【資産状況】2018年11月第3週はブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)で大損




タバコ株、それもブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)を保有している人には厳しい一週間でしたね。

BTIはこの一週間だけで17%の下落(1株41.75$→34.54$)、過去1年の高値(71.44$)からは半値になりました。

この秋に高配当PFの銘柄入れ替えでタバコ株の比率を高めただけでなく、新規にBTIを組み入れたので、今回のダメージは大きいものになりました。

より配当利回りと納得感を上げるため米国高配当ポートフォリオを変更

2018.10.06

暴落をただ指をくわえて見ているだけでは発狂しそうでした。

ギャンブル依存症ゆえの賭博家の勘が働き、脊髄反射的に含み益のある銘柄(SO)を売却して暴落銘柄(BTI)を購入してしまいましたw

スポンサードリンク



全資産一覧

口座・商品 評価額(円) 前週比(円) 前週比(%)
≪現預金≫      
 社内預金 1,366,000    
 新生銀行 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(定期預金) 3,000,000    
 住信SBIネット銀行(普通預金) 50,000    
 住信SBIネット銀行(外貨預金) 149,712 ▼ 102,520 -40.65
 SBI証券ハイブリッド預金 974,483 ▼ 387,925 -28.47
 マネックス証券(買付余力) 40,000    
 ワンタップバイ(買付余力) 77,523 △ 8,837 12.87
 ゆうちょ銀行(養老保険) 1,500,000    
 GMOクリックFX365(ドル買) 225,215 ▼ 1,903 -0.84
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 383 ▼ 61 -13.74
≪日本個別株≫      
 (8591)オリックス 179,700 ▼ 1,650 -0.91
 (9318)アジア開発キャピタル 72,000 ▼ 8,000 -10.00
 (7192)日本モーゲージS 428,000 ▼ 100,800 -19.06
 (9707)ユニマットRC 656,400 △ 90,000 15.89
 (3695)GMOリサーチ 337,000    
 (2415)ヒューマンHD 205,000 ▼ 2,000 -0.97
 (4188)三菱ケミHD 184,400 ▼ 3,420 -1.82
 (3258)ユニゾHD 236,300 △ 3,400 1.46
 (1928)積水ハウス 169,650 ▼ 200 -0.12
 (3756)豆蔵HD 97,100 ▼ 4,300 -4.24
 (9433)KDDI 252,750 △ 9,250 3.80
 (9057)遠州トラック 202,800 △ 202,800  
 (3423)エスイー 54,400 ▼ 5,000 -8.42
 (1434)JESCO HD 39,400 △ 39,400  
 (9268)オプティマス 130,200 △ 130,200  
 (8963)INV 369,200 △ 400 0.11
 (1476)iSJリート 21,840 △ 216 1.00
≪米国個別株≫      
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 3,312,282 △ 1,801,682 119.27
 (GIS)ゼネラルミルズ 897,190 ▼ 494,760 -35.54
 (GM)ゼネラルモーターズ 1,855,325 ▼ 13,170 -0.70
 (KHC)クラフトハインツ 1,451,289 ▼ 66,028 -4.35
 (KMI)キンダーモルガン 1,569,371 ▼ 36,253 -2.26
 (MO)アルトリア グループ 2,389,408 ▼ 302,133 -11.23
 (PM)フィリップ モリス 1,587,579 ▼ 66,366 -4.01
 (T)AT&T 2,050,391 ▼ 44,754 -2.14
 (CCJ)カメコ 134,481 ▼ 1,714 -1.26
 (LVS)ラスベガスサンズ 139,629 △ 3,313 2.43
 (STZ)コンステレーションブランズ 133,035 ▼ 5,638 -4.07
 (TLRY)ティルレイ 137,108 △ 698 0.51
 (BND)米国トータル債券市場ETF 686,397 ▼ 3,001 -0.44
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 466,524 △ 11,636 2.56
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 871,083 ▼ 51,417 -5.57
 (CURE)ヘルスケア株ブル3倍ETF 231,591 ▼ 9,736 -4.03
 S&P500 3X(ワンタップバイ) 43,882 ▼ 266 -0.60
 Amazon(ワンタップバイ) 42,738 ▼ 1,423 -3.22
≪投資信託≫      
 確定拠出年金 1,837,570 ▼ 51,799 -2.74
 野村世界REITインデックス 435,287 ▼ 4,750 -1.08
 iFree S&P500インデックス 367,772 ▼ 3,619 -0.97
 iTrust新興国株式 491,014 ▼ 14,119 -2.80
総資産 33,150,404 ▼ 1,100,680 -3.21

※為替レートは1ドル112.82円

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額33,150,404
(前週比▼1,100,680円)

2018年確定損益810,331円
(税引後・配当金除く)

比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 11,644,146 35.1%
 外貨 21,506,258 64.9%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 8,383,316 25.3%
 リスク 24,767,088 74.7%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 19,051,726 76.9%
 新興国株式 491,014 2.0%
 日本株式 3,245,100 13.1%
 先進国債券 1,152,921 4.7%
 先進国リート 435,287 1.8%
 日本リート 391,040 1.6%

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

高配当PF

前週比で約6,200ドルのマイナスでした(泣)

銘柄 評価額
(US$)
比率 基準比率
BTI 29,359 21.92% 20%
GIS 7,952 5.94% 10%
GM 16,445 12.28% 10%
KHC 12,864 9.60% 10%
KMI 13,910 10.38% 10%
MO 21,179 15.81% 20%
PM 14,072 10.50% 10%
T 18,174 13.57% 10%
合計 133,955 100.00% 100%

1年間の予想受け取り配当金は5,773ドルです。

 

 

SOからBTIへとより高配当株に資金を移動させたことで、あくまで見込みですが受取配当金を増やすことができました。

レバレッジPF

前週比で約293ドルのマイナスでした。

ETF 評価額
(US$)
比率
SPXL 7,721.00 38.6%
CURE 2,052.75 10.3%
TMF 4,135.12 20.7%
BND 6,084.00 30.4%
合計 19,992.87 100%
運用方針
  • SPXL:CURE:TMF:BND=4:1:2:3を基準比率とする
  • 前回リバランス(売買)から3ヶ月経過し、基準比率から5%以上乖離している場合は必ずリバランスを実施する
  • SPXLの比率が20%未満になった場合は、前回リバランスから3ヶ月を待つことなくリバランスを実施しても良い
  • 極力ノーセルリバランスとする
  • PFの時価総額が投資元本の2倍になったら、超えた分を高配当PFにシフトする

売買イベントや雑感

110万円の資産減少。今年2月の暴落時以来のマイナス100万円超えです(泣)

【資産状況】2018年2月9日

2018.02.11

この時は高配当株全般が売られたのですが、今回はほぼタバコ銘柄狙い撃ちです。

まあ現金等の無リスク資産を加味した資産全体の下落率は2月の時も今回も3%程度なんですよね。こういうときホント現預金はありがたいです。

 

さて、この一週間の主な売買です。

繰り返しになりますが、含み益のあったサザン(SO)を全株売却してブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)を購入しました。

褒められた行動ではないかも知れませんが、極東マンボのように人脈もなく能力も収入も平均以下の人間が早期リタイアを1日でも早くするにはどこかで賭けに出る必要があります。仮にこの賭けに負けたとしてもリタイアする日が遠のくだけで死にはしません。それに現時点の総資産に対するBTIの割合も丁度10%ですので、明日BTIが倒産しても資産の10%の棄損で済みます。賭けと言うには少々大袈裟なくらいですね。

ただこれを読んでいる人、じゃあ自分も!なんて真似しないでください。

極東マンボは過去に銀行窓口で購入したボッタクリファンドの含み損数百万円を経験したり、毎週の競馬で賭けたお金が0になることを繰り返した結果、リスク許容度が異常に高くなっているからできる芸当だと思っています。

【大損】銀行窓口販売のボッタクリファンドを全て売却

2018.07.24

コミュ強、ハイスペ、ホワイト企業勤務で早期リタイアなんて眼中にない人間は、全世界株式型の投信でも買って投資のことなんか忘れてワイワイと人生を謳歌するがいい!

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。

これは自分の性格上、お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。

精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。

お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

ツイッターやってます。


コメントを残す