【住信SBIネット銀行】スマプロポイントは米国株投資家にとって都合良く貯まるぞ




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)@ポイント乞食です。

普段何気なく生活しているだけで勝手に貯まっていくポイントってありますよね。

現在最も熱心に貯めているポイントはTポイントですが、元々は意識せずいつの間にか貯まっていたから、ある日を境に意識するようになりました。

【毎月20分の作業】新生銀行でTポイントを毎月124pt取得する方法

2017.09.14

先日、住信SBIネット銀行から「極東マンボさまのスマプロポイントが加算されました」というタイトルのメールが届いていたのですが、気になって確認してみました。

ちなみに過去にも同タイトルのメールが複数あり、どうやらスパム系メールだと思って無視していたようです。(SBIさんごめんなさい)

スポンサードリンク



スマプロポイントが付与される条件

住信SBIネット銀行のスマプロポイント対象サービス
ポイント付与対象サービス 付与ポイント数
給与や年金の受取または定額自動入金サービス 30
口座振替(銀行引落し) 5
外貨積立(月1万円以上積立) 10
純金積立(月5,000円以上積立) 10

他にもVisaデビットカード利用や、スマプロランク4の判定、各種キャンペーンによりポイントが付与されるようですが、やや難易度高めです。

ポイントの交換対象との交換単位

交換対象は現金のみで、申請後口座に入金されるようです。残念、Tポイントに交換できて欲しかった(^^;)

ポイント価値は1ポイント1円相当で、100ポイント単位で、最低500ポイントから交換可能です。

ポイントの有効期限は、ポイント付与月の翌々年度3月末です。

ということは、最も短い有効期限は24ヶ月ですね。

米国株投資家にとって都合良く貯まる

住信SBIネット銀行のサイトで確認すると以下のようなポイント付与履歴でした。

日付 内容 ポイント
2017/6/21 スマプロポイント給振年金定額自動 30
2017/7/20 スマプロポイント外貨積立 10
2017/7/20 スマプロポイント給振年金定額自動 30
2017/8/18 スマプロポイント外貨積立 10
2017/8/18 スマプロポイント給振年金定額自動 30
2017/9/15 スマプロポイント外貨積立 10
2017/9/15 スマプロポイント給振年金定額自動 30
2017/10/16 スマプロポイント外貨積立 10
2017/10/16 スマプロポイント給振年金定額自動 30
2017/11/16 スマプロポイント外貨積立 10
2017/11/16 スマプロポイント給振年金定額自動 30
  合計 230

今年の3月くらいから米国株デビューして、不定期にドル転していました。

しかし面倒なのとドルコスト平均法で毎月一定額はドル転した方が合理的だと思い、定額自動入金サービス外貨積立を利用することしました。

このように自分にとって都合の良いサービスを利用しただけなのに、気づいたらスマプロポイントが貯まっていたのです。

これだけで毎月40ポイント貯まるので、13ヶ月継続できれば有効期限が過ぎることなくポイント交換ができますね。

まとめ

もしSBI証券で米国株投資(ETF含む)をしている、もしくは検討しているのなら、定額自動入金サービスと外貨積立を利用して定期的にドル転することをオススメします。

以下メリットがあります。

  • 毎月1万円からポイント付与対象になれる。
  • ドルコスト平均法によりドル転のリスクが軽減される(気持ち程度だが)。
  • 米国株を買うまでドルを(SBI証券に移動せず)住信SBIネット銀行に置いておくことで、わずかながら円より高い利息が発生する。

ちなみに極東マンボ個人的には、スマプロポイントは現金だけでなくTポイントに交換できると嬉しいです。

だってウェルシアでお買い物すれば1.5倍の価値になるんですもんw

【毎月20日はウエルシアの日】Tポイント1.5倍で今月買ったもの【買い物記録2017年10月】

2017.10.22

SBIさんどうかご検討をお願いします<(_ _)>。

もう少し資産が増えたら、純金積立も検討しますからw

That’s all.


コメントを残す