【毎月20分の作業】新生銀行でTポイントを毎月124pt取得する方法




こんにちは。極東マンボです。

みなさんはTポイントを貯めていますか?

極東マンボは鬼のように集めています。といってもポイント集めの行動が毎日の生活に組み込まれているので、あまり手間と思ったことはありません。

今回は、タイトルにある通り、毎月124ptのTポイントを取得する手順を紹介したいと思います。

今回紹介するのは、上記画像でいうところの、上4つの赤枠で囲まれた部分です。

それ以外は、リスクがあったり面倒そうだったりします。

つまり、ほぼ誰でも、簡単に、月124ptを獲得できる方法を紹介します。

スポンサードリンク



準備

まずは準備編です。最低限これだけは準備しないと124ptもらえませんよ。

①新生銀行の口座開設

当たり前です。

新生銀行はネット銀行の中でも以下のオススメポイントがあるので、そもそもTポイントを貯めていない人にもオススメです。

  • イーネットATM(ファミマにあるATMね)での入出金手数料がいつでも無料。
  • 毎月1回まで他行振り込み手数料が無料。

他にもメリットがあると思いますが、あくまで極東マンボ目線で、上記2個のメリットを知っただけで「口座開設に値する」と思い、即開設に踏み切りました。

②その他振込手数料のかからない銀行口座

新生銀行以外から新生銀行宛てに振込むことによってもらえるTポイントが100ptなので、別の銀行口座が必要になります。124ptのうち大部分を占めるので、ここが一番の問題にもなりますね。

これはネット銀行でなくても、振込手数料がかからない銀行であればメガバンクでも地銀でも大丈夫です。

注意点は100ptもらうには振込4回行う(25pt×4回)必要があるので、振込手数料無料回数が4回以上、もしくは無料回数1回の銀行口座を4つ準備してください。

きっと給与振込先の指定で振込手数料回数が増える等のサービスで、そういう口座も知らずに持っている方が多いと思いますよ。改めて、現在開設済みの銀行口座を確認してみてください。

ちなみに極東マンボは、住信SBIネット銀行のランクが3(下画像を参照)だったので、ここから新生銀行宛てに振込みを行います。

無理に4回の無料振込が行える銀行口座を開設する必要はないです。あくまで振込でもらえる最大のTポイントを狙う場合なだけですから。

極東マンボも住信SBIネット銀行のランクがたまに3に満たないことがあって、4回の無料振込ができない時がありますが、その時は仕方ないと諦めています。完璧を求めると疲れるだけなので、これくらいお気楽に望みましょう。

③余裕資金の4万1千円

振込には当然お金が必要です。当然ながら借金等をせず余裕資金を用意してくださいね。

内4万円は振込回数×1万円なので、自分は無料振込が3回しかできないっていう人は3万円の余裕資金があれば大丈夫です。

1千円は、イーネットATMで入金する際に必要になる分です。

新生銀行から124pt貰うために毎月行う手順

準備ができたところで、実際に毎月行う手順を紹介します。

①エントリーで1pt獲得(約3分)

新生銀行を開設すると、Tポイントをもらうために必要なエントリーを促すメールが、登録メールアドレスに毎月1日に届きます。

タイトルは「まずはエントリーで1ポイントゲット!【新生銀行】」です。

メール本文にエントリーページへのリンクがあるので、メール届いたらその場でエントリーしちゃいましょう!

主に新生銀行の口座番号、生年月日、T会員番号を入力するだけですので3分もあればできるでしょう。

(その他雑多な入力もありますが)

②ログインで3pt獲得(約2分)

新生銀行のインターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にログインします。

これだけです。2分もあればできるでしょう。

ちなみにスマホ認証版の新生パワーダイレクトの方がセキュリティ的にも画面デザイン的にもオススメです。

ですが、新生パワーダイレクトって名前ダサくないですか^^;?

③4回の振込で100pt獲得(約8分)

新生銀行宛てに1万円の振込を4回に分けて行います。

キチンと調べたわけではありませんが、1日に4回振込むともしかしたら1回のカウントになるかも知れないので、日にちを分けて4回振込むことをオススメします。

大抵は振込先を登録できると思うので、毎月の事ですし新生銀行を登録しておきましょう。

振込む際は登録先から選択するだけなので1回あたりの振込は約2分くらいでしょう。

④イーネットATMで入金して10pt獲得(約2分)

やっと1千円の出番がきました!

イーネットATMで1千円を入金します。

極東マンボの場合はファミマを利用しています。Tポイントを貯めている人ならファミマは利用していますよね。

あと当たり前ですが、入金するためだけに燃料を必要とする交通手段でお店に行かないでくださいね。

10pt(実質10円の価値)もらうために交通費(ガソリンも立派な交通費ですよ)かけるなんて残念すぎます。

通勤、通学、外出、その他諸々のついでにイーネットATM設置店に行けばいいだけです。

例えばついでに入ったファミマで、ATM操作をするだけなので約2分くらいでしょうね。

⑤イーネットATMで出金して10pt獲得(約2分)

ここで振込した額と入金した額の合計4万1千円を回収(こんな言い方してごめんなさい)します。

念のため入金した日とは別日で行ってくださいね。同日だとまたカウントの兼ね合いでポイントが入らなくなるかも知れないので。

入金と同じくイーネットATM設置店に行ってATM操作するだけなので、約2分でしょう。

⑥後始末(次の月の準備)(約2分)

124pt獲得したからと言ってここで終わりではありません。毎月当然のように124ptを獲得し続けてこそなんです。

出金して手元にある4万1千円をしょーもない消費(浪費)に使うことなく、振込元の銀行(極東マンボの場合は住信SBIネット銀行)に4万円を入金して戻しておきましょう。1千円も元あった場所(大抵は財布ですよね)に戻しておきましょう。

これもATM操作をするだけなので約2分くらいでしょう。

まとめ

毎月20分で124ptを獲得。・・・たったの時給372円です。

それにかける日数は最小で、

1日目・・・エントリー、ログイン、振込1

2日目・・・振込2

3日目・・・振込3、入金

4日目・・・振込4、出金、後始末

・・・4日もかかります。

これを見て「あー割に合わない」って思った方には正直オススメしません。

極東マンボ自身もそう思いましたが、なによりリスクが限りなくゼロで年に換算したら1,488円相当のポイントがもらえると考えたら、やらない手はないと思い実践しています。

こういう事って、生活サイクルの一部に組み込まれて(そうなるまで結構面倒ですが)しまえばこっちのものですので、コスパ低くても実践あるのみと考えます。

That’s all.


コメントを残す