【資産公開】2019年12月第2週のポートフォリオ ボーナスで新規2銘柄を買った





2019年12月9~13日の資産状況の確認です。

ボーナスが入りました。
普段会社への愚痴をこぼしていてもこの時ばかりは感謝を口にする人間がいますが私は全く思いません。
仮に給料3ヶ月分が年2回支給されるとしたら、会社的には1社員の見込み人件費を18等分したうちの3を支給するだけです。
会社が労働契約を守っただけです。それを散財して愛社精神を高めたりとかどうかしているんじゃないの?と思ってしまいます。

まあ感謝するとしたら自分の運の良さでしょうか(笑)

スポンサードリンク



全資産一覧(ポートフォリオ)

口座・銘柄 評価額(円) 前週比(円) 前週比(%)
≪現預金≫      
 社内預金 1,783,000 △ 98,000 5.82
 新生銀行 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(普通預金) 1,000,000    
 住信SBIネット銀行(外貨普通) 11,245 △ 2,347 26.38
 SBI証券ハイブリッド預金 506,350 ▼ 79,930 -13.63
 DMM Bitcoin(イーサリアム) 307 ▼ 10 -3.15
≪日本株≫      
 (8591)オリックス 184,300 ▼ 600 -0.32
 (9318)アジア開発キャピタル 84,000    
 (7192)日本モーゲージS 630,400 △ 10,800 1.74
 (2914)JT 1,000,600 △ 400 0.04
 (7148)FPG 518,500 ▼ 7,000 -1.33
 (2415)ヒューマンHD 681,500 ▼ 56,500 -7.66
 (9707)ユニマットRC 1,224,000 △ 4,800 0.39
 (8020)兼松 446,400 △ 9,900 2.27
 (8203)MrMaxHD 349,300 △ 3,500 1.01
 (5301)東海カーボン 560,500 △ 3,000 0.54
 (9507)四国電力 1,535,800 △ 60,200 4.08
 (3480)ジェイ・エス・ビー 990,000 △ 43,000 4.54
 (3814)アルファクスFS 133,000 △ 133,000  
≪米国株≫      
 (BKNG)ブッキング ホールディングス 215,833 △ 215,833  
 (BTI)ブリティッシュアメリカンタバコ 6,467,233 △ 261,696 4.22
 (KO)コカコーラ 1,386,669 △ 9,763 0.71
 (M)メイシーズ 919,687 △ 8,280 0.91
 (MCD)マクドナルド 215,570 △ 3,439 1.62
 (MMM)スリーエム 1,605,922 ▼ 14,012 -0.86
 (MO)アルトリア グループ 5,271,563 △ 11,028 0.21
 (RDSB)ロイヤルダッチシェル 2,523,900 △ 18,644 0.74
 (SLB)シュルンベルジュ 861,538 △ 52,349 6.47
 (UPS)ユナイテッド パーセル サービス 1,323,173 △ 21,390 1.64
 (VIG)バンガード米国増配株式ETF 243,521 △ 243,521  
 (WYND)ウィンダム デスティネーションズ 1,559,272 △ 23,445 1.53
 (TLRY)ティルレイ 20,341 ▼ 1,399 -6.44
 (TMF)米国債ブル3倍ETF 717,790 △ 13,220 1.88
 (SPXL)S&P500ブル3倍ETF 1,201,866 △ 34,876 2.99
≪投資信託≫      
 確定拠出年金 2,271,759 △ 23,551 1.05
 野村世界REITインデックス 454,998 ▼ 3,857 -0.84
総資産 39,899,839 △ 1,146,677 2.96

※為替レートは1ドル109.36円(前回は108.59円)

資産集計と構成比率

総資産額と確定損益

総資産額39,899,839
前週比+1,146,677円(+2.96%)

2019年確定損益-1,129,955円
受取配当金1,128,500円

比率区分 評価額(円) 比率
資産全体の通貨比率    
 円 12,627,650 31.6%
 外貨 27,272,189 68.4%
資産全体のリスク比率    
 無リスク 4,300,902 10.8%
 リスク 35,598,936 89.2%
リスク資産のアセット比率    
 先進国株式 26,087,848 73.3%
 新興国株式 0 0.0%
 日本株式 8,338,300 23.4%
 先進国債券 717,790 2.0%
 先進国リート 454,998 1.3%
 日本リート 0 0.0%

米国株

米国個別株(ETF含む)の評価額と比率です。

人生後半PF(構築中)

前週比+6412ドルでした。
うち4,200ドルは新規買付分です。

銘柄 評価額
(US$)
現在
比率
目標
比率
年配当
(US$)
BKNG 1,974 1.0% 5.0% 0
BTI 59,137 28.6% 10.0% 3,162
MO 48,204 23.3% 10.0% 2,325
RDSB 23,079 11.2% 5.0% 1,209
SLB 7,878 3.8% 0.0% 323
KO 12,680 6.1% 10.0% 268
MMM 14,685 7.1% 10.0% 361
MCD 1,971 1.0% 10.0% 36
M 8,410 4.1% 0.0% 602
UPS 12,099 5.9% 5.0% 280
VIG 2,227 1.1% 30.0% 26
WYND 14,258 6.9% 5.0% 372
合計 206,601 100.0% 100.0% 8,964

1年間の予想受け取り配当金は税引後8,964ドルです。
人生後半PFはセクター比率を守ってリスク管理を行い配当金も安定して受け取ることを目的としています。
2028年早期リタイアに向けて構築中です。

レバレッジPF

前週比+318ドルでした。

ETF 評価額
(US$)
比率
TMF 6,563.55 37.4%
SPXL 10,990.00 62.6%
合計 17,553.55 100%
運用方針
  1. SPXL:TMF=61.54%:38.46%を基準比率とする。
  2. リバランスのタイミングは1月、4月、7月、10月とする。
  3. リバランス月でも基準比率からの乖離が10ポイント未満ならリバランスしなくとも良い。
  4. リバランス月以外でも基準比率から20ポイントの乖離が発生した場合は、基準比率に近づける取引をして良い。
  5. PF全体の時価総額が3万ドルを超えるまでは極力ノーセルリバランスとする。

2018年レバレッジPFの成績と2019年からPF変更(BNDを除外)

2019.01.15

主な取引や雑感

前週の総資産比+1,146,677円の内訳は、入金が60万8,000円、株・債券が+36万5855円、為替が+17万2822円でした。
入金の原資は11月の給料からの自動入金(翌月12日に証券口座に入金される)とボーナスです。

国内株は退屈に耐えかねて小型株でギャンブルしたくなり、新規にアルファクスFSを買ってみました。人手不足を解決するシステムを開発しているみたいで、それが飲食店に採用される等の材料視で急騰したりと面白そうな銘柄だと思いました。

米国株はオンライン旅行予約で有名なブッキングホールディングス(BKNG)を1株だけ(だってお高いんだもん)と、バンガード米国増配株式ETF(VIG)を18口新規に買い付けました。

米国株を始めて3年にして今まで避けてきたような銘柄を初めて買いました。

これまで高配当個別株に拘ってきたのに、前者は無配株、後者は複数銘柄に分散されたETFです。

まあ詳しくはちゃんと整理して2020年以降の投資方針として別記事で書きたいと思いますが、簡単に言ってしまえば配当を重視する動機が薄くなったのでPF全体のバランスを重視したくなったからです。

ちなみにブッキングホールディングスを買った理由は、過去数回の旅行で利用したアプリが使いやすくて良かっただけという雰囲気投資です。
オンライン予約サービスなんて参入障壁が低そうですが、他に大きな競合はエクスペディアくらいで着々とブランド力を高めているように感じています。
検索を支配しているグーグルさんにお金を支払っているのも広告以外の目的があるのでは?と前向きに考えています。

生活、資産を守りながら配当金を増やし、いつか早期リタイア

毎週公開している資産額ですが、実はこれ以外に裏金として管理しているお金もあります。

これは自分の性格上、お金の目的によって管理を分けて資産に計上しない方が精神安定を保てるからです。

精神安定を図ったうえで投資を行い、将来の資産額や受け取れる配当金をシミュレーションして早期リタイアのモチベーション維持に努めてます。

お金が降ってくれば万事解決なんですがねw

▼ツイッターやってます▼





コメントを残す