【資産公開】2019年6月第1週のポートフォリオ 5月の下げの半分戻ってきた





2019年6月3~7日の資産状況の確認です。

週末に米国雇用統計が発表されましたが、内容は悪かったにも関わらずなぜか株高で取引を終えたようです。
不思議な相場でしたが、その恩恵も少し受けられたようでまあいいかと言ったところです。

追加で入ってきた情報によると、トランプ大統領とメキシコが取引成立したことで関税発動しないようです。
こうなることを読んで上手に株を売買できた人はセンスありますね。でもこれって投資じゃないですよね。

スポンサードリンク



全資産一覧

口座・商品 評価額(円) 前週比(円) 前週比(%)
≪現預金≫      
 社内預金 1,583,000    
 新生銀行 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(普通預金) 2,400,000 △ 1,100,000 84.62
 住信SBIネット銀行(外貨普通) 331,071 △ 199,884 152.37
 住信SBIネット銀行(外貨定期) 200,333 △ 200,333  
 SBI証券ハイブリッド預金 534,857 △ 124,589 30.37
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 535 ▼ 27 -4.80
≪日本個別株≫      
 (8591)オリックス 154,750 △ 1,250 0.81
 (9318)アジア開発キャピタル 87,500 △ 3,500 4.17
 (7192)日本モーゲージS 448,400 △ 3,200 0.72
 (9707)ユニマットRC 657,200 △ 1,600 0.24
 (4188)三菱ケミHD 509,390 △ 11,480 2.31
 (1928)積水ハウス 176,000 △ 1,850 1.06
 (9433)KDDI 277,000 ▼ 1,850 -0.66
 (2914)JT 995,200 ▼ 1,800 -0.18
 (9437)NTTドコモ 755,700 △ 7,050 0.94
 (9507)四国電力 806,400 △ 15,200 1.92
 (7148)FPG 342,800 △ 342,800  
≪米国個別株≫      
 (ABBV)アッヴィ 527,712 △ 4,521 0.86
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 5,947,179 △ 561,087 10.42
 (GSK)グラクソスミスクライン 525,279 △ 14,933 2.93
 (KMB)キンバリークラーク 627,566 △ 32,215 5.41
 (KMI)キンダーモルガン 594,319 △ 32,774 5.84
 (KO)コカコーラ 612,721 △ 27,651 4.73
 (M)メイシーズ 570,210 ▼ 4,332 -0.75
 (MMM)スリーエム 919,217 △ 37,196 4.22
 (MO)アルトリア グループ 4,546,680 △ 202,089 4.65
 (RDSB)ロイヤルダッチシェル 2,826,960 △ 104,871 3.85
 (SLB)シュルンベルジュ 535,318 △ 13,298 2.55
 (UPS)ユナイテッド パーセル サービス 605,712 △ 32,319 5.64
 (TLRY)ティルレイ 46,171 △ 906 2.00
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 849,516 △ 758 0.09
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 1,044,153 △ 123,510 13.42
 (CURE)ヘルスケア株ブル3倍ETF 531,710 △ 60,922 12.94
≪投資信託≫      
 確定拠出年金 1,967,444 ▼ 8,817 -0.45
 野村世界REITインデックス 443,018 △ 1,475 0.33
総資産 34,981,022 △ 1,284,036 3.81

※為替レートは1ドル108.18円(前回は108.26円)

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額34,981,022
前週比△1,284,036円(+3.81%)

2019年確定損益-1,455,483円
受取配当金425,155円

比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 10,728,197 30.7%
 外貨 24,252,825 69.3%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 6,049,796 17.3%
 リスク 28,931,226 82.7%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 22,428,352 77.5%
 新興国株式 0 0.0%
 日本株式 5,210,340 18.0%
 先進国債券 849,516 2.9%
 先進国リート 443,018 1.5%
 日本リート 0 0.0%

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

人生後半PF(構築中)

前週比+9,907ドルでした。

銘柄 評価額
(US$)
現在
比率
目標
比率
年配当
(US$)
BTI 54,975 31.6% 10.0% 3,122
MO 42,029 24.1% 10.0% 1,884
RDSB 26,132 15.0% 10.0% 1,203
KMI 5,494 3.2% 5.0% 187
SLB 4,948 2.8% 5.0% 222
STZ 0 0.0% 5.0% 0
KO 5,664 3.3% 10.0% 126
MMM 8,497 4.9% 10.0% 211
KMB 5,801 3.3% 10.0% 124
ABBV 4,878 2.8% 5.0% 194
GSK 4,856 2.8% 5.0% 192
M 5,271 3.0% 5.0% 223
UPS 5,599 3.2% 5.0% 146
??? 0 0.0% 5.0% 0
合計 174,144 100.0% 100.0% 7,834

1年間の予想受け取り配当金は税引後7,834ドルです。
人生後半PFはセクター比率を守ってリスク管理を行い配当金も安定して受け取ることを目的としています。
2028年早期リタイアに向けて構築中です。

レバレッジPF

前週比+1,727ドルでした。
4月のリバランス直後比+1,400ドルです。

ETF 評価額
(US$)
比率
SPXL 9,652.00 43.1%
CURE 4,915.05 21.9%
TMF 7,852.80 35.0%
合計 22,419.85 100%
運用方針
  1. SPXL:CURE:TMF=5:2:3を基準比率とする。
  2. リバランスのタイミングは1月、4月、7月、10月の10日の2営業日前後とする。
  3. SPXLの比率が35%、CUREの比率が10%、TMFの比率が20%を切った場合は、そのETFをスポット買いしても良い。
  4. PF全体の時価総額が3万ドルを超えるまでは極力ノーセルリバランスとする。

2018年レバレッジPFの成績と2019年からPF変更(BNDを除外)

2019.01.15

売買イベントや雑感

5月で下げた200万円のうち128万円が1週間で戻ってきました。

【資産公開】2019年5月末のポートフォリオ タバコ株のせいで過去最高の下落幅

2019.06.02

128万円の内訳は株上昇が+130万円で為替で-2万円でした。
入金はありませんでしたので純粋にリスク資産が反発してくれました。

主な売買は国内株だけでした。
Jリートのインヴィンシブル投資法人(8963)を8口全部売却して、新たにFPG(7148)を400株購入しました。
どちらも同じくらいの配当(分配金)利回りですが、前者の株価は右肩上がりで保有中、後者のそれは右肩下がりで欲しかった株。Jリートもそろそろ天井だろうという予想(大体こういうのはハズレる)で銘柄入れ替えを実施しました。

また、この一週間は無リスク資産の方で大きな動きがありました。

10年前、何も知らず郵便局員のススメで入った養老保険が満期となり保険金が入金されたんです。
と言っても予め支払われる満期保険金を資産に計上していたので、お金が増えたわけではないのですが。

これで晴れて加入している民間の医療・生命保険の類はなくなりました。
何が嬉しいって、保険金150万円よりも毎月13,500円のキャッシュフローを手に入れたことです。

この毎月13,500円の使い道を悩めることが幸せでもあり考えようによっては不幸とも思えますが、人の死や病気の恐怖をCM等で煽りお布施を要求する団体への上納金がなくなった点においては人生の自由度が上がったのは間違いないでしょう。

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。

これは自分の性格上、お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。

精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。

お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す