【2018年つみたてNISA】S&P500を毎週積立した成績は悪かったけど来年も積立を継続する




2018年つみたてNISA枠の買い付けが完了したので、その成績を公開します。

2018年は2月に一度調整が入りましたが、それ以外はほぼほぼ右肩上がりで終盤の12月にドカンと暴落に見舞われたことで1つの事例としては面白い1年だったのではないでしょうか。

スポンサードリンク



つみたてNISAの設定内容

SBI証券でつみたてNISA口座を開設して、分かりにくいユーザーインターフェイスで設定した内容を整理しておきます。

SBI証券で「つみたてNISA」の設定してみたけど、そもそも設定画面までが分かりにくい

2017.12.19
つみたてNISA設定内容
  • 投資商品は「iFreeS&P500インデックス」
  • 毎週月曜日に7,500円の買い付け(約定日は火曜日)
  • 6月5日に5,000円のボーナス買い付け
  • 12月12日に5,000円のボーナス買い付け

つみたてNISA枠の40万円をフルに使い切りました。

S&P500を1年間毎週積立した成績

2018年12月21日時点で400,000円積立して評価額は364,907円(-8.77%)でした。

おい!!3万5,000円も元本割れしてるじゃねーか!!

本物のバフェットさんがオススメした一般人向けの投資法を実践してもダメな年はダメなんですねw

2018年の積立実績と推移

約定日 積立金額 基準価額 評価額
2017/12/27 7,500 11,208 7,500
2018/1/5 15,000 11,334 15,084
2018/1/10 22,500 11,413 22,690
2018/1/17 30,000 11,302 29,970
2018/1/23 37,500 11,599 38,257
2018/1/30 45,000 11,478 45,358
2018/2/6 52,500 10,651 49,590
2018/2/14 60,000 10,604 56,871
2018/2/21 67,500 10,790 65,369
2018/2/27 75,000 10,975 73,990
2018/3/6 82,500 10,685 79,535
2018/3/13 90,000 10,946 88,978
2018/3/20 97,500 10,651 94,080
2018/3/27 105,000 10,384 99,222
2018/4/3 112,500 10,107 104,076
2018/4/10 120,000 10,326 113,831
2018/4/17 127,500 10,616 124,528
2018/4/24 135,000 10,752 133,623
2018/5/2 142,500 10,800 141,719
2018/5/8 150,000 10,778 148,930
2018/5/15 157,500 11,103 160,921
2018/5/22 165,000 11,244 170,465
2018/5/30 172,500 10,815 171,461
2018/6/5 180,000 11,201 185,081
2018/6/6 185,000 11,202 190,098
2018/6/12 192,500 11,394 200,856
2018/6/19 200,000 11,340 207,404
2018/6/26 207,500 11052 209,637
2018/7/3 215,000 11229 220,494
2018/7/10 222,500 11486 233,041
2018/7/18 230,000 11795 246,810
2018/7/24 237,500 11604 250,313
2018/7/31 245,000 11560 256,864
2018/8/7 252,500 11793 269,542
2018/8/14 260,000 11628 273,271
2018/8/21 267,500 11684 282,087
2018/8/28 275,000 11992 297,023
2018/9/5 282,500 12025 305,340
2018/9/11 290,000 11941 310,707
2018/9/19 297,500 12150 323,646
2018/9/26 305,000 12266 334,236
2018/10/2 312,500 12421 345,960
2018/10/10 320,000 12140 345,633
2018/10/16 327,500 11473 334,143
2018/10/23 335,000 11588 344,992
2018/10/30 342,500 11080 337,368
2018/11/6 350,000 11563 359,575
2018/11/13 357,500 11564 367,106
2018/11/20 365,000 11321 366,892
2018/11/27 372,500 11332 374,748
2018/12/4 380,000 11844 399,180
2018/12/11 387,500 11151 383,323
2018/12/12 392,500 11191 389,699
2018/12/18 400,000 10738 381,424
2018/12/21 400,000 10273 364,907

細かい数字だけ見てもわけが分からないので、ざっくりチャートにして眺めてみます。

2018年のS&P500の毎週積立チャート

縦軸左の数字:積立金額と評価額
縦軸右の数字:iFreeS&P500の基準価額

投資信託(iFreeS&P500)の基準価額だけ見ると、2、3月の低迷期を乗り越えそれから10月まで半年以上の緩やかな右肩上がりでしたが終盤息切れして最後は最低の基準価額を更新してしまいました。

きちんと計算できないので見た目の印象で言いますが、評価額は終盤になるほど基準価額の影響を受けやすいです。

それにしても終盤の積立金額に対する評価額の割り込み方の角度がエグイですねw

来年も引き続きS&P500を積み立てる

2018年の1年だけ見れば、ドルコスト平均法をとるつみたてNISAにとっては最悪のケースでした。

ドルコスト平均法って長い期間順調に上がっていって終盤下落すると損が大きくなる投資法ですからね。

ですが、来年も以下理由から引き続きS&P500の積立投資は継続します。

  1. 本物のバフェットさんの推奨投資法だから(バカっぽい理由)
  2. つみたてNISA期間のほんの20分の1年だけの成績で判断したくない
  3. 弱気相場入り(と思われる)で今後安く株が仕込める
  4. 他にマニアックな投資をしているので、まともな投資は残しておきたい

4について補足しますと、極東マンボは米国高配当株を買い付けては配当金の再投資をしたり、レバレッジ投資をしています。両者とも一部のマニアが好んでやる投資であって決して一般的ではありません

異常な投資ばかりやっていると頭がおかしくなりそうだし、より一般的な投資を実践しつづけることで人間であることを保てると思うんです。

2018年のように普通の投資でこれだけ負けるんだから、素人の変わった投資で勝てるわけないよねって安心を得るにももってこいですww

20年積立を継続しないことも売却することも考える

つみたてNISAを利用しているからといって、制度最大期間の20年ずっと積み立てると誓っているわけではないし、その期間中に売却するかも知れません。

20年におよぶ積立投資って、長期的に安定的な収入があり余剰資金を確保できる見込みのある人向けの投資だと思います。そうそう潰れそうにない企業にお勤めの会社員向けの投資です。

極東マンボも今は会社員ですが、遅くも10年後にはアーリーリタイアをして生活費のほとんどを配当金に頼る生活を目論んでいます。

そのためにリタイア前には配当のない(少ない)投資商品を売却して高配当株に資金を移動する予定です。

性格的に資産(株)を自分の意志で定期的に切り崩しながらの生活は、心理的ハードルが高いですからねw

高配当株という強制換金システムを巨大にすることが、自分がアーリーリタイア前にすべき最重要ミッションです。

つみたてNISAはそのミッションを遂行する一つの手段として利用しているに過ぎません。

ツイッターやってます。





コメントを残す