日王冠 1 2,700 0 -2,700 0%
京都大賞典 1 3,500 3,280 -220 94%
府中牝馬S 8 2,700 0 -2,700 0%
秋華賞 1 4,300 0 -4,300 0%
富士S 1 2,900 0 -2,900 0%
菊花賞 7 5,500 0 -5,500 0%
スワンS 2 3,100 77,820 74,720 2510%
天皇賞 12 5,900 0 -5,900 0%
合計 30,600 81,100 50,500 265%

11月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
アルゼンチン共和国杯 2 3,500 0 -3,500 0%
みやこS 1 2,900 53,400 50,500 1841%
武蔵野S 14 3,100 0 -3,100 0%
福島記念 8 3,700 0 -3,700 0%
エリザベス女王杯 3 5,100 0 -5,100 0%
マイルCS 2 4,700 0 -4,700 0%
京阪杯 1 3,100 0 -3,100 0%
ジャパンカップ 8 8,000 0 -8,000 0%
合計 34,100 53,400 19,300 157%

12月

レース 購入額 払戻額 収支 回収率
ステイヤーズS 13 3,300 0 -3,300 0%
チャレンジC 3 3,500 270 -3,230 8%
チャンピオンズカップ 1 5,200 0 -5,200 0%
中日新聞杯 3 3,800 0 -3,800 0%
カペラS 1 3,900 0 -3,900 0%
阪神JF 4 4,000 0 -4,000 0%
ターコイズS 2 4,100 0 -4,100 0%
朝日杯FS 7 5,300 0 -5,300 0%
阪神C 1 4,100 99,610 95,510 2430%
ホープフルS 3 3,300 1,900 -1,400 58%
有馬記念 5 15,100 0 -15,100 0%
合計 55,600 101,780 46,180 183%

2020年の予想を振り返る

会心のレース

12月の阪神Cです。

このレースは出走表見て、単勝1.5倍の断然人気インディチャンプは2枚ほど実力が上も、久々の1400mで追走に苦労し先行馬が残りやすい馬場で差し届かず3、4着というイメージがすぐつきました。(結果3着)
そして肝心の本命馬の選択も、久しぶりの得意コースで巻き返しの可能性が高そうなダノンファンタジー(4番人気)に迷うことなく決まりました。(結果1着)
同様に牝馬クラシック路線の中距離から得意の短距離で先行すれば堅実なマルターズディオサも相手本線に選べました。(結果2着)
この予想にかけた時間は5分程度で3連単600倍的中ですから会心の予想といっていいでしょう。

https://twitter.com/kyokutou_manbo/status/1342728181715927040

反省のレース

ダートG1チャンピオンズCです。

このレースは前年の同レースの上位馬がほとんどが出走するので、ヒントはその2019年チャンピオンズCにあると見ました。
断然1番人気のクリソベリルは地方戦では2着を離して圧勝しているものの中央のG1勝ちの当レースにおいては僅差でした。しかもインでロスのない恵まれた競馬をして。
ということは5着以内に入った馬でもっとも不利な展開に泣かされた馬で逆転可能と考え、直線F騎手の痛恨のミス(進路を塞がれ一旦ブレーキを踏んで進路変更する大きなロス)により4着に負けたチュウワウィザードを本命にしました。(結果1着)
そして相手本線の1頭として、やはり前年同レースを3、4コーナーを外々回ったコースロスがあったのに僅差の2着だったゴールドドリームを選択できました。(結果2着)
しかしここから予想の最後の詰めが甘く、前年同レース3着だったインティを逃げ先行有利の中京ダートで展開にも恵まれただけと判断して安易に馬券の対象外としてしまいました(結果今年も3着)
この3頭の決着で3連単2000倍を取り損ねたショックは大きく一週間ほど尾を引いてましたw
なぜそんなにも後悔の念が強いかと言うと、競馬を予想するうえで以下2点の心得を持っていたはずなのに今回それを無視してしまったからです。

  • 逃げ先行馬は展開に恵まれやく実力以上の結果を出しやすい(逆に差し追込み馬は馬群を捌いたりコースロスが大きくなる等で展開利を活かせるとは限らない)
  • 過去に同格、同距離、同競馬場で3着以内の実績がある馬は競争能力に衰えがあっても再度同じ条件で好走しやすい。(特に非根幹距離やローカル競馬場なら顕著)

前年同レースを逃げて3着だったインティは無条件で馬券に組み入れないといけない馬だったんです。しかも騎手は武豊大先生。

ということで来年2021年以降同じ過ちを繰り返さないよう、いつも馬券を買っているPCに向き合った際に視界に入る所に前述の心得を張り紙しておきました。

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す