【資産公開】2019年1月末のポートフォリオ まさかのタバコ株暴騰により過去最高額に迫る




2019年1月の資産状況です。
比較対象は2018年12月末になります。

最終週になぜかタバコ株が怒涛の勢いで上がってくれて上機嫌ですww

スポンサードリンク



全資産一覧

口座・商品 評価額(円) 前月比(円) 前月比(%)
≪現預金≫      
 社内預金 1,515,000 △ 17,000 1.13
 新生銀行 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(普通預金) 1,750,000 ▼ 450,000 -20.45
 住信SBIネット銀行(外貨預金) 254,810 ▼ 245,896 -49.11
 SBI証券ハイブリッド預金 865,308 △ 70,092 8.81
 マネックス証券(買付余力) 20,000 ▼ 20,000 -50.00
 ワンタップバイ(買付余力) 60,884 △ 6,241 11.42
 ゆうちょ銀行(養老保険) 1,500,000    
 GMOクリックFX365(ドル買) 191,159 ▼ 4,356 -2.23
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 224 ▼ 15 -6.28
≪日本個別株≫      
 (8591)オリックス 164,200 △ 3,650 2.27
 (9318)アジア開発キャピタル 84,000 △ 12,000 16.67
 (7192)日本モーゲージS 520,000 △ 198,800 61.89
 (9707)ユニマットRC 569,400 △ 9,300 1.66
 (2415)ヒューマンHD 173,600 △ 3,300 1.94
 (4188)三菱ケミHD 276,120 △ 26,340 10.55
 (1434)JESCO HD 79,800 △ 6,800 9.32
 (1928)積水ハウス 162,100 △ 200 0.12
 (2148)ITM 81,400 ▼ 6,400 -7.29
 (3258)ユニゾHD 210,800 △ 6,500 3.18
 (9268)オプティマス 322,200 △ 19,200 6.34
 (9433)KDDI 270,000 △ 7,600 2.90
 (2914)JT 275,350 △ 13,700 5.24
 (3695)GMOリサーチ 138,900 ▼ 100 -0.07
 (8963)INV 375,200 △ 13,600 3.76
≪米国個別株≫      
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 5,574,043 △ 1,545,143 38.35
 (GM)ゼネラルモーターズ 1,952,992 △ 232,583 13.52
 (KHC)クラフトハインツ 2,269,284 △ 184,336 8.84
 (KMI)キンダーモルガン 1,617,211 △ 260,081 19.16
 (MO)アルトリア グループ 4,406,088 △ 1,317,268 42.65
 (NGG)ナショナルグリッド 149,933 △ 16,325 12.22
 (RDSB)ロイヤルダッチシェル 174,484 △ 10,527 6.42
 (SYF)シンクロニー ファイナンシャル 260,037 △ 52,748 25.45
 (ZMLP)Direxion Zacks MLP H 150,316 △ 150,316  
 (CCJ)カメコ 132,580 △ 9,640 7.84
 (LVS)ラスベガスサンズ 150,805 △ 21,774 16.88
 (STZ)コンステレーションブランズ 114,133 △ 6,391 5.93
 (TLRY)ティルレイ 98,643 △ 7,497 8.22
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 531,966 ▼ 4,070 -0.76
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 1,005,765 △ 388,116 62.84
 (CURE)ヘルスケア株ブル3倍ETF 392,282 △ 215,960 122.48
 S&P500 3X(ワンタップバイ) 65,962 △ 14,195 27.42
 Amazon(ワンタップバイ) 55,075 △ 5,531 11.16
≪投資信託≫      
 確定拠出年金 1,828,503 △ 111,133 6.47
 野村世界REITインデックス 432,015 △ 23,978 5.88
 iFree S&P500インデックス 438,939 △ 64,343 17.18
 iTrust新興国株式 589,313 △ 94,924 19.20
総資産 33,250,824 △ 2,465,984 8.01

※為替レートは1ドル109.48円(前月は110.26円)

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額33,250,824
前月比△2,465,984円(+8.01%)

  • 2019年確定損益-1,260,279円
  • 受取配当金51,308円
前年度末や過去最高額との比較
  • 前年度末比△2,465,984円(+8.01%)
  • 過去最高額比▼385,732(-1.15%)

※過去最高額は2018年10月の33,636,556円でした。

【資産状況】2018年10月末

2018.11.02
比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 10,414,262 31.3%
 外貨 22,836,562 68.7%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 7,157,385 21.5%
 リスク 26,093,439 78.5%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 20,837,075 79.9%
 新興国株式 589,313 2.3%
 日本株式 3,327,870 12.8%
 先進国債券 531,966 2.0%
 先進国リート 432,015 1.7%
 日本リート 375,200 1.4%

アセット比率

こちらはリスク資産(株や債券)の構成内容です。

日本株式が減り(前月比-0.6ポイント)、新興国株式が増えた(前月比+0.2ポイント)ことは目標のアセット比率に少し近づいたのでいい傾向です。
先進国株式が約80%(前月比+1.2ポイント)増えすぎですがこのままにしておきます。いずれは資産の購入を全くしていないリートに振り分けたいと思っています。

【長期投資】目標とするアセットアロケーションと運用方針およびルールを決定

2018.01.11

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

高配当PF

前月比18,179ドルのプラスでした。
AT&Tを売却してBTIとMOの買い増し、新規にZMLPを買い付けています。

銘柄 評価額
(US$)
比率 基準比率
BTI 50,914 33.67% 20%
GM 17,839 11.80% 10%
KHC 20,728 13.71% 20%
KMI 14,772 9.77% 10%
MO 40,246 26.62% 20%
NGG 1,370 0.91% 5%
RDSB 1,594 1.05% 5%
SYM 2,375 1.57% 5%
ZMLP 1,373 0.91% 5%
合計 151,209 100.00% 100%

このPFの1年間の予想受け取り配当金は税引後7,076ドルです。
暴落と言っていいくらいに下落してより配当利回りが高くなったBTIとMOを買い増したことで、前月より予想受取配当額を約400ドル増やせました。

しかし配当ウエイトを確認すると、BTIとMOの合計が丁度70%です。
と言うことは、極東マンボが受け取る配当金はタバコ株で7割も占めていることになります!
タバコ業界が飛んだら極東マンボの首も飛びますww
流石に向こう見ずに買いすぎましたね。反省してます。

レバレッジPF

前月比で5,566ドルのプラスでした。
1月はリバランス月のため、基準より比率が低かったSPXLとCUREを合計3,300ドル買い付けたので、ラッキーなことにその後2,200ドル上がってくれたことになります。

ETF 評価額
(US$)
比率
SPXL 9,186.75 52.1%
CURE 3,583.14 20.3%
TMF 4,859.02 27.6%
合計 17,628.91 100%

運用方針
  1. SPXL:CURE:TMF=5:2:3を基準比率とする。
  2. リバランスのタイミングは1月、4月、7月、10月の10日の2営業日前後とする。
  3. SPXLの比率が35%、CUREの比率が10%、TMFの比率が20%を切った場合は、そのETFをスポット買いしても良い。
  4. PF全体の時価総額が3万ドルを超えるまでは極力ノーセルリバランスとする。

2018年レバレッジPFの成績と2019年からPF変更(BNDを除外)

2019.01.15

2019年1月の入金

給与や賞与、その他にこの記事の最後で説明している裏金から銀行や証券口座に入金して新規に資産として扱うお金を入金と定義しています。

1月の入金合計は277,000円でした。その内訳は以下の通りです。

入金先 入金額(円)
SBI証券(つみたてNISA) 45,000
住信SBIネット銀行(ドル転資金) 160,000
マネックス証券(投信積立) 30,000
確定拠出年金 18,000
社内預金 17,000
ワンタップバイ 7,000

売買イベントや雑感

ビックリしました!!
入金分を差し引いても1ヶ月で200万円以上もお金が増えるなんて・・・
まあ下がり過ぎたタバコ株が少し戻っただけなんですがね。それにしても1月最終週の4日間のBTIとMOの上がり方は異常でした。
喜べるときは素直に喜んでおいて、再び来る下落に耐える胆力を蓄えておくとしましょう。
決算が微妙だったMOはまたズルズル下がりそうだし、2月に決算が控えたBTIはボラが高そうですからね。

1月の主な売買は高配当PFの項でも書いたように、Tの売却とMO、BTIの買い増し、ZMLPの新規買い付けです。
通信系をなくしてタバコ、エネルギーを増やすといったリスクを高めることをやってしまいました。

少しは反省して、2月からは高配当PFに新たな銘柄を取り入れたいと思っています。
まだ迷っている部分が多くて銘柄までは書けませんが、大まかに以下3つを検討しています。

1つめがエネルギー関係。
既にエネルギー関係はKMIとRDSB、ZMLPを持っているのですが、不況に強いと言われるセクターなのでさらにあと1銘柄欲しいのです。
XOMみたいな普通のは今更買いません。少しギャンブルチックな銘柄を物色中です。

2つめが小売り系。
どの銘柄もAmazonにフルボッコにされる未来しか思い描けないのですが、だからこそ敢えて持っておくのも一興かとww

3つめがハイテク系。
高配当な銘柄はないのですが、増配が期待できそうな銘柄を無理矢理担ぎ出して買ってやろうと思ってます。

上記3つの候補から2月は少なくとも2銘柄を手数料負けしない最低金額分を買おうと思います。

あ、それとタバコ株の購入はしばらく封印することをここに明記しておきます。
流石にこれ以上は危険だと今更認識しました。
そう、三沢さんがエメラルドフロウジョンを封印した時の気持ちと同じです。

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。
これは自分の性格上、お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。
精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。
お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

ツイッターやってます。





2 件のコメント

  • いつも見させて頂いています、あずあずです。

    SPYDのコメントありましたので書いておくと(すでにご存じかもですが、、、)ETFにも関わらず、
    配当金が年利4.4パーセント程度でる、ETFでは脅威の数値です。

    信託報酬も0.07パーぐらい? なので、かなりよさげですが、丁度ダウも上がってきているのでまだ買ってないんスよね……

    マンボさん、ご認識の通り、まだ10年とか運用されていないこともあり、運用金額も確か7億ドル? とかなので、VITとかVYMとかよりは小型っすけど、信託報酬から見てもかなり気合いが入っていると言ってよいと思います。

    内容内訳も、外国のREITと公益性のたかい物が多いとのことで、ディフェンシブと想定されておりけっこー「そろそろ大暴落するか?」という今の時代にはあってるかと。

    ドルが108円とかになったら買うかなぁ……でも、すでに資産の8割ぐらいを株にしているから現金が心許なくて、、、

    追記:私もMO買いましたが、ビビッテ待っているうちに、49ドルぐらいで買っちゃいました……まあ、トータルで見ればまだ安いかもですが、43ぐらいで買いたかった所ですよね、、、それなら現時点ですでに10パー以上の利益ですし、、、

    タバコ株、あんまり増やすのも怖いですけどね、、、BTIも、イギリスが合意なき離脱で輸出がめちゃくちゃになるかもしれないですし、、、

    • あずあず様
      お返事遅くなってしまい申し訳ありません。
      SPYDは信託報酬の安さと利回りの高さから購入検討しましたが、個人的には高値圏と思われる不動産の比率が高いので見送ることにしました。
      それと公益系は個別株で昨年サザン(SO)、最近ですとナショナルグリッド(NGG)を保有していましが、何となく保有してて違和感があり売却しました。
      不動産も公益もどちらもドカンと下がる時が来るような気がしてならないので、その時が来たらSPYDを大量に仕込みたいと思ってます。

      現在安心して買い増せるセクターってエネルギー系と思っており、オイルメジャーで利回りが高いロイヤルダッチシェル(RDSB)を先日大量に購入しました。

  • コメントを残す