【資産公開】2019年9月第2週のポートフォリオ 入金、株高、円安により100万円お金が増えた





2019年9月9~13日の資産状況の確認です。

珍しく米市場より国内市場の方が活況だった1週間だったように思います。

スポンサードリンク



全資産一覧

口座・商品 評価額(円) 前週比(円) 前週比(%)
≪現預金≫      
 社内預金 1,634,000    
 新生銀行 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(普通預金) 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(外貨普通) 1,526 ▼ 794 -34.23
 SBI証券ハイブリッド預金 500,624 ▼ 113,711 -18.51
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 384 △ 21 5.79
≪日本個別株≫      
 (8591)オリックス 170,650 △ 9,850 6.13
 (9318)アジア開発キャピタル 87,500 △ 12,500 16.67
 (7192)日本モーゲージS 437,200 △ 11,600 2.73
 (9707)ユニマットRC 1,225,600 △ 40,000 3.37
 (4188)三菱ケミHD 575,890 △ 30,730 5.64
 (2914)JT 1,172,750 △ 71,000 6.44
 (9507)四国電力 859,200 △ 67,200 8.48
 (7148)FPG 551,500 △ 9,500 1.75
 (2415)ヒューマンHD 477,200 △ 129,200 37.13
 (4249)森六 503,400 △ 16,000 3.28
 (7167)めぶきFG 105,600 △ 9,200 9.54
 (8058)三菱商事 562,200 △ 21,200 3.92
 (8020)兼松 251,000 △ 129,500 106.58
≪米国個別株≫      
 (ABBV)アッヴィ 746,762 △ 38,361 5.42
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 5,700,757 △ 181,371 3.29
 (JNJ)ジョンソン & ジョンソン 480,535 △ 14,543 3.12
 (KO)コカコーラ 1,032,043 ▼ 7,076 -0.68
 (M)メイシーズ 594,595 △ 66,489 12.59
 (MMM)スリーエム 1,333,981 △ 72,168 5.72
 (MO)アルトリア グループ 4,308,480 ▼ 79,081 -1.80
 (RDSB)ロイヤルダッチシェル 2,485,005 △ 86,637 3.61
 (SLB)シュルンベルジュ 810,885 △ 76,033 10.35
 (UPS)ユナイテッド パーセル サービス 1,312,438 △ 41,619 3.27
 (WYND)ウィンダム デスティネーションズ 1,338,208 △ 80,383 6.39
 (TLRY)ティルレイ 37,625 ▼ 74 -0.20
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 539,511 ▼ 113,460 -17.38
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 1,177,954 △ 45,575 4.02
≪投資信託≫      
 確定拠出年金 2,112,744 △ 59,278 2.89
 野村世界REITインデックス 453,180 △ 3,182 0.71
総資産 35,580,926 △ 1,008,943 2.92

※為替レートは1ドル108.07円(前回は106.90円)

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額35,580,926
前週比△1,008,943円(+2.92%)

2019年確定損益-1,185,441円
受取配当金759,051円

比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 11,114,314 31.2%
 外貨 24,466,612 68.8%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 4,136,534 11.6%
 リスク 31,444,392 88.4%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 23,472,011 74.6%
 新興国株式 0 0.0%
 日本株式 6,979,690 22.2%
 先進国債券 539,511 1.7%
 先進国リート 453,180 1.4%
 日本リート 0 0.0%

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

人生後半PF(構築中)

前週比+3,306ドルでした。
うち新規資金による買付分が460ドルです。

銘柄 評価額
(US$)
現在
比率
目標
比率
年配当
(US$)
BTI 52,751 28.3% 15.0% 3,122
MO 39,867 21.4% 15.0% 2,295
RDSB 22,994 12.3% 10.0% 1,209
SLB 7,503 4.0% 5.0% 321
KO 9,550 5.1% 10.0% 203
MMM 12,344 6.6% 10.0% 300
JNJ 4,447 2.4% 5.0% 93
ABBV 6,910 3.7% 5.0% 302
M 5,502 3.0% 5.0% 349
UPS 12,144 6.5% 10.0% 272
WYND 12,383 6.6% 10.0% 336
合計 186,395 100.0% 100.0% 8,802

1年間の予想受け取り配当金は税引後8,802ドルです。
人生後半PFはセクター比率を守ってリスク管理を行い配当金も安定して受け取ることを目的としています。
2028年早期リタイアに向けて構築中です。

レバレッジPF

前週比-809ドルでした。
7月のリバランス直後比+892ドルです。

ETF 評価額
(US$)
比率
SPXL 10,899.92 68.6%
TMF 4,992.24 31.4%
合計 15,892.16 100%
運用方針
  1. SPXL:TMF=61.54%:38.46%を基準比率とする。
  2. リバランスのタイミングは1月、4月、7月、10月の10日の2営業日前後とする。
  3. SPXLの比率が30%、TMFの比率が20%を切った場合は、そのETFをスポット買いしても良い。
  4. PF全体の時価総額が3万ドルを超えるまでは極力ノーセルリバランスとする。

2018年レバレッジPFの成績と2019年からPF変更(BNDを除外)

2019.01.15

主な取引や雑感

前週の総資産比+100万9,000円の内訳は、入金が17万7,000円、株・債券が+59万5,000円、為替が+23万7,000円でした。
入金元は給与口座から11万円、プールしていた6月の賞与から5万円、不用品売却金等から1万7,000円です。

取引は、ヒューマンHDを100株、兼松を100株、アルトリアグループを13株だけ買い増しました。
いずれも出遅れ気味な国内株銘柄、不人気米国株銘柄で、相変わらず逆張りです。

入金と円安の追い風があったとは言え、とりあえず1週間で100万円もお金が増えて(戻ってきただけ?)ラッキーです。

冒頭に書いたようにバカに国内株が好調で珍しくマイPFもその恩恵を受けることができました。

この春、それまで米国株(ドル資産)偏重の投資方針を変えて、積極的に割安と思われる国内株を増やしていったことがようやく実ってきた感じでしょうか。

投資方針を変えた理由はやはりタバコ株と為替の影響を受けやすいことです。タバコ株暴落、急激な円高を同時に食らうと資産全体に与える影響が大きすぎるからです。

この春からの配当金や入金投資については以下のようなルールで買い付けることにしています。

  • 毎月の給与からの入金は、半分は国内株、もう半分は米国株の買い付けに使用する。
  • 賞与やその他からの入金分は国内株の買い付けに使用する。(極端な円高時は除く)
  • 国内株の配当金は国内株、米国株からの配当金は米国株の買い付けに使う。(極端な為替変動があった場合を除く)
  • タバコ株は買い増しても良いが、米国株PF全体で50%の割合を超えないようにすること。(買った後の株価上昇で50%を超えることは構わない)

上記ルールを3年くらい守って投資を続けることができれば、タバコ株、為替の影響も大分和らげることができると思ってます。
もちろん手っ取り早くそうするなら、タバコ株を今すぐ売ってしまえば良いのですが(笑)

それは、ヘビースモーカーやアルコール中毒者、ギャンブル依存症の人に明日から一切やめろと言ってもできるはずがないことと同じです。

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。

これは自分の性格上、お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。

精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。

お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す