【鉄の掟】株は健康な時にしか買ってはいけない




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)です。

11月の寒さじゃあないです。

滅多に風邪をひかない極東マンボも風邪をひきました。

数年ぶりの風邪です。

ちなみに40年以上生きてきて、インフルエンザは高校時代に1回だけ罹りました。引きこもりだから感染しにくいのでしょうw

お腹はすぐ痛くなります。

単純に食べ物が原因の場合と、神経からくるものが原因で。

骨折はしたことないです。

臆病者なので危ないことは一切手を出さず避けてきた人生だったので。

性病には罹ったこと・・・

やめておきます。

 

投資家のみなさんは体調が悪い時でも株を買いますか?

投資家でない人は体調が悪い時でも好きな事をしますか?

極東マンボは、体調が悪い時は株を買わないことと決めました。

決めたら「鉄の掟」として厳守します。

破ると、焼きごてで背中に「クソダサい」という焼き印を押されてしまうからです。

スポンサードリンク



健康でないと株を買ってはいけない理由

先に申し上げておきますが、あくまで極東マンボの場合であって、他の人にはほとんど当てはまりません。

役に立たないブログでごめんなさい。

本日(2017年11月15日)、米国株を買う予定でした。

ドル転もして、株を買うドルもたっぷり貯まりましたし、昨日保有株のほとんどが下落して値ごろ感も出てきたので、絶好の機会と言うほどではないものの、買うに値する条件が整っていました。

しかし気分が乗りません。

健康体でしたら、仕事が残っていてもほっぽり出して(オイ!)、ジム寄って運動、お風呂、そして帰宅して米国マーケットが開始する前にはPCモニターに張り付くのですが、今日はそうはいかないです。

「システムにログインしてポチポチ数回だから体調悪くてもできるんじゃないの?」と思われるでしょうが、極東マンボは以下のような変な買い方をするのです。

  1. マーケット開始直後の保有株13銘柄の株価をチェック
  2. 各々の銘柄に対して、現在の株価より少し下の値段で指値を決める
  3. 指値が決まったら、目標の購入後評価額になるよう購入口数を計算する
  4. 注文をする
  5. チャートでも眺めてじっと待つ(30分から1時間)
  6. 約定しない銘柄は②に戻る。②に戻る気力がなければ全ての銘柄に成行き注文にして寝る。

どうですか?

無駄に苦労の多い作業ですよね?

しかし、疲れるけど楽しいんです

極東マンボにとって、米国株の購入は一種の快楽的行為です。

その機会はひと月に1回あるかないかです。

不健康な状態では快楽も半減します。もったいないです。

だから健康な時しか買わないと決めました。

明日以降安く買いたいから株価下がって~

That’s all.


コメントを残す