【資産公開】2019年7月第1週のポートフォリオ 100万円もお金が増えた





2019年7月1~5日の資産状況の確認です。

週末に米国雇用統計の発表(予想以上の雇用拡大)の影響で米国債は大きく下げました。

スポンサードリンク



全資産一覧

口座・商品 評価額(円) 前週比(円) 前週比(%)
≪現預金≫      
 社内預金 1,600,000    
 新生銀行 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(普通預金) 1,900,000    
 住信SBIネット銀行(外貨普通) 320,244 △ 149,305 87.34
 住信SBIネット銀行(外貨定期) 200,018 ▼ 198,726 -49.84
 SBI証券ハイブリッド預金 386,528    
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 621 ▼ 10 -1.58
≪日本個別株≫      
 (8591)オリックス 163,750 △ 2,950 1.83
 (9318)アジア開発キャピタル 87,500    
 (7192)日本モーゲージS 480,000 △ 26,000 5.73
 (9707)ユニマットRC 710,800 △ 31,600 4.65
 (4188)三菱ケミHD 539,140 △ 12,320 2.34
 (1928)積水ハウス 187,900 △ 10,350 5.83
 (9433)KDDI 277,100 △ 2,750 1.00
 (2914)JT 992,000 △ 40,200 4.22
 (9437)NTTドコモ 770,400 △ 16,650 2.21
 (9507)四国電力 819,200 △ 22,400 2.81
 (7148)FPG 466,500 △ 21,500 4.83
 (2415)ヒューマンHD 153,900 △ 12,800 9.07
≪米国個別株≫      
 (ABBV)アッヴィ 775,745 △ 6,932 0.90
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 5,839,078 △ 440,930 8.17
 (GSK)グラクソスミスクライン 540,482 △ 13,764 2.61
 (KMI)キンダーモルガン 595,239 △ 9,580 1.64
 (KO)コカコーラ 994,634 △ 390,377 64.60
 (M)メイシーズ 607,168 △ 9,871 1.65
 (MMM)スリーエム 1,119,204 ▼ 2,791 -0.25
 (MO)アルトリア グループ 4,327,376 △ 148,935 3.56
 (RDSB)ロイヤルダッチシェル 2,822,737 ▼ 14,075 -0.50
 (SLB)シュルンベルジュ 596,500 △ 586 0.10
 (UPS)ユナイテッド パーセル サービス 1,099,637 △ 330,924 43.05
 (TLRY)ティルレイ 56,045 △ 793 1.43
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 861,353 △ 1,765 0.21
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 1,171,043 △ 65,057 5.88
 (CURE)ヘルスケア株ブル3倍ETF 585,988 △ 23,045 4.09
≪投資信託≫      
 確定拠出年金 2,071,739 △ 44,346 2.19
 野村世界REITインデックス 445,050 △ 2,432 0.55
総資産 35,564,619 △ 1,004,296 2.91

※為替レートは1ドル108.45円(前回は107.88円)

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額35,564,619
前週比△1,004,296円(+2.91%)

2019年確定損益-1,454,719円
受取配当金514,747円

比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 10,534,718 29.6%
 外貨 25,029,901 70.4%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 5,407,411 15.2%
 リスク 30,157,209 84.8%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 23,202,615 76.9%
 新興国株式 0 0.0%
 日本株式 5,648,190 18.7%
 先進国債券 861,353 2.9%
 先進国リート 445,050 1.5%
 日本リート 0 0.0%

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

人生後半PF(構築中)

前週比+5,703ドルでしたが、そのうち約700ドルが追加購入分です。

銘柄 評価額
(US$)
現在
比率
目標
比率
年配当
(US$)
BTI 53,841 30.2% 10.0% 3,122
MO 39,902 22.4% 10.0% 1,884
RDSB 26,028 14.6% 10.0% 1,203
KMI 5,489 3.1% 5.0% 187
SLB 5,500 3.1% 5.0% 222
STZ 0 0.0% 5.0% 0
KO 9,171 5.1% 10.0% 203
MMM 10,320 5.8% 10.0% 249
KMB 0 0.0% 10.0% 0
ABBV 7,153 4.0% 5.0% 302
GSK 4,984 2.8% 5.0% 192
M 5,599 3.1% 5.0% 223
UPS 10,140 5.7% 10.0% 274
合計 178,126 100.0% 100.0% 8,061

1年間の予想受け取り配当金は税引後8,061ドルです。
人生後半PFはセクター比率を守ってリスク管理を行い配当金も安定して受け取ることを目的としています。
2028年早期リタイアに向けて構築中です。

レバレッジPF

前週比+705ドルでした。
4月のリバランス直後比+3,100ドルです。

ETF 評価額
(US$)
比率
SPXL 10,798.00 44.7%
CURE 5,403.30 22.4%
TMF 7,942.40 32.9%
合計 24,143.70 100%
運用方針
  1. SPXL:CURE:TMF=5:2:3を基準比率とする。
  2. リバランスのタイミングは1月、4月、7月、10月の10日の2営業日前後とする。
  3. SPXLの比率が35%、CUREの比率が10%、TMFの比率が20%を切った場合は、そのETFをスポット買いしても良い。
  4. PF全体の時価総額が3万ドルを超えるまでは極力ノーセルリバランスとする。

2018年レバレッジPFの成績と2019年からPF変更(BNDを除外)

2019.01.15

主な取引や雑感

やや円安の追い風があったとは言え入金なしで資産が100万円も上がったことは素直に嬉しいですね。
しかしそのうち40%超はブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)の上昇に支えられているは、らしいっちゃらしいです(笑)

早いところタバコ株の比率を下げたいのですが、こうも株高が進み過ぎると積極的に他の銘柄を買い付けるわけにもいかず、だからと言ってタバコ株も(高配当が惜しくて)売れずにいます。

ということでこの一週間は何の取引もしないつもりでしたが、暇に耐えられず週末夜に発作的に取引してしまいました。

少しだけ含み益があったキンバリークラーク(KMB)を全部売却したお金に約700ドルを追加してコカコーラ(KO)とユナイテッドパーセルサービス(UPS)を買い増しました。
KMBを売った理由は、株価上昇で今後買い増しする意欲がなくなるくらい配当利回りが下がってしまった(3%)からです。それを覆すほどの増配があればいいのですが、期待できないという判断をしました。
もし暴落に見舞われ利回り3.5%を超えたら買い戻すことも考えているため、PFには名前を残しています。もしかしたら同じセクターのP&Gにするかも知れませんが。

2019年上半期は上々過ぎるくらいの滑り出しでした。
相場も勢いに乗って株高が続きそうな予感がするので、定期買付は最低限の額にして暴落時につっこむ現金を確保していきたいですね。

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。

これは自分の性格上、お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。

精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。

お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す