【資産公開】2019年1月第2週のポートフォリオ 早くも2019年の損出ししちゃったよ




2019年1月7~11日の資産状況の確認です。
この5営業日でNYダウは24,000ドル、日経平均は20,000円を回復しています。

2018年クリスマスの暴落から1ヶ月も経っていないので、極東マンボは警戒(業務時間中スマホをチラ見)しながら相場に向き合っていました。
具体的には、暴落時に仕込んだ銘柄が含み益になったら売って買付余力を増やしてました。(トイレで)

スポンサードリンク



全資産一覧

口座・商品 評価額(円) 前週比(円)
≪現預金≫    
 社内預金 1,498,000  
 新生銀行 1,000,000  
 住信SBIネット銀行(普通預金) 1,910,000 △ 10,000
 住信SBIネット銀行(外貨預金) 2,860,174 △ 2,067,771
 SBI証券ハイブリッド預金 861,090 △ 66,286
 マネックス証券(買付余力) 40,000 △ 20,000
 ワンタップバイ(買付余力) 60,884 △ 7,241
 ゆうちょ銀行(養老保険) 1,500,000  
 GMOクリックFX365(ドル買) 179,674 △ 1,582
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 263 △ 24
≪日本個別株≫    
 (8591)オリックス 166,700 △ 6,150
 (9318)アジア開発キャピタル 96,000 △ 24,000
 (7192)日本モーゲージS 327,600 △ 27,200
 (9707)ユニマットRC 558,600 ▼ 5,400
 (2415)ヒューマンHD 152,900 ▼ 43,900
 (4188)三菱ケミHD 262,770 △ 16,260
 (1434)JESCO HD 83,400 △ 7,400
 (1928)積水ハウス 164,600 △ 3,850
 (2148)ITM 86,400 △ 1,000
 (3258)ユニゾHD 205,500 △ 4,000
 (9268)オプティマス 327,600 △ 25,500
 (9433)KDDI 266,500 △ 1,250
 (2914)JT 266,300 △ 7,600
 (3695)GMOリサーチ 140,200 △ 2,000
 (8963)INV 376,400 △ 22,000
≪米国個別株≫    
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 3,989,972 ▼ 34,272
 (GM)ゼネラルモーターズ 1,854,970 △ 192,543
 (KHC)クラフトハインツ 2,146,938 △ 53,300
 (KMI)キンダーモルガン 1,493,879 △ 76,352
 (MO)アルトリア グループ 3,039,017 ▼ 86,142
 (NGG)ナショナルグリッド 139,669 △ 4,728
 (RDSB)ロイヤルダッチシェル 168,547 ▼ 116
 (SYF)シンクロニー ファイナンシャル 225,770 △ 6,828
 (CCJ)カメコ 131,454 △ 6,000
 (LVS)ラスベガスサンズ 142,091 △ 4,503
 (STZ)コンステレーションブランズ 103,607 ▼ 4,793
 (TLRY)ティルレイ 114,534 △ 31,103
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 524,254 ▼ 17,482
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 687,853 △ 50,854
 (CURE)ヘルスケア株ブル3倍ETF 188,135 △ 11,855
 S&P500 3X(ワンタップバイ) 58,447 △ 4,246
 Amazon(ワンタップバイ) 55,126 △ 2,147
≪投資信託≫    
 確定拠出年金 1,748,125 △ 28,146
 野村世界REITインデックス 415,408 △ 7,371
 iFree S&P500インデックス 397,370 △ 39,994
 iTrust新興国株式 543,276 △ 28,800
総資産 31,559,997 △ 637,008

※為替レートは1ドル108.46円(前回は108.43円)

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額31,559,997
前週比△637,008円(+2.06%)

2019年確定損益-401,511円
受入配当金7,086円

比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 10,351,444 32.8%
 外貨 21,208,553 67.2%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 9,910,085 31.4%
 リスク 21,649,912 68.6%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 16,685,504 77.1%
 新興国株式 543,276 2.5%
 日本株式 3,105,070 14.3%
 先進国債券 524,254 2.4%
 先進国リート 415,408 1.9%
 日本リート 376,400 1.7%

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

高配当PF

前週比マイナス16,271ドルでした。
損出し目的でTを売却して買い戻さなかった分がマイナスになっているだけです。

銘柄 評価額
(US$)
比率 基準比率
BTI 36,788 30.55% 20%
GM 17,103 14.20% 10%
KHC 19,795 16.44% 20%
KMI 13,774 11.44% 10%
MO 28,020 23.27% 20%
NGG 1,288 1.07% 5%
RDSB 1,554 1.29% 5%
SYM 2,082 1.73% 5%
T 0 0.00% 5%
合計 120,402 100.00% 100%

1年間の予想受け取り配当金は5,720ドル(税引後)です。
前回より約900ドル減っていますが、やはりTを売った影響です。

レバレッジPF

前週比で413ドルのプラスでした。
3.3%増と順調に回復してそれはそれで喜ばしいのですが、そろそろリバランスのタイミングなので下落して欲しいのですが・・・

ETF 評価額
(US$)
比率
SPXL 6,342.00 49.1%
CURE 1,734.60 13.4%
TMF 4,833.62 37.4%
合計 12,910.22 100%

売買イベントや雑感

63万7,000円と久しぶりに大きく資産が増えました。というか回復しました。
内訳は入金が10万4,500円、株債券の上昇分が52万7,500円、為替差益が5,000円です。

主な売買ですが、国内株は(6175)ネットマーケティングがほんの数千円ですが含み益が出たので売却しました。
それほど自信があったわけではないので、だったら買付余力を増やした方がいいという判断です。

米国株は(MO)アルトリアグループ、(KHC)クラフトハインツ、(T)AT&Tを損出しの目的で売却しました。
しかし買い戻したのはKHCだけです。
KHCは食品系(生活必需品)銘柄、MOはマリファナ事業への期待で今後も高配当PFに入れておきたかったのですが、通信系のTは配当性向やこれまでのパフォーマンスを考えると高配当でもそれほど魅力的でないので買い戻しできませんでした。

損出しっていいもんですね。節税になるだけでなく、保有していた銘柄を一旦手放すことで本当にその銘柄がPFに必要か再検討する場を与えてもらえます。
損出しについては以下記事を参照してください。

【節税】株式市場の暴落当日に半分損出しと取得単価を下げる取引をした

2018.12.26

さて、1月の第3週は少し忙しい1週間になりそうです。
レバレッジPFのリバランスと毎月の高配当株の買い付けがルール上重なってしまったからです。
ついでなので2018年11月に組んだばかりの反ESGバランスPFも買い付けしようかと思ってます。

【STZ】【LVS】【TLRY】【CCJ】反ESGバランスPF(4資産均等型)を組んでみた

2018.11.10

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。
お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。

精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。
お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

ツイッターやってます。





コメントを残す