【資産状況】2017年10月27日




こんにちは。極東マンボ(@kyokutou_manbo)です。

5回目の資産状況の報告です。

資産状況報告を毎週末か月末にするか当初迷いましたが、記録することが楽しいため、来月以降もこの頻度で続けたいです。

マーケットの状況が良好で自分の資産も順調に増えているから、こんなことを言ってられるのかも知れません。

今後必ず相場の調整はもちろん、場合によっては暴落に見舞われ、一時的もしくは長期的に自分の資産が元本割れすることでしょう。

そんな時でも、今までと同じく粛々と正直に資産状況を報告できる自分でありたいと思います。

ちなみに今週は月をまたぐので、11月1日に前月末との比較(9月末と10月末)のために投稿します。

スポンサードリンク



口座別全商品一覧

口座・商品 評価額(円) 前週比(円) 前週比(%)
<勤務先会社>      
社内預金 949,000    
確定拠出年金 1,587,725 △ 25,237 1.62
<東京海上日動(確定拠出年金)> 393,246 △ 1,274 0.33
<ゆうちょ(養老保険)> 1,500,000    
<じぶん銀行(定期預金)> 4,000,000    
<地銀>      
クソ国内リートファンド 824,769 ▼ 4,926 -0.59
ゴミバランスファンド 0    
カスエネルギーファンド 934,781 ▼ 30,169 -3.13
分配金と解約済額 7,217 △ 4,480 163.68
<住信SBIネット銀行>      
円普通 4,904,493 ▼ 99,907 -2.00
ハイブリッド預金 2,141,659 ▼ 74,664 -3.37
外貨預金 1,408,370 △ 132,194 10.36
<SBI証券>      
(4668)明光ネット 128,800 ▼ 5,800 -4.31
(8591)オリックス 192,250 △ 800 0.42
(8136)サンリオ 189,100 △ 500 0.27
(9832)オートバックス 194,100 ▼ 900 -0.46
(9412)スカパーJ 210,400 △ 800 0.38
(7192)日本モーゲージS 453,000 ▼ 20,000 -4.23
(4762)XNET 91,400 △ 400 0.44
(8963)INV 232,250 △ 185,650 398.39
(9318)アジア開発キャピタル 30,000    
(5721)エス・サイエンス 0 ▼ 39,000 -100.00
(6547)グリーンズ 140,200 △ 2,300 1.67
三井住友-香港ハンセン指数ファンド 32,289 △ 421 1.32
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド 9,743 ▼ 54 -0.55
大和-iFree S&P500インデックス 61,031 △ 35,483 138.89
大和-iFree NYダウ・インデックス 88,125 △ 16,809 23.57
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 84,445 △ 15,553 22.58
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 25,218 △ 3,550 16.38
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 19,152 △ 6,790 54.93
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 25,758 △ 3,618 16.34
野村-野村インデックスファンド・米国株式配当貴族 85,960 △ 16,144 23.12
ピクテ-iTrust 新興国株式 56,381 △ 4,823 9.35
SBI-SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型) 27,010 △ 5,762 27.12
SBI-EXE-i新興国株式ファンド 60,357 △ 4,991 9.01
SBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンド 173,947 △ 6,496 3.88
(CSCO)シスコ システムズ 234,799 △ 1,577 0.68
(IBM)インターナショナル ビジネス マシーンズ 471,616 ▼ 25,004 -5.03
(JNJ)ジョンソン & ジョンソン 467,327 ▼ 1,341 -0.29
(KO)コカコーラ 471,268 ▼ 2,462 -0.52
(MCD)マクドナルド 451,157 ▼ 1,804 -0.40
(MO)アルトリア グループ 450,107 △ 119 0.03
(PFE)ファイザー 218,500 ▼ 4,699 -2.11
(PG)プロクター & ギャンブル 435,291 ▼ 5,391 -1.22
(PM)フィリップ モリス インターナショナル 216,741 ▼ 6,989 -3.12
(T)AT&T 212,357 ▼ 9,482 -4.27
(VZ)ベライゾン コミュニケーションズ 227,737 ▼ 2,731 -1.18
(WMT)ウォルマート ストアーズ 230,492 △ 2,250 0.99
(XOM)エクソン モービル 456,695 △ 3,952 0.87
<松井証券(吉野家HD)> 187,600 △ 400 0.21
<ひふみ投信> 470,658 △ 11,930 2.60
<SMBC日興証券> 330,000    
<マネックス証券>      
買付余力 744,196 △ 67,018 9.90
世界経済インデックスファンド(株式シフト型) 0 ▼ 69,600 -100.00
SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン 32,618 △ 1,516 4.87
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 3,040 △ 970 46.86
iFree 8資産バランス      
たわらノーロード TOPIX 6,542 △ 1,135 20.99
たわらノーロード NYダウ 32,636 △ 1,718 5.56
iTrust新興国株式 11,161 △ 965 9.46
ピクテ・インデックス・ファンド・シリーズ -中国H株 30,769 △ 1,566 5.36
<カブドットコム証券>      
待機資金 354,063    
野村インデックスファンド・新興国株式 0    
野村インデックスファンド・米国株式配当貴族 0    
i-mizuho米国株式インデックス 35,472 △ 397 1.13
i-mizuho欧州株式インデックス 35,202 △ 156 0.45
i-mizuhoオーストラリア株式インデックス 27,735 ▼ 360 -1.28
i-mizuho東南アジア株式インデックス 40,685 △ 337 0.84
i-mizuho中国株式インデックス 40,795 △ 818 2.05
<DMMFX(ドル売)> 196,424 ▼ 11,748 -5.64
<GMOクリック(ドル買)> 457,240 △ 11,368 2.55
<ワンタップバイ>      
待機資金 4,000    
コストコ 4,029 △ 45 1.13
コーチ 4,013 ▼ 1 -0.02
ウォルトディズニー 3,949 ▼ 45 -1.13
スターバックス 3,974 △ 30 0.76
合計 28,863,064 △ 165,266 0.58

※為替レートは1ドル113.66円

集計

無リスク資産:14,934,628円(51.74%)
 うち流動性資産:12,485,628円(43.26%)

リスク資産:13,928,436円(48.26%)
 うち米国個別株:4,560,052円(15.80%)

合計:28,863,064円
 △165,266円(0.58%)

売買イベントや雑感

先週は、国内個別株の微妙なポジション調整と、個人投資家に大人気のバランス型ファンド(世界経済インデックス、iFree8資産バランス)を売却しました。

理由は利益確定やキャッシュポジションを増やしたかったのではなく、投資をしていくなかで自分には債券が不要と思えてきたからです。

バランス型ファンドには一部債券が組み入れられています。

債券は不要と思っているのにも関わらず、わずかでも保有している矛盾からくる違和感を取り除きたかったのです。

債券の要否については賛否両論分かれるところであり、いずれ当ブログでも言及した記事を書けたらと思います。

以下記事で、ほんのちょっとだけ債券不要について書いています。

【投資未経験者に届け②金融商品編】投資の基本は株式投資、投資のしやすさで投資信託【つまり株式型の投資信託でOK】

2017.10.27

増えた買付余力は、米国個別株の種銭として徐々にドル転していきます。米国個別株比率を全体の50%以上にしたいので。

That’s all.


コメントを残す