40代ダメ男がアーリーリタイアについて考えをまとめてみた【目標編】




こんにちは。極東マンボです。

前回のアーリーリタイアの理由編に続いて、今回は目標編です。

まだ理由編を読んでいない方はこちらからどうぞ。

40代ダメ男がアーリーリタイアについて考えをまとめてみた【理由編】

2017.09.19

さて、アーリーリタイアを目指すことは決定したのですが、具体的に

  • いつ(までに)実現しようとしているのか?
  • そのために必要な資産はいくらなのか?

と言った目標があった方がモチベーションも上がると思うので、それについて考えてみます。

その前にセミリタイアについての考えをまとめます。

スポンサードリンク



セミリタイアを目標とはしない

リタイアにはセミリタイア、完全リタイアという考えがあります。

セミリタイアとは、少し働きながら悠々自適な生活を送ることと、極東マンボ的に定義しています。

しかし、「少し働く」という定義が難しくて、

  • 月に(または年に)いくら稼ぐの?
  • 何年続けるの?
  • 少しの時間とは言え、嫌な仕事をするの?

という疑問が出てきて、目標としないと言うか、しにくいんです。

それに対して完全リタイアの定義は、嫌な仕事(=労働)をせずに生活し続けることができる状態としています。

つまり分かりやすいので目標にし易いんです。

そしてその状態を定年前(早く=early)に実現することがアーリーリタイアと定義します。

人によってアーリーリタイアの中身はセミであったり完全であったりしますが、極東マンボの場合は完全でアーリーリタイアを目指します。

もし、趣味が高じて仕事となり収入を得ることになっても、それは完全リタイアとします。本人が仕事をしているという感覚がないことが重要です。

アーリーリタイアするための目標や条件

労働による収入がなくても生活できることが条件ですので、生活コストを計算してみます。

極東マンボは世間的にはきっと地味な生活をしており、お金のかかる趣味(車、ゴルフ、釣り、何らかのコレクション等)はありませんし、服装や身に着ける物もハイブランド品で固めるような下品なこともしません。それとちょっとストレスが溜まったからと言って「自分へのご褒美」という浪費の正当化もしません。

つまり生活コストは低い方です。ざっくり計算しても月15万円もあれば十分満足できるでしょう。15万円×12ヶ月=年180万円。まあこれに想定外の出費があることも踏まえ、年200万円あれば十分です。

仮に資産が1億円あったら?

投資しなくても50年生活できる計算になりますから、今からでも辞表を書くでしょうねw。

でもそれは宝くじでも当選しない限り無理でしょう。しかも愚者の税金とも揶揄される宝くじを買うことはないですから、可能性はゼロです。

50歳時点でいくらあれば、リタイア可能か?

まず自分が何歳まで生きるのかってことが問題ですね。最近では長生きリスクなんて言葉も聞くようになったくらいですから。

タバコは吸わないし酒も付き合い程度で、さらに元々健康な方(こればかりは本当に両親に感謝しています)ですが、一人暮らしのため食生活はあまりいい方ではないので、平均寿命からざっくり差し引きして80歳としましょう。

次にあと何年、何歳まで今の仕事が続けられる(我慢する)かですが、切り良く50歳とします。(あと10年もないがそれ以上の我慢は無理)

50歳でリタイアして80歳までの30年間いくらあれば生活できるかというと、単純計算では6千万円ですが今の総資産ではまず現実的ではありません。

米国株からの配当金を貰えるという前提で、再度50歳時点でいくらあればリタイア可能か?

ちょっとずるい考えですが、ラッキーなことがあれば50歳までに6千万円は無理でも5千万円なら可能とします。

そして現在、配当金目的に米国株に資金の多くをシフトしている最中です。5千万円分を米国株にフルインベストして3%の配当金を貰えると考えた場合どうでしょう?

(3%の配当利回りは決して無理な条件ではないですよ)

配当金を貰わなかったとしても5千万円あればそれだけで25年生活できます(もちろん米国株を売却して)。最初の5年だけ3%の配当を貰うとしたら年150万円。5年間頑張って150万円で生活するか、ストレスの伴わない仕事からの収入で年50万円(月4.2万円)を補てんすれば何とかなりそうです。

まとめ

最後はラッキーを前提にしましたが、最初の5年以降も配当は貰い続けられるので、50歳時点の資産5千万円に届かなくても大丈夫と考えます。

ですが身を引き締めるため50歳までに5千万円を当面の目標とします。

同時に大切なのは、ストレスを伴わない仕事からの収入(ここでは副収入とします)を得ることだと思います。50歳時点でいきなり月4万円以上の副収入を作れと言われても無理なので、今の段階からその準備を着々と進めておく必要性を強く感じました。

このブログだけでそれができれば万々歳なのですが・・・

それは無理でしょうw。そもそも文章を書くことが好きじゃないのは変わらなそうですし。

でもとりあえず、50歳までに5千万円の金融資産と年50万円の副収入の確保を目標とすることが明確になりました。

金融資産目標については、505計画と勝手に命名しました。

追記)アーリーリタイアを諦めてもよい条件

書き忘れたので、追記します。

以下条件を満たしたらアーリーリタイアを諦めても良いでしょう

  • 毎日定時退社が保証される(現在21時過ぎが当たり前)
  • 仕事の精神的負荷が感覚的に今の10%以下になる

そもそもこれらが期待できないからアーリーリタイアを目指しているんですけどね^^

That’s all.

 


コメントを残す