わたしの貯蓄経歴書




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)です。

色々とためこむことが好きです。

子供の頃からストレスとお金を貯めるのが上手で、それに加えて社会人になってからは仕事も溜めるようになりましたw(とにかく仕事が遅いんだな)

 

さて先日、理由あって自分のこれまでのお金関係イベントやその時の貯蓄額を振り返る機会がありました。

せっかくなので整理してブログで公開したいと思います。

スポンサードリンク



年表

年齢 貯金額
(万円)
主にお金・節約・お仕事イベント
22 0 ・大学卒業も就職先見つからず(超氷河期のせいにしておく)無職引きこもり生活。
・学生時代にパチンコ屋のバイトで貯めたお金150万円を使い切る。
23 0 ・零細IT企業に就職。
・親に借金して20万円のボロボロの中古車を購入。 
・民間の医療・死亡保険に当然のように加入する。
26 200 ・貯金500万円達成。
・300万円の新車購入。 
27 300 ・転勤が嫌で退職。 
28 150 ・無職引きこもり。
29 200 ・堪え性がなく職を転々とする。
30 400 ・現在の勤務先に就職する。
・30歳の平均年収には未到達も自身の最高年収であることから会社にへばりつくことを決意!
~32 1000 ・深夜残業代、休日出勤手当で2人分程の給料を稼ぎ貯金1000万円達成するも、ストレス解消にいつ着るか分からないクソダサい服の購入や風の人の谷の産業にお世話になり散財しまくる。
~34 1200 ・管理職(当然名ばかり)になり、各種手当が入らなくなり手取り年収が大幅に下がる。 
変わらない激務に慣れない管理業務が増え精神的に落ちるところまで落ちる。
・精神科で診断書を貰い毎日定時退社(残業禁止)を繰り返していたら、当時の上司に密室で「お前は給料泥棒だ。みんなもそう思っている。定時退社するくらいなら休職しろ」と詰められる。○意を覚えるもグッと堪える。
~36 1500 ・人生で最もコスパの高い消費であったと自信を持って言えるレーシックを受ける(23万円)。
・数年ぶりに恋人できるが、彼女の二股カミングアウト(これからも二股継続したい)により1年で破綻。もう恋人作るとか結婚を考えたりすることは止めて、お金を貯めることに集中するという悲しい決断をする。
・地銀に1000万円の定期預金を行う。
37 1700 ・初の一人暮らしを開始。
・引っ越し費用(家具家電購入も含む)の50万円を競馬で稼ぐw
・定期預金の受け取り利息が数百円であることから投資(資産運用)の必要性に気づく。
・投資の勉強をせず、安易に銀行窓口で資産運用の相談をしてしまい、ボッタクリファンドを購入(900万円)することになる。
38 2200

・投資について少しだけ勉強して、まともな投資商品(ノーロードかつ信託報酬の安いインデックスファンド)の積立を開始。
・同時に以下の節約行動や投資活動も開始する。

  • 民間の医療・死亡保険を解約
  • 自販機で飲料の購入を止める。
  • 日用品の全ては、ウエルシアで現金を使わず(Tポイントのみで)購入。
  • ドコモから格安SIMに切り替える。
  • 株主優待を利用
  • ふるさと納税を利用
  • 企業型確定拠出年金の運用を全てリスク資産にする
  • 近い将来かかる費用は口座を分けて毎月積立貯金する

・セミリタイアブログを読み、その生活に憧れる

~40 2800

・早期退職とその後の配当金生活を決意する。
・米国高配当株をメインとした投資に切り替える

41 3000 ・数年後に自動車購入を計画して専用の貯金を開始。
・つみたてNISAを開始。
・保有米国株の年間予想受け取り配当金が税引後2800ドルになる。

雑感

20代後半のクズっぷりったら凄いですねw

そもそも精神的に甘っちょろいのと、友人(そもそもほとんどいない)や家族との関係も希薄ゆえの心の支えが皆無なので、ちょっと辛い事があるとヘコたれて会社辞めるクセがついてました。

無職引きこもり生活が楽しく穏やかな時間を過ごせるのは最初の1ヶ月まででした。

やはり家族やご近所の視線が痛く突き刺さることと、せっかく貯めたお金の減り方の速さに精神が耐えられなくなります。

仕事してもキツイ、会社辞めてもキツイ。30歳を目前に人生どん詰まり状態でした。

幸運だったのは、自分史上最高年収の企業にたまたま転職できたことと、紆余曲折あり早期退職の目標ができたことでしょうか。

20代後半に味わった、「お金の心配と他人からの痛い視線」を気にすることなく自由に暮らすことを思い描けたことで、嫌で辛い仕事もなんとか辞めずに継続できているからです。

人生に目標や夢を持つことはキレイ事でなく自身を強くさせるんですね。

それと、月に1、2回は法律や社内規定の範囲内でちょくちょく上手に逃避する術も身に付きましたw

目標のために手段を選ぶ余裕なんてありません。

That’s all.

ツイッターやってます。


コメントを残す